声優・折笠富美子の全て(代表アニメ・歌の実力・プライベート)
出典:Amazon

かわいい役からクールな役まで、いろいろな役を演じる折笠富美子さん。元劇団員だったこともあり、演技力はとても高いです。この記事では、折笠富美子さんの代表アニメ、エピソードや歌の実力についてなどをご紹介します。

声優・折笠富美子のプロフィールを紹介

■基本情報

名前折笠富美子(おりかさ ふみこ)
生年月日1974年12月27日
出身地東京都江戸川区
所属事務所アトミックモンキー

声優、折笠富美子さんは2人姉妹の次女として生まれ、母子家庭で育ちました。年齢は44歳。劇団出身の実力派で様々な役をこなします。

趣味、特技は手話で、NPO手話技能検定2級、全国手話検定3級を取得しています。ファンからは「おりちゃん」の愛称で呼ばれています。

声優になったきっかけ

折笠富美子さんは高校3年生のときに、三宅裕司さん主催のスーパーエクセントリックシアターの第3期研究生として、養成所に通っていました。高校を卒業と同時に養成所の卒業公演の査定に合格し、劇団員となりました。

劇団員、女優として活動していく中で、声優に興味を持つようになり、転職。『GTO』のヒロイン冬月あずさ役で声優デビューをしました。

スポンサーリンク

折笠富美子の代表アニメ作品を紹介

ここでは折笠富美子さんの代表アニメを3つご紹介します。多彩な声色で様々な役を担当してきた折笠富美子さん。ご紹介したキャラクター以外にも、『最終兵器彼女』の「ちせ」や『苺ましまろ』の「松岡美羽」などメイン級だけでも、挙げきれないほどのキャラクターを演じています。

折笠富美子の代表アニメ①銀魂

『銀魂』は空知英秋さんの漫画を原作にしたアニメ。2011年から2018年にかけて4期制作されています。宇宙の知的生物である天人諸族によって開国を強要され、銀河文明が導入された江戸のかぶき町が舞台。「坂田銀時」は集まった仲間たちと、万事屋として江戸のあらゆる依頼事をこなしていきます。基本的には銀時達と周囲の面々が繰り広げる1~3話程度で完結するドタバタギャグコメディ。

折笠富美子さんが演じるのは「柳生九兵衛」。先祖代々将軍家に仕えてきた名家である柳生家の次期当主です。髪型はポニーテールで、左目にかかる前髪をかき上げていて、逆に右目の方には前髪がかかっています。左目に眼帯をしています。

一人称は「僕」で男性的な言動、格好をしていますが、性別は女性。剣術一筋で生きてきたため世間知らずのちょっとズレた感性を持っています。

折笠富美子の代表アニメ②BLEACH

『BLEACH』は久保帯人さんの漫画が原作のアニメ。2004年10月から2012年3月まで、全366話が放送されました。東京にある架空の町、空座町が舞台。家族を守るために悪霊「虚」を退治する死神になってしまった高校生「黒崎一護」とその仲間達の活躍を描きます。

折笠富美子さんが演じるのは「朽木ルキア」。一護に死神の力を与えた死神の少女。黒髪のセミロングの髪型をしています。小学5年生だった遊子のパジャマがちょうど合うほど、小柄な体格をしています。見た目は少女ですが、年齢は約150歳前後。

一人称は「私」で、口癖は「馬鹿者」「たわけ」。基本的に古風な言葉遣いをし、男勝りで気が強いですが、相手を気遣うこともできる優しい性格をしています。

折笠富美子の代表アニメ③あたしンち

『あたしンち』はけらえいこさんの漫画が原作のアニメ。2002年4月に第1期、2015年10月に第2期が放送されました。西東京市田無を舞台に、無口でマイペースな父、大雑把で節約志向の母、地味でオクテであり少しドジな高校生のみかん、ナイーブで理論派、堅実な性格の中学生の弟ユズヒコの「タチバナ家」を中心に物語が展開されます。

折笠富美子さんが演じるのは「立花みかん」。立花家の長女で『あたしンち』の主人公です。高校2年生で身長は155cm、髪型はお団子ヘア。母親ゆずりの大雑把な性格をしていて、夢みがちでよその家庭によく憧れます。人付き合いは不器用なほうで、周囲が笑っていてもみかんは笑わないなど孤立することが、しばしばあります。

演技力はいろんな役を演じる実力派

折笠富美子さんは少女から女性、150歳の死神と幅広い年齢の女性を演じています。また、かわいらしい役にクールな役と様々な性格をいくつもの声色を使い分けてこなす姿は、まさに実力派のベテランといえるでしょう。舞台出身ということもあり、演技力はかなり高いです。

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(まずは無料でお試し)】

スポンサーリンク

折笠富美子について、気になる噂やエピソードを調査

折笠富美子さんは声優になる前の劇団員時代は貧乏生活をしていたそうです。アルバイトをしながら、風呂無し、共同トイレのアパートに住み、ほとんどジャージで生活をしていたとのこと。

そうまでして、劇団員でいたのは演技への強い情熱があったからなのでしょうね。他にも交友関係や小さいころのエピソードがあるのでご紹介します。

交友関係は広い

川澄綾子さんや千葉紗子さん、能登麻美子さんに森田成一さんなど非常に交友関係が広い折笠富美子さん。川澄綾子さんからは「おりりん」、かかずゆみさんからは「おりちゃん」、鈴村健一さんからは「ふーみん」など、様々な愛称で呼ばれています。また、かかずゆみさんを部長とする「着物部」に所属していたり、『苺ましまろ』のメインキャラクターを演じた5人とで「ましまろ会」という親睦会をしていたりと、積極的に交流をしているようです。

小さいころは野生児

折笠富美子さんは子どものころのことを以下のように話しています。

実は、子供のころは野生児でした(笑)。公園で遊ぶのがすごく好きだったし、もしかしたら、心のどこかには美羽ちゃんがいるのかも……もちろん、いまは大人になりましたけどね(笑)。

引用:折笠富美子の4th ALBUM『Serendipity』よりオフィシャルインタビュー“前編”が到着! | OKMusic

「美羽ちゃん」というのは、折笠富美子さんが『苺ましまろ』で演じたキャラクター。12歳の小学6年生の女の子です。小さいころは外で遊ぶ活発な子だったようですね。

折笠富美子のかわいい画像を大放出

ここまでは、折笠富美子さんの代表アニメやエピソードについてご紹介してきました。かわいい役からクールな役まで、いろんな属性の役をこなす折笠富美子さんは、見た目もかわいいです。そんな折笠富美子さんの画像を集めてみました。

『コードギアス 復活のルルーシュ』の公開にあたり、ヒロイン声優4名を招いた座談会を開催したときの写真。折笠富美子さんは『コードギアス』ではシャーリーの声を担当していました。一緒に写っているのはゆかなさん、名塚佳織さん、小清水亜美さん。

NETFLIXにて配信されるアニメタイトルを集めたイベント「NETFLIXアニメフェス スペシャルステージ ~ハシャげ、世界!~」での一枚。折笠富美子さんは『聖闘士星矢: Knights of the Zodiac』で城戸沙織役を演じています。一緒に写っているのは、木村良平さん、東山奈央さん、福山潤さん、森田成一さん。

「読み聞かせ×ゴスペル クリスマスソングの会」でのお写真。折笠富美子さんは読み聞かせなどのイベントにも積極的に参加しています。

「浅田飴 こども読み聞かせ会」のお写真。折笠富美子さんの読み聞かせ、感動すること間違いなしでしょうね。聞いてみたいものです。

折笠富美子の歌が上手いかを検証

折笠富美子さんは自身の名義や『苺ましまろ』や『BLEACH』など多くのキャラクターソングで、歌声を披露しています。ここでは実際の動画をご紹介しつつ、歌の実力を検証していきます。

『BLEACH』の朽木ルキアで「chAngE」。朽木ルキアの雰囲気を残したまま歌い上げているのは見事です。低めに抑えた声でカッコイイ曲に仕上がっています。高い声も出せる折笠富美子さんらしく、高音部分もとても綺麗です。

折笠富美子の通っていた高校や大学はどこ?

折笠富美子さんの通っていた高校名まではわかりませんが、女子高に通っていたようです。軽音楽部でキーボードを担当し、生徒会副会長を務めていたそうです。母子家庭で育ち、女手ひとつで姉妹を育てたお母さんを見ていたため、大学への進学は考えていなかったとのこと。

声優になったきっかけの項でもご紹介しました通り、高校3年生のときにスーパーエクセントリックシアターの第3期研究生として養成所に通い、そのまま劇団員へとなっています。余談ですが、通っていた小学校は廃校になってしまったそうです。

折笠富美子は結婚しているか

この投稿をInstagramで見る

 

坂上領さん(@gamirs_flute)がシェアした投稿 -

折笠富美子さんの結婚や恋人に関する情報は見つかりませんでした。ブログなどの情報発信手段を持っていて、特に結婚の発表などもしていないことを考えると未婚ではないかと思います。どんな男性がタイプなのかもわからず、気になるところです。

交友関係がとても広い折笠富美子さんですから、声優さんやその周辺の方と結婚するなんて発表がいつかあるかもしれませんね。

折笠富美子のSNSを徹底調査!Twitterやインスタグラムはやってる?

折笠富美子さんはTwitterもインスタグラムもやっていません。ですが、ブログをやっていて積極的に情報発信をしています。ブログ記事内容は、声優のお仕事関連がほとんど。一番最初の記事が2003年11月10日なので、15年強と非常に長く続いているようです。

ブログはこちら⇒折笠富美子 オフィシャルウェブサイト

声優・折笠富美子は実力派のベテラン声優だった

ここまで折笠富美子さんについてご紹介してきました。少女から女性、老婆など幅広い年齢に、かわいい役からクールな役まで、様々な性格の役をこなす折笠富美子さんは、確かな実力のあるベテラン声優さんでした。これからも、ますます活躍し、その声を耳にする機会が増えることは間違いないでしょう。

以上、Find Anime編集部からのお届けでした。

◯関連記事
声優・玄田哲章の全て(代表アニメ・歌の実力・プライベート)を紹介
声優・渡辺拓海の全て(代表アニメ・歌の実力・プライベート)を紹介

声優になりたいけど、両親に反対されて悩んでいる人へ

声優になりたいけど、両親に反対されて悩んでいる学生さんいませんか

そろそろ進路のことを考えなきゃいけない時期で、両親からも「あんたどうするの?」とプレッシャーをかけられて焦っている人、声優になりたいと相談したら、「反対されるから言えない...」など様々な悩みがあると思います。

私も高2の時、声優になりたいと思ってましたが、周りには恥ずかしくて言えなかったです。両親にも反対されるのが分かっていたので、何も行動することが出来ませんでした。

結局夢を諦めて、今はドラックストアーで販売の仕事をしています。社会に出た今でも声優の道に進めば良かったと後悔しています。

確実に声優になる方法とは

自分の声優の夢を捨てたところで、必ず後悔します。それならとことん自分の夢に向き合って、一生懸命頑張った方が絶対良いです!やる気と努力さえすれば、絶対声優になれます!

そのために大事なことは、声優学校に通うことです。私も独学で声優に必要な知識やスキルを勉強してきましたが、それはまったく意味がありませんでした。やはり声優学校に通って、プロから発声から表現方法を学んでいる人とは圧倒的なレベルの差がありました。

また独学だとオーディションを受けられるチャンスはほとんどなくて、声優学校や養成所に通っている人の方が、たくさんオーディションを受けていました。プロの声優になるなら、独学は絶対無理です。

わかりやすく教えてくれる声優学校「アミューズメントメディア総合学院」

独学で声優になるのは無理だと分かったけど、自分は特別な声じゃないから、学校に行けたとしてもやっていけるか不安。そんな人にオススメなのが、アミューズメントメディア総合学院(AMG)です。

この学校は声優や漫画家、アニメーターなどを育成する2年制の専門学校です。アミューズメントメディア総合学院を卒業した有名な声優には「柿原徹也」さん「伊藤かな恵」さんなど、しっかりプロを出しています。

この学校の良いところは以下3つ。

・プロの声優が未経験初心者に基礎の基礎から教えてくれる
・有名プロダクションに所属できるオーディションが頻繫にある
・声優プロダクション直接所属 67.7%!

AMGにはどんな初心者であっても、ゼロから教えてくれる基礎コースがあります。それもプロの声優さんから教えてもらえるので、独学とは比べものにならないほどに成長が早いです。

AMGではなくて養成所に通う道もありますが、レッスンが週に1回から3回しかないので、ゼロから声優を目指す初心者にはかなりハードルが高いです。

そしてAMGは声優事務所と太いパイプがあるので、オーディションのチャンスも多くあります。さらにこの学校の生徒が声優プロダクションに直接所属したのは、なんと全体の67%です。10人中6,7人はプロの声優になったということです。これほど実績のある声優専門学校は他にないと思います。

‘’本気で声優を目指す’’皆さんならこの学校できっと夢を叶えられるはずです。

いつか声優になりたい人へ

声優になるための学校は分かったけど、問題は両親にどう相談するかだと思います。

まず1番にやらなきゃいけないのが、アミューズメントメディア総合学院の無料資料を取り寄せることです。どんな学校なのか詳しく情報を集めないと、両親を説得するのは難しいと思いますし、これは声優になる第一歩でもあります。

また相談する時に資料があれば、その熱意と覚悟が伝わり、両親も応援してくれると思います。立ち止まって悩んでいても現状は変わりません。

声優の道を諦めたくないなら、ここで行動して変わりましょう!

Find anime編集長オススメ記事はこちら