声優・木村珠莉の年齢は?代表アニメや古川慎との気になる噂を紹介!
出典:Amazon

声優の木村珠莉さんはアニメ『SHIROBAKO』で宮森あおいを演じてから一躍有名になった声優さんです。実は声優として色々と悩んでいた時期もあったという木村珠莉さん。役者としての転機になった作品が『SHIROBAKO』でした。今回はそんな木村珠莉さんの年齢や代表アニメ、かわいい画像を紹介していきます。

声優・木村珠莉の年齢は?簡単なプロフィールを紹介

■基本情報

名前木村珠莉
生年月日6月7日
出身地福岡県
所属事務所東京俳優生活協同組合

木村珠莉さんは福岡県出身の声優さんで、俳協に所属しています。しかし、年齢は公開しておりません。一応、声優養成所に入った時期などから2019年現在はアラサーだと推測できます。

そんな木村珠莉さん、学生の頃は放送部に所属していたようです。また資格として、日本漢字能力検定準2級、実用英語検定準2級、色彩検定3級を持っていて、なかなかの才女のようです。

インタビューで自分はインドア派と言っていた木村珠莉さん。趣味は仏像鑑賞、音楽鑑賞、読書となっています。しかし、仏像鑑賞って…し、渋い!木村珠莉さんは仏像関係の本をたくさん持っているうえに、年に1,2回は京都・奈良に行くほどだとか。

音楽はロックバンド「氣志團」の大ファンで、小中学校の頃からずっと聞いているらしいです。こちらも渋い!性格は感激屋さんでよく泣いてしまうそうで、インタビューの最中でも感極まってしまう様子が記されていました。喜・怒・哀・楽の全部が’’泣く’’という行為に繋がってしまうらしいです。

そして、木村珠莉さんは自他共に認めるほどの豆乳好きです。企画で利き豆乳をやったことがあるらしいですよ。

声優になったきっかけ

木村珠莉さんが声優になったきっかけとはどういったものだったのでしょうか?実は木村珠莉さんは、この業界にナレーター志望で入ってきたんです。学生時代に放送部だったことも関係していると思いますが、元々は声優志望ではなかったんですね。

木村珠莉さんは、2010年に俳協ボイスアクターズスタジオに第38期生として入所します。養成所での練習を通し、演技の楽しさを知り同時に難しさも知った木村珠莉さん。お芝居は自分には恐れ多いと感じ、2011年に事務所所属になった後は企業内向けビデオなどのナレーションの仕事をメインにしていきます。

アニメも好きな木村珠莉さんでしたが、アニメ作品に出演する機会にはなかなか恵まれなかったそうです。自分に芝居は向いていないのかもしれない…そう思うようになり、進退を賭けて臨んだ『SHIROBAKO』のオーディション。そこで見事!主役の宮森あおい役を射止めました。

裏名・裏名義で18禁作品に出演している?

18禁作品などに出演する際に使う「裏名義」木村珠莉さんも使っているか調べてみました。どうやら木村珠莉さんは「松手多代」という裏名義を持っていると噂されていますね。

戯画の『メルキス』で春河陽菜子を、HARUKAZEの『ノラと皇女と野良猫ハート1&2』で田中ちゃんというサブキャラクターを演じています。

スポンサーリンク

木村珠莉の代表アニメ作品を紹介

ここからは木村珠莉さんの代表アニメ作品を紹介していきます。『SHIROBAKO』の宮森あおいで初主演を演じてからは、アニメ作品に多数出演している木村珠莉さん。もう声優に向いていないなんて言わせませんよ~!

木村珠莉の代表アニメ①SHIROBAKO

SHIROBAKOはP.A.WORKS制作、水島努監督という期待せざるを得ない布陣でしたが、その期待を裏切ることなく大人気作品となりました。2018年には劇場版の制作決定が発表されましたね!

題名の『SHIROBAKO』とは映像業界において、作品が完成した際に配布される白い箱に入ったビデオテープのことです。制作進行・アニメーター・声優・3DCGクリエイター・脚本家志望の5人の若い女の子を中心に、アニメーション業界の光と闇を描いた作品です。業界あるあるネタも満載で業界人にもウケがいい模様。

木村珠莉さんはこのアニメで主人公・宮森 あおいを演じました。武蔵野アニメーションに入社した新人で制作進行を担当します。明るい性格でコミュ力が高く行動的。コロコロ表情が変わるのも魅力的です。

高校時代の愛称は「おいちゃん」で、職場では「みゃーもり」と呼ばれています。高校時代に志を共にした仲間達と再びアニメを作り上げることを目標に頑張ります。

[itemlink post_id="3027"]

木村珠莉の代表アニメ②アイドルマスター シンデレラガールズ

A-1 Picturesが制作したアニメで、原作は大人気のソーシャルゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』です。可愛いアイドルたちが沢山登場し、切磋琢磨していくアニメとなっています。

木村珠莉さんが演じるのは、18歳の大学生・相葉夕美。パッション属性なだけあって、明るく朗らかな性格で、花が大好きな女の子です。

アニメの出演はEDに少しだけでしたが、ゲームでは人気があり第4回総選挙では4位に入るなど健闘しています。

[itemlink post_id="3028"]

木村珠莉の代表アニメ③ミカグラ学園組曲

ミカグラ学園組曲は音楽ユニット「Last Note.」の小説をアニメ化した作品。中学三年生の一宮 エルナは高校を選ぶ際、可愛い制服の高校以外眼中になかった。結果として制服が可愛いかったことと、パンフレットのモデルとして写っていた美少女に惹かれて「私立ミカグラ学園」を受験する。

可愛い制服とお淑やかなスクールライフを期待して入学したエルナが目にしたのは、必殺技を駆使して戦う生徒たち。そう、この学園は「部活対抗戦」が重要な役割を占めているのだった。

木村珠莉さんはこのアニメで主人公・一宮 エルナを演じました。ポジティブで元気な女の子ですが、百合です。かわいい女の子が大好きで、よく妄想を膨らませています。変態です。

遅刻や寝坊が当たり前のルーズな所もありますが、身体能力はとても高く、人を惹きつける’’何か’’を持っていると称されるなど、さすがは主人公といった所も見せます。

自然体を感じさせる演技

木村珠莉さんは、演じたキャラの素を表現するのが上手いように思います。よくキャラを自分に落とし込んでいるというか、キャラと演技にズレを感じさせないように演じている印象を持ちました。

多分どんなキャラを演じさせても、そのキャラの素の魅力を引き出せる声優さんだと思います。強烈な個性を感じさせる声優というよりかは、困ったら木村珠莉さんに頼む。みたいな名バイプレイヤーとして活躍していくように思います。

スポンサーリンク

木村珠莉について、気になる噂やエピソードを調査

声優・木村珠莉さんがナレーション畑出身だということは紹介しましたが、ここで実際にナレーションの技術を見てみましょう。これぞまさにプロの技!ここまで違うとは、驚きです。

この技術力を持って、アニメでもナレーター役やアナウンサー役を完璧にこなします。

【木村珠莉】アニメSHIROBAKO(宮森あおい役)でお馴染み【木村珠莉 さん】のルーツ、企業向けナレーション技術の使い分け実演

[itemlink post_id="3029"]

木村珠莉のかわいい画像を大放出

ここからは木村珠莉さんの素顔を覗いてみましょう。明るくて社交的な雰囲気が伝わってくると思います。

「THE [email protected] CINDERELLA GIRLS 6thLIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!!」で相葉夕美役で出演した際の画像です。向かって左側の、花の髪飾りを付けている方が木村珠莉さん。

髪の色もお揃いで、相葉ちゃんのイメージにピッタリですね。

珍しい木村珠莉さんのメガネ姿です。よくお似合いです。

金朋さんとお揃いのポーズ!ボルドーの色は木村珠莉さんによく似合っている気がします。

真ん中が木村珠莉さんですね。『SHIROBAKO』のキャスト陣はみんな仲が良かったみたいです。作品にもそれが良い影響を与えていたように思えます。

木村珠莉は声もかわいい!歌が上手いかを検証

木村珠莉さんは聞き取りやすくて可愛い声だとよく言われていますが、では歌声はどうなんでしょうか?実際に聞いてみましょう。今回紹介する曲は『アイドルマスター シンデレラガールズ』の相葉夕美で「lilac time」です。

木村珠莉さんの透き通ったキレイな声がとても心地いい曲になっています。相葉ちゃんらしさ満載のこの曲は、木村珠莉さんのキレイなファルセットも聴くことができますので、ぜひフル版を聴いてみてください。

ご自身で「歌は下手なんです」とおっしゃっていましたが、普通に上手いですよね?

木村珠莉の通っていた高校や大学はどこ?

木村珠莉さんの卒業した学校はどこなのかを調べてみましたが、この情報はまだ出ていないようです。ただ、噂では大学は卒業しているらしいです。情報が出次第、更新してきます。

木村珠莉の彼氏は古川慎?

木村珠莉で検索すると、サジェストに「古川慎」「結婚」などと出てきます。え!?お二人って結婚しているの?と誤解しちゃいそうですが、あくまで噂です。これについてはネット上で色々言われていますが、どれも確信を得ません。

古川慎さんと共演した際、すごく仲が良かっただとか、飲み会で隣の席になってるだとかで熱愛の噂が出たようですね。でもそのくらい普通なのでは…?どんな結果になろうともファンならば祝福してあげましょう!

木村珠莉のSNSを徹底調査!Twitterやインスタグラムはやってる?

木村珠莉さんは何かSNSをやっているのでしょうか?答えはYES。木村珠莉さんはtwitterをやっています。フォロワー数は約62,000人です。お仕事情報の他、自身がやってるゲームのスクショをアップしたりしています。ソシャゲ好きなようですね、課金も結構していらっしゃる様子。

そして、お酒を飲んだというツイートが多いです(笑)。ちなみに木村珠莉さんは飲みニケーション推奨派だったりします。

リンクはこちら⇒木村珠莉Twitter

声優・木村珠莉はナレーション畑出身の貴重な声優だった

声優・木村珠莉の魅力は伝わりましたでしょうか?演技もナレーションも、ここまでこなせる声優さんは若手ではなかなかいません。そして、ハマり役の宮森あおいを演じてからは、アニメ作品にもどんどん出演されている木村珠莉さん。『SHIROBAKO』劇場版も今後に控えていますので、ますます活躍が期待できそうです!

以上、Find Anime編集部からのお届けでした。

◯関連記事

声優・原田彩楓の代表キャラや大学・Twitterを紹介!

声優・七瀬彩夏は伊藤かな恵と声が似ている!代表キャラや彼氏は?

声優になりたいけど、両親に反対されて悩んでいる人へ

声優になりたいけど、両親に反対されて悩んでいる学生さんいませんか

そろそろ進路のことを考えなきゃいけない時期で、両親からも「あんたどうするの?」とプレッシャーをかけられて焦っている人、声優になりたいと相談したら、「反対されるから言えない...」など様々な悩みがあると思います。

私も高2の時、声優になりたいと思ってましたが、周りには恥ずかしくて言えなかったです。両親にも反対されるのが分かっていたので、何も行動することが出来ませんでした。

結局夢を諦めて、今はドラックストアーで販売の仕事をしています。社会に出た今でも声優の道に進めば良かったと後悔しています。

確実に声優になる方法とは

自分の声優の夢を捨てたところで、必ず後悔します。それならとことん自分の夢に向き合って、一生懸命頑張った方が絶対良いです!やる気と努力さえすれば、絶対声優になれます!

そのために大事なことは、声優学校に通うことです。私も独学で声優に必要な知識やスキルを勉強してきましたが、それはまったく意味がありませんでした。やはり声優学校に通って、プロから発声から表現方法を学んでいる人とは圧倒的なレベルの差がありました。

また独学だとオーディションを受けられるチャンスはほとんどなくて、声優学校や養成所に通っている人の方が、たくさんオーディションを受けていました。プロの声優になるなら、独学は絶対無理です。

わかりやすく教えてくれる声優学校「アミューズメントメディア総合学院」

独学で声優になるのは無理だと分かったけど、自分は特別な声じゃないから、学校に行けたとしてもやっていけるか不安。そんな人にオススメなのが、アミューズメントメディア総合学院(AMG)です。

この学校は声優や漫画家、アニメーターなどを育成する2年制の専門学校です。アミューズメントメディア総合学院を卒業した有名な声優には「柿原徹也」さん「伊藤かな恵」さんなど、しっかりプロを出しています。

この学校の良いところは以下3つ。

・プロの声優が未経験初心者に基礎の基礎から教えてくれる
・有名プロダクションに所属できるオーディションが頻繫にある
・声優プロダクション直接所属 67.7%!

AMGにはどんな初心者であっても、ゼロから教えてくれる基礎コースがあります。それもプロの声優さんから教えてもらえるので、独学とは比べものにならないほどに成長が早いです。

AMGではなくて養成所に通う道もありますが、レッスンが週に1回から3回しかないので、ゼロから声優を目指す初心者にはかなりハードルが高いです。

そしてAMGは声優事務所と太いパイプがあるので、オーディションのチャンスも多くあります。さらにこの学校の生徒が声優プロダクションに直接所属したのは、なんと全体の67%です。10人中6,7人はプロの声優になったということです。これほど実績のある声優専門学校は他にないと思います。

‘’本気で声優を目指す’’皆さんならこの学校できっと夢を叶えられるはずです。

いつか声優になりたい人へ

声優になるための学校は分かったけど、問題は両親にどう相談するかだと思います。

まず1番にやらなきゃいけないのが、アミューズメントメディア総合学院の無料資料を取り寄せることです。どんな学校なのか詳しく情報を集めないと、両親を説得するのは難しいと思いますし、これは声優になる第一歩でもあります。

また相談する時に資料があれば、その熱意と覚悟が伝わり、両親も応援してくれると思います。立ち止まって悩んでいても現状は変わりません。

声優の道を諦めたくないなら、ここで行動して変わりましょう!

Find anime編集長オススメ記事はこちら