アミューズメントメディア総合学院(AMG)のマンガ学科ってぶっちゃけどうなの?

ゲームやアニメのクリエイター、マンガや小説に声優などの育成をしているアミューズメントメディア総合学院。多分野でプロを目指す多くの人が通っている学校です。この記事ではマンガイラスト学科に絞って、学費やメリットとデメリット、評判や口コミなどをご紹介します。これから入学しようと考えている人必見です。

アミューズメントメディア総合学院とは

アミューズメントメディア総合学院(AMG)は、ゲームやアニメの制作、小説や漫画などクリエイターの育成を目的とする専門の学校です。1993年に設立し、東京都の恵比寿と、大阪府の西中島にあります。2年制の本科と、半年制の専科の2つのコースがあります。この記事では本科のマンガイラスト学科について記載します。

マンガイラスト学科の学費はバイトで週60回分で稼げる

マンガイラスト学科(初年度)

入学金

¥100,000

授業費

¥850,000

施設設備費

¥200,000

演習実習費

¥100,000

初年度合計

¥1,250,000

マンガイラスト学科(2年次)

授業料

¥850,000

施設設備費

¥200,000

演習実習費

¥100,000

2年次合計

¥1,150,000

アミューズメントメディア総合学院のマンガイラスト学科は、初年度に125万円、2年次に115万円の合計240万円が必要です。時給1,000円のアルバイトを1日8時間、週に5日で計算すると60週間、月数にすると15ヶ月で稼ぐことができます。初年度分だけですと31週間強、月数にすると約8ヶ月で稼げます。

こうして書くと学費を用意するだけでも、かなり大変というのがわかります。これを読んでる方の中には、お金はないけど早く通いたいという方もいると思います。そんな方のために、学費をお得にする方法をご紹介します。

学費をお得にする方法①早期出願制・AO入学制度

学費をお得にする方法のひとつ目は早期出願制・AO入学制度です。これは通常の出願よりも早く出願することで、その時期によって入学金の10万円が、半額から全額免除となるものです。進学の希望が明確であれば、早期出願をしない手はないです。また、早期出願することで、定員になって学籍がなくなるという心配もありません。

他にも入学してから学ぶ授業を一足先に受講するプレ講義への参加ができたり、このあと記載する特待生への応募資格を得ることができたりします。

学費をお得にする方法②AMG特待生制度

学費をお得にする方法のふたつ目はAMG特待生制度です。AMG特待生制度は、優秀で意欲ある学生を支援する制度で、1年次の授業料が最大で全額免除となります。試験内容については、体験説明会や学校見学・個別相談会参加時に配布される特待生規定に記載されています。

AMG特待生制度は最大85万円が免除となるだけあって、対象となるのは相当な努力が必要になります。

学費をお得にする方法③新聞奨学生制度

学費をお得にする方法の3つ目は新聞奨学生制度です。新聞奨学生制度は朝夕の新聞配達に従事することで、返済不要の奨学金を受けることができます。返済不要の条件は卒業まで、新聞配達に従事することとなっています。また、寮に入ることもでき、住宅や食事のさサポートを受けることもできます。

先に挙げた2つの制度のように免除ではないので、働く必要がありますが、60週間アルバイトして資金を貯めるよりも早く入学することができ、労働時間も短いので、時間を有効に活用できると思います。

漫画を描くのが初めてでもプロになれる

漫画を描いたことがない初心者でも、入学してよいのか心配になる方もいると思います。アミューズメントメディア総合学院のマンガイラスト学科は、カリキュラムを基礎から組んでいるため、マンガを描いたことがなくても2年間でプロを目指せるようになっているので、ご安心ください。

また、社会人になってから、漫画家になりたいと思っている方もいると思います。アミューズメントメディア総合学院の生徒の半数以上は、大学生や社会人を経験してから入学しています。ですので、社会人になってから入学するのは特別なことではありません。

未経験でもプロになれる理由①専任のスタッフが徹底指導

アミューズメントメディア総合学院は業界との密接なネットワークを持ち、常に最新の就職、デビュー情報が集まるようになっています。それらの知識を持った専任のスタッフが個別に面談し、本人の希望で適正にあった目標設定をする上、就職やデビューをサポートしてくれます。

作品の制作に関しても個別作品指導があり、一人ひとりにあった制作指導とスケジュール管理をしてくれるため、未経験でも安心して漫画を完成させることができます。

未経験でもプロになれる理由②講師はすべて現役のトップクリエイター

アミューズメントメディア総合学院マンガイラスト学科の担任は、漫画専門店の店長や編集長など現場のプロです。そして講師はマンガ家やイラストレーターの現役トップクリエイターが担当しています。久世みずき先生や柳葉あきら先生などが講師をしています。また、編集部批評会を開催しており、学内にマンガ雑誌の編集部の方を招いて特別講義と作品の個別指導を行っています。

1回の開催につき1社のみを招くため、時間をかけて濃い内容を話を聞くことができます。このように現役のプロと触れる機会が多くあることで、より現場に近い経験を積むことができます。

未経験でもプロになれる理由③産学共同・現場実践教育

アミューズメントメディア総合学院は産学共同、現場実践教育を強みのひとつとしています。産学共同とは、学生と学院が共同でマンガやイラストの仕事に取り組み、デビューする仕組みのことです。アミューズメントメディア総合学院には、AMGグループという様々な分野の事業部を持っています。

マンガイラスト学科に関するものでは、AMG出版という独自の出版社があります。この学院内に出版社があることで、在学生のうちから仕事に触れることができ、良い作品を制作したらデビューできる可能性もあります。

マンガ学科のわかりやすい資料請求はこちら

もちろんマンガイラスト学科にはデメリットもある

ここまでアミューズメントメディア総合学院マンガイラスト学科が、未経験でもプロになれる点や強みについてお伝えしてきました。とはいえ、いいことばかりではなく、微妙な点も残念ながらあります。ここからは微妙なポイントについてお伝えします。

マンガイラスト学科のここが微妙①無認可校である

アミューズメントメディア総合学院は学院と付いてますが、法令に基づかない教育施設、いわゆる無認可校に当たります。そのため、2年間のカリキュラムを終えて卒業しても、正確には学歴とはなりません。とはいえ、アミューズメントメディア総合学院自体の知名度が高いので、無認可校であっても卒業したという事実は大きな実績となりますので、気にするほどのデメリットではありません。

マンガイラスト学科のここが微妙②在学生の意気込みに差がある

アミューズメントメディア総合学院は願書を提出し、書類選考で合否が決まります。入学試験があるわけではないので、入学のハードルが低いです。そのため、在学生の授業に臨むモチベーションにバラつきがあります。低いモチベーションの在学生に引っ張られてしまうと、自身もやる気が減衰し、学院を最大限に活用できない可能性があります。

もちろん、高い志しを持っている学生のほうが多いので、そういった学友と付き合っていけば、逆に自身への刺激になり高いモチベーションを保てると思います。

マンガイラスト学科のここが微妙③学費が高い

アミューズメントメディア総合学院は、入学から卒業まで合計240万円の学費が必要になります。これは決して安い金額ではありません。ですが、先ほど挙げた専任のスタッフの面談、現役プロの講師や編集部批評会に産学共同など、個人で実現するのは難しいことが、学院に入ることで提供されます。

AMG出版があることで、デビューに繋がりやすい環境もあります。これだけでも、十分学費を支払う価値があるといえるでしょう。また、マンガイラスト学科は最新のデジタル環境を完備しています。

学生人数分の最新の液晶タブレットがあり、作画ソフトなども揃っています。これらを考えると、学費は決して高くないと思います。

アミューズメントメディア総合学院マンガイラスト学科の評判や口コミレビューは?

アミューズメントメディア総合学院マンガイラスト学科のメリットデメリットを見てきました。ここからは気になる評判や口コミをご紹介します。

なんとかデビューを果たしました!自分の努力が目に見える形で紙面にのるのは感慨深いものがあります。これも入学を経て良き師、良き友人を得たのも大きいと思います。

引用:漫画(マンガ)専門の学校 | アミューズメントメディア総合学院

2011年にマンガイラスト学科を卒業し、デビューした出端裕大さんのコメントです。学院の現役プロ講師や学友との出会いが大きかったようですね。先ほどの微妙なポイントで、在学生の意気込みの差を挙げましたが、やはり高い志を持った仲間が多く、良い刺激になる環境のようです。

入学してみて強く実感した事は、「編集部批評会」はすごいチャンスだということです。私の場合は、猫を描いた作品を猫好きの編集者さんが見て担当になってもらえたので、本当にそう思います。

引用:漫画(マンガ)専門の学校 | アミューズメントメディア総合学院

マンガイラスト学科2年、在学生のコメントです。マンガ雑誌の編集部の方を招いて行われる編集部批評会で、担当になってもらえたとのこと。多くの出版社の方と知り合うチャンスをモノにできたのですね。在学中に担当が付くというのは、デビューにかなり近づけるのではないでしょうか。

何度も途中挫けそうになりましたが、諦めなければ案外何ごともなんとかなるものかも知れません。でも、まずは第一歩を踏み出す事が大事なのだと思います。自分には何もできないと思う時期が僕にもありました。一歩を踏み出す勇気がどうしてもでなかったのです。その勇気をくれたのが学校だと思っています。

引用:漫画(マンガ)専門の学校 | アミューズメントメディア総合学院

2005年にマンガイラスト学科を卒業し、「月刊コロコロイチバン!」で作品を連載中のおおわき正義さんのコメントです。漫画家になる一歩を踏み出すきっかけとなったのが、アミューズメントメディア総合学院マンガイラスト学科と語っています。一人ではなく、講師や学友がいるからこそ挫けずに、がんばることができることもあるのだと思います。

学院では、自分の作品を講師の方に納得いくまで個別で指導してもらえます。また身近に同じ夢を目指す仲間がいる事で、すごく良い刺激をもらっています。

引用:漫画(マンガ)専門の学校 | アミューズメントメディア総合学院

マンガイラスト学科卒業生のコメントです。納得いくまで個別指導をしてもらえるのは、すごく成長できるポイントですね。今まで紹介したコメントでも多くありますが、同じ目標を持っている仲間がいるというのは、切磋琢磨し、高めあえる貴重な環境なのだと思います。

マンガイラスト学科は卒業後のフォローも手厚い!

アミューズメントメディア総合学院マンガイラスト学科は、卒業後もデビューのサポートをしてくれます。作品の添削や技術指導はもちろん、編集部批評会への参加やAMG出版の仕事依頼の紹介など、在学中と同様のサポートを受けることができます。

また、OB・OG限定の勉強会やOB・OGネットワーク懇親会に参加することができます。

アミューズメントメディア総合学院のマンガイラスト学科はプロを目指す最適解のひとつ

ここまでアミューズメントメディア総合学院のマンガイラスト学科について、お伝えしてきました。講師や環境、産学共同に編集部批評会など、プロを目指すのに必要なことが、詰まっている学校です。基本から教えてくれるので、未経験でも問題ありません。

気になった方は資料請求をしてみたり、体験説明会に参加してみるのも良いと思います。どちらも無料なので、まずは一歩踏み出してみてはどうでしょうか。

無料の資料請求はこちらから→アミューズメントメディア総合学院マンガ学科

以上、Find Anime編集部からのお届けでした。

◯関連記事
【声優になりたい人向け!】アミューズメントメディア総合学院(AMG)の学費や評判は?
声優になりたい!今から独学で出来ることは?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Find anime編集長オススメ記事はこちら