かかずゆみ
出典:Amazon

『ドラえもん』のしずかちゃんを演じるかかずゆみさん。天真爛漫、純情、無口、男勝りなど、様々な性格の女性役をこなしてきました。この記事では声優・かかずゆみさんのプロフィール、代表キャラクター、歌の実力や気になるエピソードなどをご紹介します。

声優・かかずゆみのプロフィールを紹介

■基本情報

名前 かかずゆみ
生年月日 1973年6月18日
出身地 埼玉県
所属事務所 アトミックモンキー

声優、かかずゆみさんは1996年4月に『機動新世紀ガンダムX』のサラ・タイレル役で声優デビュー。 2005年4月より『ドラえもん』のしずかちゃんこと源静香を演じています。幼い声が特徴で、多くの少女役を演じてきたベテラン声優です。

かかずゆみさんの趣味、特技はお菓子作り、着物の着付け。着物に関しては大原さやかさん、折笠富美子さん、菊池志穂さん、豊口めぐみさん、浅野まゆみさんらと着物部を結成しているほど。

ラジオ番組も面白い

かかずゆみさんは音泉・BEWEで配信されているインターネットラジオ番組『かかずゆみの超輝け!やまと魂!!』のパーソナリティをしています。何度かタイトル変更をしていますが、2001年4月から続く超長寿番組です。普通のお便りを紹介する「ふつおた」、投稿を逆さに読み、ちゃんとした言葉に直して、かかずゆみさんが答える「ずかか魂」、お題に沿った写真でしりとりをする「写真しりとり」などのコーナーがあります。

かかずゆみの代表キャラを紹介

ここではかかずゆみさんの代表キャラクターを3つご紹介します。明るく優しい少女、寡黙な少女、さらには人外とその多才っぷりがうかがい知れます。中でもしずかちゃんはかかずゆみさんにとっても、とても大きな役なのではないかと思います。

かかずゆみの代表キャラ①源静香

「源静香」はアニメ『ドラえもん』の登場キャラクターです。『ドラえもん』は22世紀の未来からやってきたネコ型ロボット「ドラえもん」と、勉強もスポーツも苦手な小学生「野比のび太」が繰り広げる少し不思議な日常生活を描いた作品です。ドラえもんがポケットから出すひみつ道具で、問題を解決するが、道具を不正に使い、しっぺ返しを受けるという流れの話が多いです。

かかずゆみさんが演じる源静香はしずかちゃんと呼ばれる、のび太が憧れるクラスメイトの女の子です。恵比寿まさ子さん、野村道子さんと演じられて、かかずゆみさんは三代目のしずかちゃんになります。成績も良く、真面目で優しい性格のかわいい女の子です。

お風呂が好きで、1日に3回は入り、のび太がどこでもドアで入浴中の浴室に出てしまうというのがお約束の流れとなっています。

かかずゆみの代表キャラ②翡翠

「翡翠」はTYPE-MOONの同人ゲーム『月姫』に登場するキャラクターです。『月姫』は幼い頃に死にかけてから、モノを殺す(壊す)線を見ることができる「直死の魔眼」を持った「遠野志貴」が、連続猟奇殺人事件などに巻き込まれる非日常を描いた作品。

かかずゆみさんが演じたのは『月姫』を原作としたアニメ『真月譚 月姫』の翡翠。遠野志貴が身を置く遠野家に仕えるメイドです。双子の姉の琥珀も同じく遠野家のメイドをしています。

翡翠は濃いピンク色の髪にメイドカチューシャが特徴。寡黙であまり感情を表に出さないですが、芯が強い女の子です。

かかずゆみの代表キャラ③マジカルサファイア

「マジカルサファイア」は『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』に登場するキャラクターです。『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』はTYPE-MOONの『Fate/stay night』を原作とした作品です。冬木市の穂群原学園小等部に通う女の子「イリヤスフィール・フォン・アインツベルン」は、カレイドステッキの人工天然精霊「マジカルルビー」によって強制的に契約を結ばれ、魔法少女プリズマイリヤになります。クラスカードの回収など様々な任務を遂行していく姿を描いています。

また、『Fate/stay night』を原作としたスマートフォンゲーム『Fate/Grand Order』の『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』コラボで「美遊・エーデルフェルト」と一緒にマジカルサファイアも実装されました。『Fate/Grand Order』は『Fate/stay night』をベースとしつつ、科学と魔術が交錯する世界観のロールプレイングゲームです。

かかずゆみさんが演じるのはマジカルルビーの妹のマジカルサファイアです。魔術礼装「カレイドステッキ」の1本であり、美遊をマスターとしてます。冷静で合理的な性格をし、マスターに忠実ですが、時には毒を吐くこともあります。『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』開始当初、マジカルサファイアの声優は松来未祐さんでしたが、2015年10月27日にお亡くなりになり、かかずゆみさんが引き継ぎました。

かかずゆみについて、気になる噂やエピソードを調査

かかずゆみさんはTBSラジオの『パキパキパラダイス』内で手塚ちはるさんとお笑いコンビ「暴れ船」を結成しました。同じくTBSラジオの『赤坂お笑いD・O・J・O』で新人が段位獲得を目指すコーナー「D・O・J・O破り」の予選でショートコントを披露しました。

かかずゆみの画像を大放出

ここまでは、かかずゆみさんの演じたキャラクターやエピソードについてご紹介してきました。かわいい少女役をこなす、かかずゆみさんの姿はその声のイメージとは大きく異なり、素敵な大人の女性です。そんなかかずゆみさんの画像を集めてみました。

『かかずゆみの超輝け!やまと魂!!』の収録後のお写真。『かかずゆみの超輝け!やまと魂!!』にはまたにゲストの方が来て、楽しいトークを繰り広げます。

東京スクールオブミュージック専門学校の学園祭のトークショーに出演したときの一枚。どんなことを話したのでしょうか、気になりますね。

TOKYO FMの「高橋みなみのこれから、何する?」の年末特別イベント終了後のお写真。楽しそうな雰囲気がすごく伝わってきますね。

三石琴乃さんとの着物のショット。さすが着物部を結成しているだけあって、見事な着こなし、和装美人です。

かかずゆみは声がかわいい!歌が上手いかを検証

声優として活動をしているかかずゆみさんですが、キャラクターソングなどで歌声も披露しています。その実力について動画を紹介しながら検証していこうと思います。

しずかちゃんのキャラクターソング「おとなりのプリンセス」です。しずかちゃんのキャラクターのまま、とてもかわいい声で歌っています。声の伸びもとても綺麗です。

かかずゆみの通っていた高校や大学はどこ?

View this post on Instagram

 

T/Sさん(@huckleberry_._finn)がシェアした投稿 -

かかずゆみさんの通っていた高校や大学についての情報は公開されていません。ですが、ラジオ『かかずゆみの超輝け!やまと魂!!』にて埼玉から東京の高校へ通っていたと言っていましたので、東京の高校だったようです。

かかずゆみは結婚しているか

View this post on Instagram

 

eri_takenakaさん(@eri_takenaka)がシェアした投稿 -

かかずゆみさんは2004年6月1日に一般男性と入籍しています。2005年に長男を出産、2008年に次男を出産し、2人のお子さんがいます。2013年6月に旦那さんが3年半前に、脳出血で亡くなったことをtwitterにて報告しています。

かかずゆみのSNSを徹底調査!Twitterやインスタグラムはやってる?

かかずゆみさんはTwitterをやっています。『ドラえもん』をはじめ声優や読み聞かせのお仕事について、たまにグッピーなど日常についてもツイートしています。フォロワーは28000人ほど。

Twitterはこちら⇒かかずゆみ

インスタグラムはやっていないようです。ブログなどもやってなく、Twitterが主な情報発信ツールのようです。

声優・かかずゆみは少女役の似合う大人の女性だった

ここまでかかずゆみさんについてご紹介してきました。かかずゆみさんと言ったらしずかちゃん、しずかちゃんと言ったらかかずゆみさんとキャラクターが定着しているのを感じました。もちろん、しずかちゃん以外の役も多くこなしていて、これからもいろんなところでその声を耳にするでしょう。また、ラジオや読み聞かせなど声優以外にも幅広く活動していて、今後もとても楽しみです。

以上、Find Anime編集部からのお届けでした。

〇関連記事

声優・永塚拓馬といえばSideM!代表アニメやBL作品・彼女の有無は?

声優・阿部里果はガスマスク好き?歌の上手さや代表アニメ作品を紹介

短期間で声優になる方法はたったのこれだけだった

声優になれるならそれは誰だって声優なりたいですよね。でも家族に反対されるかもしれないし、お金もないですし、ましてや声に特徴がないetc...とたくさんの壁があると思います。これは皆さんが今テレビで見ているプロの声優さんも同じ悩みを抱えていたのです!

とはいえ独学で声優になるのもかなり難しいです。やはり養成所や専門学校に行っている方に比べると技術的に差が付いてしまいますし、圧倒的にオーディションや事務所所属へのチャンスが少ないです。独学で勉強して、現在声優として成功している人はほぼいません。

つまり、短期間で声優になるなら専門学校や養成所しかないのです!ただ養成所や専門学校を適当に選んではいけません!大事なのは2つです。

①しっかりと声優になれる環境が整っているか。

②入学金や授業料を自分の力でどうにか出来るかです。

この2つを満たして、かつ多くの人が声優になっている実績のあるオススメの学校が【アミューズメントメディア総合学院】です。

多くの人がアミューズメントメディア総合学院から声優になっている

アミューズメントメディア総合学院は東京の恵比寿と大阪の西中島に校舎があります。大阪に関してはしっかりと専門学校として成り立っているので、就職活動で履歴書にも使えます。アミューズメントメディア総合学院は声優学科だけでなく、アニメ・ゲーム学科やキャラクターデザイン学科などもあります。

アミューズメントメディア総合学院の声優学科を卒業した声優さんで有名なのは、柿原徹也さん・朝日奈丸佳さん・伊藤かな恵さんなど他にもたくさんの方がいます。このように普段アニメで見るような声優さんが卒業している実績もあるのですが、驚きなのが声優学科に所属している10人中7人がプロの声優になっているということです。

アミューズメントメディア総合学院の公式によると、2018年の3月のデータではプロダクション所属率がなんと73.8パーセントです。さらに特待生や養成所なども入れると97.9%です!

なので全くの初心者の方でも、頑張り次第ではこの中に入れるということなんですね。皆さんが思っているよりも意外と難しいことではないのです。

素晴らしい環境が整っている

ただ前述したように、大事なのは声優になれる環境がしっかりと整っているかです。アミューズメントメディア総合学院では、本格的な音響機材が整っているのももちろんなのですが、「AMG STUDIO」というレコーディングスタジオが併設されています。プロの声優さんの現場と変わらない環境で勉強することができますし、インターンシップでプロの現場に立ち会える機会もあるのです!

これはなかなか養成所にはない環境なので非常に有利です。また授業以外で使える「開放教室」というのもあり、空いた教室で自主練習することも可能なのです!つまり皆さんが声優になるための環境がこれ以上ないくらいに整っているということです。


プロの声優さんが講師という最強の環境

2つめに環境という点で補足するなら、【アミューズメントメディア総合学院】ではプロの声優として活躍されている人が講師になります。アニメのタッチやハリーポッターの吹き替え映画やアンブリッジ先生役を務めた小宮和枝さんをはじめするガチのプロが授業をしてくれます。

なので、アミューズメントメディア総合学院で短期間で声優になれるというのはホントなのです!ただ全くの初心者で授業に付いていけないかも知れないと不安になりますよね。そんな方のために、基礎コースから勉強できるコースも整っています。これなら安心ですよね。

とにかくチャンスが多い

【アミューズメントメディア総合学院】は本気で声優を目指している方には絶対的に良い学校です。その理由の1つとして、オーディションが頻繫に行われていることです。これはアミューズメントメディア総合学院に通う大きなメリットだと思います。

青ニプロダクションやシグマセブン、81プロデュースなどの大手プロダクションへの所属が決まる「プロダクション所属学内オーディション」など全75社を超える団体からのチャンスがあります。合同オーディションではなく、1日1回、1社に集中してオーディションに参加できるので、とことん練習の成果を発揮することができるのです。

一番問題なのはお金の面ですよね?

とはいっても、やはり一番の問題はお金の面だと思います。入学したいのは山々だけどお金がないのはごもっともですし、いい事ばかり言うのも皆さんのためにはなりません。ぶっちゃけてしまうと、アミューズメントメディア総合学院の学費は決して安くありません。

■声優学科

入学金 ¥100,000
授業料 ¥870,000
施設設備日 ¥200,000
演習実習費 ¥80,000
初年度合計 ¥1,270,000

■声優学科(夜間部)

声優専科(夜間・日曜、レッスン週1回の場合)

コース

基礎コース

研究コース

マスターコース

入学金

¥30,000

¥30,000

¥30,000

授業料

(レッスン回数週1回)

¥130,000(半年)

¥130,000(半年)

¥300,000(年間)

設備費

¥20,000(半年)

¥20,000(半年)

¥50,000(年間)

合計

¥180,000(半年)

¥180,000(半年)

¥380,000(年間)

アミューズメントメディア総合学院に普通に入学した場合、合計で127万円ほどかかります。しかし、マイナビの「高校生のための進学ガイド」によると、アニメ・声優・ゲーム関連の専門学校の初年度学費は128万4000円が平均と発表しています。つまり普通に専門学校に行くよりも少し安いのです。

夜間コースでも週1回コースならそれなりに安いです!これを学生のバイトでどれだけ補えるかを計算してみます。「②入学金や授業料を自分の力でどうにか出来るか」の部分なのでとても重要なところですね。

時給1000円で1日5時間働いた場合、声優学科なら週4〜5回、声優専科のマスターコースなら週1〜2回働けば、1年間で1年分の学費を稼げる計算になります。週5回のバイトは大変そうに思えますが、あくまでも時給1000円の場合なので、この他に副収入があったり、時給がこれより高ければもっと減るでしょう。

お金の不安はこれで解消できる!

実は【アミューズメントメディア総合学院】では低金利で学費をローン払いできる制度もありますし、「新聞奨学生制度」という制度も整っています。これは新聞配達のバイトをすれば返済不要の奨学金の給付や生活の補助を受けられる制度のことです。



お金に余裕がない人にでもとことん手厚いサポートしてくれるので安心です。

まずはオープンキャンパスや無料の資料請求から始めてみよう

声優になるにしてもいきなりの入学は無理ですし、私も皆さんにとって最適な学校を選んで欲しいと思っています。学生の方は家族と相談する必要もありますよね。なのでまずは無料の資料請求をしてじっくりと目を通して、自分が入学する時のイメージを膨らませてみるところから始めてはいかがでしょうか。アミューズメントメディア総合学院は無料の説明会やオープンキャンパスもやっているので、直接足を運んでみるのも良いと思います。

まずは情報を集めるところから声優の道に一歩進んでみましょう!

資料請求はこちら⇒夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院



関連キーワード
声優の関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Find anime編集長オススメ記事はこちら