出典:C3AFA

海外アニメイベントのC3AFAシンガポール2018に参加してきました。C3AFAは東南アジアを中心に行われる海外アニメイベントで、世界各国のアニメファンが集まる祭典です。今回シンガポールでは記念すべく10周年を迎え、非常に大きな盛り上がりを見せました。また、出演アーティストや声優さんも豪華ラインナップとなりました。この記事では海外アニメイベントC3AFAシンガポールの入場からイベントの様子、コスプレイヤーなどを紹介していきます。

海外アニメイベントC3AFAとは

アニメイベントのC3AFAは元々、C3という名前でホビージャパンやKADOKAWAが主催するキャラクターグッズをテーマにしたイベントでした。毎年夏に1回千葉県の幕張メッセで行われていました。それから2016年にKADOKAWAが実行委員会から抜け、それと同時にイベントの名前がC3TOKYO代わりました。

そこから東南アジアで行われている日本のアニメイベントアニメフェスティバルアジア(AFA)と統合し、C3AFAというイベント名に変わりました。海外ではシンガポールの他にジャカルタ、香港、バンコクで行われています。アニメグッズや同人作品、声優さんのトークショー、アニソンライブが一挙に催される祭典です。

C3AFAシンガポール会場への入場の仕方

C3AFAシンガポールの会場は、「Suntec Convention Center, Singapore」で行われます。外観はこんな感じです。場所はシンガポールの高級ホテル街にあります。事前に場所をグーグルマップなどで把握していれば、会場までたどり着くのはそれほど難しくないかと思います。こちらの左右どちらのエスカレーターでも構いませんので、上に上がります。

事前にチケットを購入していれば並ぶ必要なし

エスカレーターで上へ上がると、会場のメインエントランスに到着します。この時点で、朝10時くらいでしたが、すでに多くの人がいます。基本的にAFAに参加する時は事前にチケットを購入しておいた方が良いです。もちろん当日にチケットを購入することも可能ですが、チケットが売り切れてしまう可能性もあります。また、現地の人は結構当日券を購入する方も多いので、並ぶのがしんどいです。

事前にチケットを購入している方は直接4階に直行すればOKです。

まず4階に上がってリストバンドを手に入れよう

4階の会議室404というところに受付があります。4階へ行くためにはエスカレーターまたは階段で上に向かうことになります。

404の受付で会場を自由に行き来するためのリストバンドをもらいます。これがないと入れてもらえません。事前に印刷していたチケットを見せて、リストバンドをもらってから手首に巻きます。ちなみにリストバンドのチェックは厳しく行われているので、面倒だからといって、リストバンドを持っているだけだと中には入れてもらえません。きちんと手首に巻きましょう。

カバンの中を開けて会場へ入場

リストバンドをつけてから、セキュリティ対策のためにカバンの中をチェックすることになります。スタッフの人がチェックしやいようにカバンの中を開けておきましょう。

一度ホールから出る時は手に判子を押してもらおう

会場の中に入ると、ブースがズラッと並んでいますが、外に出たくなる時もあるかと思います。こちらのエキシビションセンターは、商業施設も付近にあるのでレストランで食事をすることもできます。また、デイステージやアニソンライブなどが行われる時は隣にあるホールに移動しなければなりません。

したがって、一度展示ブースから出る時は出口に立っているスタッフにスタンプを押してもらう必要があります。

今回のC3AFAシンガポールは10周年で例年以上の賑わい

いよいよここからC3AFAシンガポールに実際に潜入した時の様子を画像付きでレポートしていきます。やはり10周年ということで盛り上がりはすごく、昼過ぎになると人が多くなり会場はかなり混雑していました。

色んなブースが立ち並ぶ

まず会場の中に入ると、C3AFAシンガポールの毎年恒例のガンダムの巨大フィギュアが立っています。

ガンダム好きにはたまらなさそうなフィギュアシリーズも展示されていました。ガンダムにはあまり詳しくはないのですが、ここのブースには多くの人で賑わっていました。

ガンダムのエリアから少し奥の方へ進むと、中国のニコニコ動画?的なビリビリ動画のブースを発見しました!こちらでは特になにかを展示しているわけではなく、アプリダウンロードの販促といった感じでした。時間帯によっては、世界的に有名なレイヤーの方が登壇し、撮影会をしていました。

マイティメディアは台湾のホームビデオ出版社なのですが、マレーシアやシンガポールで日本のアニメ作品のライセンスを取得し、翻訳したアニメ作品を販売しているようです。もちろんグッズも扱っており、日本のアニメメイト的な存在っぽいです。

お宝グッズもたくさんありましたが、昼過ぎに行くと行列が出来ており、あえなくグッズの購入を見送りました。中には爆買いをしていた人も見受けられました。

ポプテピピックのブース。漫画が壁一面に切り取られて撮影スポットになっています。シンガポールでもポプテピピックは結構人気があるようです。

FGOブースも大きな行列が出来ていました。シンガポール人の多く人がFGOをプレイしているのですが、何でも海外版ではなく、ほとんどの人が日本語でプレイしている模様です。ここのブースではFGOのコスプレをした人の撮影会やアプリの紹介などが行われていました。ブースに行くだけでタトゥーシールが貰えました。

他にもデレマスのコスチュームコーナーやSAOのコーナーなど様々なブースがありました。

クリエイターズハブも大人気

クリエイターズハブも大盛況でした。同人誌は日本にも負けないくらいに混雑していました。

食事ができるブースは日本食がほとんど

食事ブースは日本食のブースがほとんどでした。日本人の店員さんも多くおり、注文する時は日本語でも大丈夫そうでした。

中でも一番人気があったのが、シンガポールでも有名なお店「mellow」でした。焼きたてのサクサクとしたメロンパンの中にアイスクリームを挟んだスイーツです。日本にも同じような物があったような...トッピングは北海道牛乳やバニラオレオなど色んな種類から選べます。

やはり焼きたては美味しい!ハマってしまいそうな食感でした。ちなみにお食事のできるブースは他にも「一風堂」「麵屋サクラ」「キムカツ」などもあり、大体700円から1200円くらいでした。

ゲームブースでは大会が開催されている

お腹を満たしてから、ふたたびブースを移動。ホームの真ん中あたりにはゲームブースがありました。

GODEATERや太鼓の達人に朝から人が並んでおり、盛り上がっていました。

太鼓の達人の裏にはワンピース無双的なのもありました。PUBGやLOLの大会も行われていました。

格ゲーは世界共通で歓声がすごく、ソウルキャリバーは大盛り上がりでした。大会への参加資格は12月1日の11時から12時の間に登録をする必要があるようです。12月2日も同様に11時から12時の間にトーナメントへの参加登録が必要になります。

もしかしたら、来年のAFAシンガポールはスマブラの大会なんかも開催されるかもしれませんね。

ゲームブースをひと通り見てから、デイステージまで時間を潰していました。

2つのステージに分かれており、人気はDAYSTAGE

C3AFAシンガポールは各ブースも見どころなのですが、なんといってもステージイベントです!「AKIBASTAGE」では時間別でスペシャルゲストやコスプレイヤーが登場し、トークや歌を披露しました。「angie」や「Hakeen」などの有名コスプレイヤーの他に、日本からはリアルアキバボーイズや夏色パーティー、ときめきジャンプなどが出ていました。

シンガポールのソロアイドルのReikomaruさんは可愛すぎました!そして、12時からデイステージにて各アニメの声優さんのトークショーがあります。Find編集部は12月1日の2日目のイベントに参加したので、豪華ラインナップになっており、「FGO」「インデックス」「THE PRINCE OF SMILES」「ラブライブサンシャイン」「SAO」などでした。登場した声優さんは以下の通りです。

FGO:川澄綾子・高橋李依・田中みな実・塩川洋介

インデックス:阿部敦

THE PRINCE OF SMILES:nob-c

ラブライブサンシャイン:降幡愛・斉藤朱夏

ソードアートオンラインアリシゼーション:茅野愛衣

ちなみにデイステージは自由席になっており、ブースの並んでいるホールとは別の会場になります。会場はエキシビションホールの隣にありますが、事前に並んでおかないと座れないです。さらにデイステージは1つのアニメタイトルにつき、45分のトークと15分の休憩がワンセットとなり、それが4時まで続きます。立ちっぱなしはかなり辛いので、11時くらいには並んでおくと前の席を確保できます。

一度席を確保し、休憩時間にトイレに行ってしまうと座席を取られてしまう可能性があるので、誰かとイベントに来ているのあれば問題ありませんが、一人だとトイレ休憩も厳しいです。隣の人に席を見てもらうようにお願いするしかないです。

声優さんが登場し、トークショーが始まると動画撮影や写真撮影などが禁止されますのでご注意ください。

アニメの裏話や声優さんによる生セリフが聞ける

序盤からFGOのステージが始まり、声優さんが登場したとたんに会場のボルテージはマックスになりました。川澄綾子さんのセイバーの生セリフが迫力がありました。もっとも盛り上がりを見せたのは、SAOの茅野愛衣さんが登場した時です。茅野さんは終始礼儀正しく、深々とお礼をしてシンガポールのファンに向けて挨拶をしていました。SAOのストーリーについて話しをしていたのですが、キリト役の松岡さんいじりになり、会場を爆笑させていました。

茅野愛衣さんはシンガポールファンの多くが「かやのみ」のラジオを視聴していたことを知り、あまりに衝撃的なことに思わず席を立って驚いていました。またアリス役を演じている茅野さんですが、生セリフは死ぬほど萌えました。これだけでもシンガポールに来る価値はあったかもしれません。

メインイベントはアニソンコンサート

C3AFAシンガポールのメインイベントは「I♡anisong」です。このためにはるばる日本から訪れるファンの方も多く、毎年豪華なアーティストや声優さんがコンサートを行います。アニソンコンサートに入場するには、一般チケットまたはVIPチケットが必要になります。一般チケットだと、立ち見でかつかなり後方になるので、肉眼でアーティストを鮮明に見ることができません。オススメはやはりVIPチケットです。

VIPチケットですとあらかじめ席が決まっており、運が良ければ最前列になることもあります。この辺りはランダムでチケットを発行した時に決まります。また、無料でライトスティックがもらえます。会場に入場する時にスタッフの方が、手渡しで配布しているのですが、ぱきっと割ってライトをつけるタイプの安いスティックなので、キングブレードを持参した方が良いです。

個人的には12月1日のラインナップが一番熱かったと思います。

・リアルアキバボーイズ

・イヤホンズ

・三森すずこ

・岸田教団&THE明星ロケッツ

・Trysail

1アーティストあたり4曲から5曲披露してくれました。

日本に負けないシンガポール人のコスプレ

最後に日本のコスプレイヤーにも負けないシンガポールの方のコスプレイヤーをSNSからいくつか紹介していきます。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Messie Huang (@messie.147) on

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Akiko秋雨 (@akikoqiuyu) on

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kero (@kerocofoto) on

 

View this post on Instagram

 

A post shared by aiqo (@inkedastrid) on

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 🌸Hanae😽 (@hanaemomozono) on

海外アニメイベントC3AFAシンガポールは大盛況

C3AFAシンガポールは10周年ということもあり、非常に盛り上がりました。日本語を話せるシンガポールの方も多く、困った時は助けてくれました。やはりアニメ好きには悪い人はいませんね!初めて海外アニメイベントに参加する方でも、楽しめるかと思います。日本からシンガポールまでは格安航空券もありますので、安く行くこともできます。2019年以降のAFAシンガポールも期待です!

以上、Find Anime編集部からのお届けでした。

◯関連記事
ギネス記録にも認定!?プリキュア声優・本泉莉奈の歌の上手さや彼氏・高校を紹介!
声優・声優「徳光由禾」と言えばデジモン!高校や結婚相手・Twitterは

お金がなくてもアニメの聖地巡礼や声優のライブに参加したいあなたへ



全国聖地巡礼したいけど、お金がないという人は多いのではないでしょうか?全国各地に観光ついでに訪れるとなると、結構お金がかかりますよね。また、旅行の計画を立てている時にANAやJALの公式サイトで航空券を見ても、往復で3万円以上はしますよね。

他の航空会社のサイトをチェックするのも面倒だし、チケットを取るのにかなり時間がかかりますよね。せっかく聖地巡礼をするなら安くチケットを購入して、ホテルやおみやげにお金を使いたいですよね。

そこでオススメなのが、さくらトラベル!です。国内すべての航空会社の料金を一覧で比較することができます。特にお盆や正月などは混雑する時期でもあるので、時間をかけずに安いチケットを見つけることができるのは嬉しいですよね。また、24時間365日いつでもチケットを予約することでき、電話一本でキャンセルをすることもできます。

もちろんANAやJALだけでなく、ジェットスターやピーチ航空のセールの料金もしっかりと反映されています。往復8000円以内で旅行することだって可能です。新幹線の往復よりも全然安いですよね。

効率良く簡単にチケットを購入することができるので非常に便利です。筆者も声優のライブやアニメイベントに行くときは大変助けられています。



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Find anime編集長オススメ記事はこちら