【声優になりたい人向け!】アミューズメントメディア総合学院(AMG)の学費や評判は?

今回は、声優を目指すならオススメの学校・AMG(アミューズメントメディア総合学院)について紹介していきます!校舎や評判・学費はいくら必要なのかといった、気になるポイントを徹底的に調査!AMGの魅力を語り尽くします!

AMG(アミューズメントメディア総合学院)とは

AMG【アミューズメントメディア総合学院】は、クリエイター教育を目的とした学校です!東京の恵比寿と大阪の西中島に校舎を構えていて、どちらもとても便利な立地ですね。声優はもちろん、ゲームやイラストなど、クリエイティブな職業に就くための専門的な教育を幅広く行なっているのが特徴でしょうか。

1993年に東京校が、1996年に大阪校が開校されました。最初は学校法人ではない営利企業による運営で、いわゆる「専門学校」ではなかったのですが、2016年には大阪府による認可を受け、大阪校は「大阪アミューズメントメディア専門学校」に名前を改めました!

きちんと学校法人として認められた専門学校となると、一気に信頼度は高まりますね!また全日制の声優学科とは別に、夜間や日曜日など週一回からレッスンを受けられる声優専科も設置されています。

学校や仕事と両立しながら、無理なく声優を目指せるのがポイントですね!卒業生には加藤英美里さんや門脇舞以さんなど、名だたる声優さんがおられる、かなり実績のある学校です!

声優を目指すなら養成所か専門学校が一番

もし皆さんがこれから声優を目指すならやはり、養成所や専門学校に行くのが一番だと思います。なぜかというと、現在プロとして活躍されている声優さんは、ほとんどの方が養成所や専門学校で学んでいるからです。プロの声優になるためには、演技だけでなく、発声や身体の使い方などを体系的に学ぶことが大切です。

また仲間たちと切磋琢磨できたり、他の人の演技を見てヒントを得たりできる点でも、養成所や専門学校はメリットがあります。声優の業界では人脈がとても大切ですが、これも養成所や専門学校に通うことで作ることができます。

実際にアフレコで使用する機材に触れられるのも大きなポイントだと思います。プロのレコーディング現場で使用されている録音機材は、何十万もする高額なものが多く、個人で買い揃えるのはとても大変です。そうした機材を使用しながら学べるのは、養成所や専門学校に通う大きなメリットでしょう。

また、養成所に行かなくても声優にはなれるんじゃないの?と思う方もおられるかも知れません。もちろんプロで活躍されている人の中には、宮野真守さんや日高のり子さんなど、養成所に通った経験のない声優さんもおられます。

しかしそういう人たちも、それまでに劇団員や俳優/女優として活動しているなど、別のところでしっかりと勉強された後に声優になられた場合がほとんどです。

やはり声優を目指すのであれば、養成所や専門学校で基礎からしっかりと学ぶのが、最短ルートなのは間違いありません!


もちろん通うのにデメリットもある


声優の養成所や専門学校には、もちろんデメリットもあります。まず中学生や高校生のときから養成所に通っていると、友人たちと遊ぶ時間や部活動に打ち込む時間が少なくなってしまいますよね。

また声優以外の勉強がおそろかになってしまう恐れもあります。今の声優さんはアニメの演技だけでなく、多くの人がラジオパーソナリティなど幅広い分野で活躍しているので、様々な経験や教養がある程度必要とされているのも事実です。

例えば大ブレイク中の上坂すみれさんは、ロシア文化に詳しく、ロシア文学の権威である亀山郁夫さんとの対談を行ったりしています。しかし今回紹介するAMGなどであれば、週1回から通えるので、無理なく学業と両立することも可能です!

また早見沙織さんは、中学時代から養成所に通い、当時からプロとして活躍されていましたが、学業にも精を出して早稲田大学に一般入試で合格されていますね。また学業だけでなく、大人になってから声優を目指した人には、お仕事を続けながら養成所に通った方もおられます。

他の人よりも忙しくなることは間違いありませんが、今一線で活躍されている声優さんたちはそれを乗り越えた、たくましい方々だということです!

AMGのここが微妙①学生数が多い

AMGには、2013年時点で東京と大阪あわせて1,700人の本科生が在籍しています!専科生なども含めると、3,250人の生徒が在籍しており、とても多いですね。

その後大阪校が専門学校として認可され、現在ではさらにたくさんの生徒が在籍していることと思われます。

この数字はゲームやイラストなどの学科を含めたものですが、AMGのほぼ半数が声優学科に所属しているので、やはり多いことには変わりありません。

生徒数が多いと、講師の目が行き届かないところがあったり、質問したいことがあってもなかなか先生を捕まえられなかったり、学生としてはデメリットに感じる部分があります。ただ生徒数の増加に合わせて、学校側も校舎を増設するなどしっかり対策をしているので、あまり心配しなくても大丈夫でしょう!

またたくさんの生徒の中で認められるように、しっかり自分を磨いてアピールすることが求められるので、結果としてAMGから優秀な声優さんが輩出されているとも考えられます。

AMGのここが微妙②入学時からランク分けされている

声優専科(夜間・日曜コース)では、生徒の適性に応じて入学時点からランク分けが行われているようです。ランクごとにレベルに応じたレッスンが行われるので、下のランクに属してしまうと、せっかくAMGに入学したのにレベルの低いレッスンしか受けることができない!なんてこともありえます。

ただ半年ごとにランクの見直しを行う審査があるので、実力をつければ上のランクに昇級することも可能です!また自分のレベルに合わないレッスンを受けても、ちゃんと吸収できず無駄になってしまう恐れもあるので、そういう意味では親切な制度だと考えることもできます。

仕事のオーディションだけでなく、学校の中でも日頃から努力する目標があると、ダレてしまうことなく頑張れますよね。

少し厳しいところかもしれませんが、こういった制度もAMGが優秀な声優さんを輩出できる理由なのかな、と思いました!

AMGのここが微妙③東京校は無認可の学校

冒頭に説明した通り、大阪校は2016年に専門学校として認められましたが、東京校は今も無認可の学校のままです。無認可の学校の場合、定期券や映画のチケットを購入するときに、学割が受けられないなどのデメリットがあります。

また一般的な「専門学校」と異なり、卒業しても世間的に学歴だとは認められません。ただそもそも声優になるための専門教育をする学校は他にも無認可のところが多く、他と比較する際にそこまで大きなデメリットにはならないと思います。

むしろ、専門学校だと認められている大阪校が凄い!という感じでしょう。

AMGの学費は?

さて、ここからは気になるAMGの学費を紹介していきます!全日制の声優学科と、夜間・日曜の声優専科に分けて表にしてみました!声優専科の基礎コースと研究コースは、半年ごとの学費になっているので注意してくださいね。

声優学科

入学金

¥100,000

授業料

¥870,000

施設設備費

¥200,000

演習実習費

¥80,000

初年度合計

¥1,270,000

声優専科(夜間・日曜、レッスン週1回の場合)

コース

基礎コース

研究コース

マスターコース

入学金

¥30,000

¥30,000

¥30,000

授業料

(レッスン回数週1回)

¥130,000(半年)

¥130,000(半年)

¥300,000(年間)

設備費

¥20,000(半年)

¥20,000(半年)

¥50,000(年間)

合計

¥180,000(半年)

¥180,000(半年)

¥380,000(年間)

マイナビの「高校生のための進学ガイド」によると、アニメ・声優・ゲーム関連の専門学校の初年度学費は、128万4000円が平均だそうです。なので、AMGはそれより少し安い良心的な価格設定だと思います!

週1回の声優専科の場合、それよりもかなり安く設定されていますが、レッスン回数が異なるので、自分の求めているものに応じて参考にしてくださいね。ではアルバイトで学費を稼ごうとした場合、どれくらい大変なのでしょうか?

時給1000円で1日5時間働いた場合、声優学科なら週4〜5回、声優専科のマスターコースなら週1〜2回働けば、1年間で1年分の学費を稼げる計算になります。

マスターコースだと全然無理のない範囲ですが、声優学科は少し大変かな?と思う人もおられると思います。しかし学費のサポート制度がしっかりあるので、安心してください!

国の行政機関が行なっている教育ローン「日本政策金融公庫」の指定校に認定されているので、低金利で学費をローン払いにすることができます。また「新聞奨学生制度」という、新聞配達のバイトをすれば返済不要の奨学金の給付や生活の補助を受けられる制度もあり、かなり手厚いサポートが用意されている印象ですね。

実際にはレッスン回数などで学費が変動するので、詳しい情報は無料の資料請求をされることをオススメします!

AMGは短期間で声優になるのに適している

さて、ここまではAMGのデメリットや学費を紹介してきましたが、ここからはAMGがオススメできるポイントをご紹介していきます!

AMGはなぜ短期間で声優になれるのか①2年でプロダクション直接所属を目指せる!

AMGがオススメな理由としては、初心者で入学しても卒業するまでの2年でプロダクション直接所属を狙えるからです。

在学中にはインターンシップとしてプロの現場に立ち会えたり、ナレーションや舞台活動など今現場で必要とされているスキルが身につくカリキュラムが用意されていたりと、かなりしっかりとした教育を集中的に受けることができます。

ホームページにもしっかりとカリキュラムが掲載されていることから、その自信がうかがえますね。そして75社が来校する「プロダクション所属学内オーディション」が開催され、青ニプロダクションやシグマセブンなど、大手の事務所に所属できるチャンスが用意されています。

1日で多数のプロダクションが参加する合同オーディションは一切行わず、1日1社に集中して受験できるのも、とても嬉しいポイントですね。また数が多いだけでなく、アイドル声優に強い事務所から、洋画吹き替えに強い事務所など、ジャンルも多岐にわたっています。

短期間でしっかりと実力を身につける環境と、それをアピールする機会が用意されているのが、AMGが声優を目指す上で近道とされる一番の理由ですね。



AMGはなぜ短期間で声優になれるのか②勉強する環境が良い!

声優になるために専門学校や養成所に通うメリットとして、機材や環境が揃っている点がありますが、そのなかでもAMGは特に充実していると言えます!AMGホールという本格的なホールや、AMG STUDIOというレコーディングスタジオなど、プロの現場と遜色ない素晴らしい設備が用意されています。

こうした環境のなかで練習を積むことで、実際にお仕事をする際にもすぐに適応することができますね。また「開放教室」という授業時間以外で使える教室も用意されており、空き時間に練習をすることができます。

声出しや歌の練習など、自宅だと気を遣ってしまうような練習でも、AMGの「開放教室」を利用すれば存分にすることができます!



AMGはなぜ短期間で声優になれるのか③成果を自主的に発表できる学院祭がある!

AMGでは毎年学院祭(大阪校は学園祭)を開催しており、声優学科の生徒たちは詩の朗読やアフレコのワークショップを行うなど、日頃の成果を発表しています!お仕事とはまた違う、自分たちによるこうした催しができるのは嬉しいポイントですね。

また声優学科だけでなく、ゲームやアニメーションの制作も行われており、色々な作品に触れることができるのもAMGならではですね。OBやOGも学院祭に遊びにくるみたいなので、そこで目立つことが出来れば将来の人脈作りをすることもできます。

発表の場を常に意識して頑張れるというのも、AMGが短期間で声優になれる大きな理由だなと思います。

AMG2chの反応や評判は?

それでは、AMGが2ch上でどのように話題になっているのか、紹介していきます!公式のホームページでは見られない、みなさんの率直な感想が語られています。

ワイもここに入ろうとしてるんやが バイトしながらってのはやめた方がええと思うで

引用:アミューズメントメディア総合学院 [無断転載禁止]

アルバイトをしながら通学することをオススメしないレスがありますね。確かに2年間の短期間で事務所所属を狙うのであれば、バイトはせずに声優の勉強に集中するべきだというのは良くわかります。学費サポート制度などをうまく利用して、夢に向けて頑張りましょう!

ていうかアミューズメントメディアって昔からゲーム方面に強いというか特化した専門学校じゃなかったっけ?

引用:アミューズメントメディア総合学院 [無断転載禁止]

AMGはゲーム方面に強い、というイメージがあるようですね。声優以外にも様々な学科がありますし、ゲーム系の学科もかなり充実している印象があります。

伊藤かな恵さんや米澤円さんなど、声優さんにも有名な卒業生がおられますし、どの学科もかなりレベルが高いのでしょう!

アミューズメントメディア総合学院って基礎科から昇格出来るの?

引用:アミューズメントメディア総合学院 [無断転載禁止]

こちらはランクづけについての疑問です。一度基礎科に入ってしまうと昇級できないと思いがちですが、半年に一度の審査をクリアすれば、上のコースへ入ることもできます!

ところで単独スレが立っていることからも、AMGが影響力を持っていることがうかがえますね。

そういやAMG出の声優のアンチスレとかあまりないなw

引用:■■声優養成所/学校/スクールの情報交換所004■■

AMG出身の声優はアンチスレが立たないそうです!本当かどうか調べてみましたが、確かに有名な声優さんでもアンチスレがなかったり、あってもほとんどレスが付かず放置されたまま、という感じでした。

AMGを退学したらどうなる?

AMGを辞めたらどうなるのか、というお話をしたいと思います。挫折を経験したり、経済的な事情からAMGを辞めた場合、全日制の声優学科に通っていた人はフリーターやニートと言われる状態になり、少し辛い思いをするかもしれません。

他の専門学校や養成所に入り直すこともできますが、当然入学にかかった費用などは戻ってきませんし、他の学校に入るときはそこの入学金が必要となるので、金銭的なデメリットは大きいと思います。

もし学校や仕事と両立させて、他の選択肢も残しておきたいなら、全日制ではなく夜間・日曜の声優専科で無理なく続けていくのがオススメです。

また、特に大阪校の場合は専門学校になっているので、声優への道を断念したとしてもきちんと卒業して、学歴だけでも手に入れて欲しい、というのが正直なところです。

せっかくAMGに入所したのであれば、是非声優になって輝かしい未来を手にして欲しいですね!

AMGの卒業生のコメント

最後に、AMGの卒業生のコメントをご紹介したいと思います!みなさんもよく知っている作品に出演している、有名な声優さんばかりです!

伊藤かな恵「自分で選択した道を突き進んで欲しいです!」

引用:声優学科 卒業生からのメッセージ

まずご紹介するのは、『花咲くいろは』の主人公・松前緒花役などで活躍されている伊藤かな恵さんのコメントです!声優になるための学校に進む、というのは人生の中でもかなり大きな選択の一つだと思います。

不安になることもあるけれど、その決意の重みを忘れず、努力することの大切さを伊藤かな恵さんは語ってくれています。

柿原徹也 「声優になりたい」という気持ちを常に大事に」

引用:声優学科 卒業生からのメッセージ

続いては、テレビアニメ『パズドラ』のトラゴン役などで知られる、柿原徹也さんのコメントです!学校でレッスンを受けていると、目先のテクニック的な目標ばかりに囚われてしまったり、他の人と比べてしまったりと、本来の目標を見失ってしまう場面もあるかと思います。

でも「声優になりたい」という最初の思いさえ忘れなければ、壁にぶつかっても乗り越えていけると、柿原さんが熱いメッセージを綴ってくれています!

本多真梨子 「私は声優のお仕事をしている時間が、幸せです。」

引用:声優学科 卒業生からのメッセージ

最後は『生徒会の一存』シリーズの主人公・桜野くりむ役などで活躍されている、本多真梨子さんのコメントです!声優のお仕事の楽しさややりがいが伝わってくる、率直ながらとても嬉しいメッセージですね。

是非、今声優を目指されている方にも、将来こういう風に言ってもらいたいです!



AMGは、濃密な教育を受けられる声優への近道!

ここまでAMGの魅力をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。「充実した環境で集中的に学び、短期間で声優を目指すことができる」というのに尽きると思います。またアニメファンなら誰もが知っているような、有名な声優さんがたくさん卒業しているのは、これから声優を目指す人にとって、とても安心できるポイントではないでしょうか。

以上、Find Anime編集部からのお届けでした。

◯関連記事
【養成所ならここしかない!】インターナショナルメディア学院がオススメできる理由を徹底解説
声優になりたい!今から独学で出来ることは?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Find anime編集長オススメ記事はこちら