アニメ実写化で成功した作品トップ5

アニメや漫画を実写化して失敗に終わってしまうケースは多々あります。そして、実写化されるたびにアニメや漫画の世界観を充分に再現できずに低評価続出なんてこともよくあります。今回はアニメや漫画を実写化して成功した作品ベスト5でご紹介していきます。

アニメ実写化はなぜされるのか

アニメを実写化した映画の評判は悪いにもかかわらず、なぜ実写化映画は増えていくのでしょうか。それは実写化映画は儲かるからです。邦画は興行収入が10億円を超えたらヒット作として扱われ、利益をあげることができます。アニメや漫画を実写化することによって、そのアニメのファンや役者が好きな方は必ず映画を観に訪れます。

そして、アニメや漫画を元にした映画だと全国映画館で公開されるので比較的容易に10億円を達成することができます。アニメ「進撃の巨人」や漫画の「ガンツ」が実写化された時も映画のレビューサイトは酷評ばかりでした。しかし、最終的な興行収入は進撃の巨人は32,5億円、ガンツは34億円とそれぞれ大ヒットしました。

ですので、実写化することによってファンからは多く叩かれますが、やはりそれ以上に儲かるようです。

アニメ実写化評価基準

ストーリー ★×5
ビジュアル ★×5
演技力 ★×5
再現度 ★×5
ワクワク度 ★×5
総合評価 ★×5

今回アニメ実写化映画トップ5を上記の6項目で評価をして選抜しました。興行収入のランキングではなく、レビューサイトや実際に実写化映画を見た感想を元に評価しています。

「ストーリー」は映画の中での設定とアニメや漫画の設定がかけ離れていないかどうか、ストーリー展開のスピードを元に評価しています。「ビジュアル」はアニメのキャラクターと実写の役者の見た目が似ているかどうか、アニメの雰囲気にどれだけ寄せているかどうかです。「演技力」は役者の演技です。アニメのキャラと面影が重なるような演技や表情ができるいるかどうかで評価しています。

「再現度」はアニメや漫画をどれだけ忠実に再現をしているかです。細かいセリフや表情、設定、小道具の再現度などを基準にしています。残りの項目はそのままの通りです。

第1位:デスノート

ストーリー ★★★★★
ビジュアル ★★★★★
演技力 ★★★★★
再現度 ★★★★★
ワクワク度 ★★★★★
総合評価 ★★★★★

実写化映画で最も成功した作品と言っても良いでしょう。1位はデスノートです。ノートに名前をかけば人を殺すことのできるノートを争って2人の天才が争う映画です。主人公は藤原竜也さんと松山ケンイチさんでした。この2人のビジュアルは漫画とぴったりでした。特にL役を務めた松山ケンイチさんは素晴らしかったです。

演技力も充分にあり、映画の中でもかなりワクワクとしました。この映画を機に原作はバカ売れし、劇中歌を歌ったレッド・ホット・チリ・ペッパーズの知名度も大きく知れ渡りました。一種の社会現象となりましたね。1作目の「デスノート」は興行収入28.5億円、2作目「デスノート the Last name」は興行収入52億円ととんでもない記録を作っています。

第2位:ROOKIES

ストーリー ★★★★★
ビジュアル ★★★★★
演技力 ★★★★
再現度 ★★★★★
ワクワク度 ★★★★★
総合評価 ★★★★★

ルーキーズは作者である森田まさのりさんが週刊少年ジャンプで連載をしてからその5年後にテレビドラマで実写化されました。王道野球漫画で不良高校生が野球チームを再結成し、甲子園出場を目指す作品です。ゴールデンタイムに当時スポーツ系のドラマが少なく、イケメンが多く出演するドラマは少なかったので多くの人が当時見ていました。

しかし、ただイケメンが集まっているのではなく不良が真面目に何かに打ち込み始めたり、泥臭く頑張っている様子に心を打たれて不思議と先が気になるような感じで惹き込まれました。映画では最終回のドラマの続きということで、ドラマを見ていた人のほとんどが劇場に訪れて観に行ったようです。

ルーキーズ実写化はビジュアル面では完璧なキャストだったかと思います。特にチームの監督の川藤幸一役を演じた佐藤隆太さんはドンピシャでした。雰囲気、髪型全てにおいて完璧でした。佐藤隆太さんもルーキーズで主人公を演じて、大きく役者人生を変えたきっかけになったほどかなりの反響がありました。実写化されたスポーツ映画では間違いなくルーキーズがトップでしょう。

第3位:るろうに剣心

ストーリー ★★★★★
ビジュアル ★★★★★
演技力 ★★★★
再現度 ★★★★
ワクワク度 ★★★★★
総合評価 ★★★★★

るろうに剣心は多くの人がご存知ではないでしょうか。アニメや漫画でも非常に人気がありました。主人公の緋村剣心役を佐藤健さんが演じました。剣心の髪型や顔の傷もしっかりと再現しており、雰囲気も非常に似ていました。戦闘シーンも迫力があり、剣心の剣技も忠実に真似ていたのでワクワク度と再現度共に高評価です。劇中のストーリー展開も素晴らしくかなり見応えがありました。

劇中歌にはONE OK ROCKが起用され、歌と演技両軸で満足できる作品です。藤原竜也さんが志々雄真実役で出演したのも良い味を出していて良かったかと思います。原作を知らなくても楽しめるのも高評価の要因です。

第4位:賭博黙示録カイジ

ストーリー ★★★★
ビジュアル ★★★★
演技力 ★★★★★
再現度 ★★★★
ワクワク度 ★★★★★
総合評価 ★★★★★

もはやカイジを知らない人はいないではないでしょうか。一攫千金の人生逆転を目指して命を賭けて数々のゲームに挑んでいく極限の勝負を描いた作品です。主人公を演じた藤原竜也さんは、カイジのくずっぷりの性格や崖っぷちで真剣に戦うシーンは上手く演じてくれました。ギャンブルの再現度や敵である利根川幸雄役を務めた香川照之さんのビジュアルも良かったです。

アニメ同様に映画でも勝負どころでは緊張感があり、見ている側もドキドキとしてしまう展開が多くあるので終始飽きることなく惹き込まれ続けます。トップクラスの俳優がキャスティングされており、迫真の演技で演技力も文句なしです。アニメ実写化で成功した作品に必ずカイジが挙がるほどです。

第5位:花より男子

ストーリー ★★★★★
ビジュアル ★★★★★
演技力 ★★★★
再現度 ★★★★
ワクワク度 ★★★
総合評価 ★★★★

漫画花より男子はドラマ化をしてから若者の間で大ヒットし、映画化をすると初週の映画館では満員御礼状態でした。

裕福な生徒の多い英徳学園に入学が決まった貧乏の牧野つくしが大金持ちのイケメン4人組であるF4に目をつけられ、1人で勇敢に立ち向かったつくしは後にF4のリーダーである道明寺に惚れられ、お互いに少しずつ惹かれていきますが、数多の恋愛障壁に阻まれてしまいます。

花より男子は日本の少女漫画作品で「マーガレット」から連載されました。圧倒的に女性ファンが多いのですが、実写化されると男性でもF4のイケメン具合と見応えのある恋愛展開に釘付けになる程でした。映画ではドラマの続きのようなストーリー構成で、ビジュアルも多くの人が納得するほどです。特にF4の内の1人である花澤類役の小栗旬は女性のハートをわしづかみにするほどの甘い演技でした。

花より男子は実写化が成功してから海外でも実写されるほどの人気っぷりで国内だけにはとどまらず、世界的に注目された作品になりました。

アニメ実写化成功作品には藤原竜也多かった

アニメ実写化で成功した作品ランキングはいかがでしたか?どの作品にも共通しているのが極力アニメを忠実に再現しており、ビジュアルも多くの人が納得できるような俳優がキャスティングされています。今回紹介した実写化映画は興行収入もすごいです。そして、成功している作品の多くに藤原竜也さんが出演していますね!

以上、Find Anime編集部からのお届けでした。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Find anime編集長オススメ記事はこちら