ここ数年で一気にアニメが実写化されるようになりました。アニメが実写化されて成功したケースもありますが、大半が失敗してしまいます。アニメファンからすればアニメの世界観を崩されたような感じがして実写を毛嫌いしている人も多いはずです。今回はアニメが実写化されてしまう理由を解説していきます。

アニメ実写化される理由

アニメ実写化がされるようになったのは手塚治虫作品がアニメでヒットしてからのようです。鉄腕アトムなどが典型的な例ですね。次にアニメがなぜ実写化されるのかを3つに分けて解説していきます。

アニメ実写化される理由①

アニメ実写化される理由①は意外にも実写化が成功しているからです。映画は10億円以上ヒットすれば成功したと言われるようです。映画公開されてからかなり酷評されていた「進撃の巨人」や「SPACE BATTLESHIP ヤマト」も10億円以上の売上を記録しているので評価は良くありませんが、制作会社側からすればヒットになるようです。

そして、日本の映画は洋画と違って大規模なCGアクションなどを使っていないので製作費も比較的安価なのです。ですから、アニメ実写化をすれば儲かりやすいので次々に実写化が増えている要因となります。

アニメ実写化される理由②

アニメ実写化される理由②は意外に人を集めることができるからです。アニメ実写化をすることによって、アニメファンや自分が好きな俳優が出ていれば確実にどんな映画でも観にいくという人が多いからです。アニメファンの人は実写化を毛嫌いをしていますが、何だかんだいって自分の好きなアニメが映画化するのですから、気になって観に行ってしまいます。

そして、アイドルや売れっ子の若手俳優、ジャニーズをキャストをすれば熱烈なファンはアニメを知らなくても映画館で映画を観に行きます。ですので、観客動員数は自然に上がるのです。

アニメ実写化される理由③

アニメ実写化される理由③はスポンサーから出資を受けやすいからです。映画を制作する時は必ず資金を提供してくれるところを探します。アニメや漫画を元にした物ではなく、全く一から作り上げる作品に企業もなかなかお金を出したがりません。要するにヒットするかもしれないし、こけてしまうかもしれないとギャンブル要素が強いからです。

しかし、映画を作るにあたって元がアニメや漫画ですと、企業側も作品の内容や背景などを把握することができるので、最低限どれくらいの人が映画を観るのかを予想しやすく、興業としても成功しやすいのです。

アニメ実写化が成功した映画

アニメ実写化が成功した映画は有名どころでいうと、「デスノート」、「のだめカンタービレ」、「20世紀少年」などが挙げられます。他にも沢山ありますが、この3つの作品にいくつか共通している部分があります。それは、ドラマや舞台で活躍している演技力のあるトップクラスの役者を起用していることです。

デスノートでは松山ケンイチと藤原竜也、のだめでは玉木宏と上野樹里、20世紀少年では唐沢寿明と豊川悦司などです。どの役者も演技力に長けています。他にも共通しているのが、キャストが原作やアニメのキャラクターの雰囲気にピッタリとあっているところです。デスノートでL役を演じた松山ケンイチはまさに瓜二つです。

確かにその時に勢いのある人材をキャストすれば、テレビでも取り上げられやすく、話題になるのは間違いないのですが、大ヒットをしている作品には実力派のキャストが集まっています。

そして、上記3作品は映画化されてから飛躍的に漫画が売れた作品でもありますね。

2018年もっとも期待できるアニメ実写映画

2018年もっとも期待できるアニメ実写映画は5月25日から公開される「恋は雨上がりのように」です。2018年冬アニメで放映されましたが、メインキャストにかなり期待しています。主人公の橘あきら役には小松菜奈さん、店長役には大泉洋さんです。今回は主人公である小松菜奈さんがキャストされていますが、アニメや漫画での橘あきらはクールで物静かな性格なのですが小松菜奈さんもクールで落ち着いた風格があるので最も適したキャストなのではないでしょうか。

そして、店長は平凡で真面目な性格でどことなく気が弱そうな雰囲気があります。大泉洋さんは演技力も素晴らしく、真面目で平凡な役柄も沢山こなしています。ビジュアル面でも大泉洋さん以外に適した役者はいないのではないでしょうか。

キャストと演技力には問題ないと思うので後はどれだけアニメや漫画をこと細かく忠実に再現できるかどうかが鍵になりそうです。恋は雨上がりのようには2018年もっとも期待しても良いアニメ実写映画なのではないでしょうか。

アニメ実写される理由は儲かるからだった

酷評され、レビューサイトでも低評価が付く実写映画でも成功しやすいことがわかりました。筆者的にはアニメ実写化は推奨派ですが、目先の利益でそのアニメの世界観が崩れてしまうのは嫌ですね。そして、売れっ子の俳優をとにかく使うといったスタンスの映画はあまり期待していません。恋は雨上がりのようにはぜひ、このサイトでもレビューをしていこうかと思います!

以上、Find Anime編集部からのお届けでした。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Find anime編集長オススメ記事はこちら