永塚拓馬
出典:Amazon

永塚拓馬さんは2014年にデビューしたばかりの若手声優です。元公務員という異色の経歴の持ち主で、本人もなかなかユニークな性格をしています。今回は、そんな永塚拓馬さんの声優になった経緯や代表アニメ、ファンを感動させたライブイベントについてご紹介します。

声優・永塚拓馬の年齢は?気になるプロフィールを紹介

■基本情報

名前永塚拓馬 愛称:ながにゃん、ながつー
生年月日1991年10月4日(27歳)
出身地神奈川県
所属事務所アイムエンタープライズ

声優・永塚拓馬さんの年齢は27歳(2019年3月時点)です。よく演じている役柄とは正反対で身長は170cmあります。結構大きいです。そして、公務員から声優へと転身した、異色の声優でもあります。

趣味や特技はランニングと紅茶、オカリナ・逆立ちだそうで、優雅さと不思議さがミックスされています。

実は永塚拓馬さんは結構変わり者でして、両親を「父上」「母上」、姉を「姉上」と呼び、一人称は「わし」という、現代ではなかなか見れないとても珍しい人です。

また、アイドルが大好きで「ハロプロ」、「スターダストプロモーション所属のアイドル」、「坂道シリーズ」、「フェアリーズ」、「BABYMETAL」が好きと発言しています。

声優になったきっかけ

永塚拓馬さんが声優になったきっかけは、演技に対する熱い想いからでした。まず永塚拓馬さんは、中学生時代に文化祭で演劇の発表をした際、演劇の楽しさに気付きます。そして高校は演劇の強豪校へと進学。授業にはまともに参加せず、演劇漬けの高校生活を送ります。

その後、永塚拓馬さんは「大人になるというのは、こういうこと」と自分に言い聞かせながら、市役所の公務員となります。

しかし、演劇への想いは消すことができず、地元のミュージカル劇団で演劇を再開。ここで演技に対する熱が再び湧き上がった永塚拓馬さんは、日本ナレーション演技研究所へと仕事をしながら通い始めました。

そしてアイムエンタープライズへの所属が決まると、永塚拓馬さんはきっぱりと公務員を辞め、声優の世界へと進出。永塚拓馬さんは将来の安定よりも、自分の「夢」を選んだのです。

永塚拓馬はBL作品にも出演?

アダルトな作品等に使う声優さんの裏名義。永塚拓馬さんにもあるのかと思い調べてみましたが、見つかりませんでした。

永塚拓馬さんは、まだBL作品には出演されていないようです。

永塚拓馬の代表アニメ作品を紹介

ここからは永塚拓馬さんの代表アニメを紹介していきます。可愛い系のアイドルキャラが多いと思いきや、意外なキャラも演じていますよ。

永塚拓馬の代表アニメ①アイドルマスター SideM

『アイドルマスター SideM』は、有名な女性アイドル育成ゲーム『THE IDOLM@STER』と世界観を共有する、男性アイドル育成ゲームをアニメ化した作品です。46人もの男性アイドルが登場し、個性豊かなキャラクターたちがアイドルとして成長し、絆を深めていく物語です。2017年にアニメが放送されました。

永塚拓馬さんが演じるのは、インテリ属性にあたるアイドル・冬美旬(ふゆみ じゅん)です。高校の軽音部で組んだアイドルグループ「High×Joker」でキーボードを担当します。

冬美旬はピアノが得意で、ピアノに対する情熱は誰にも負けないほど。この辺りは永塚拓馬さんと演劇の関係に少し似ているかもしれません。

永塚拓馬の代表アニメ②僕のヒーローアカデミア

『週刊少年ジャンプ』で2014年から連載中の、堀越耕平による漫画をアニメ化した作品。2016年にアニメ1期が放送され、毎年アニメが放送されている人気作品です。2019年10月にはアニメ4期が予定されています。略称は『ヒロアカ』。

世界中のほとんどの人が超常能力「個性」を持つ世界で、なんの個性も持っていない主人公・緑谷出久が「最高のヒーロー」になろうとする物語です。

永塚拓馬さんは『ヒロアカ』で、自然と動物を愛する岩男・口田甲司(こうだ こうじ)を演じています。口田甲司の個性は「生き物ボイス」。声を発して生き物たちを操る能力です。普段ほとんど喋らない口田甲司ですが、この時だけは物凄く饒舌になります。

永塚拓馬の代表アニメ③KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-

タツノコプロ制作のアニメ作品で、「プリティーリズムシリーズ」である『レインボーライブ』のスピンオフ作品という位置付けになっています。2019年4月から放送予定で、プリズムスタァ候補生たちの活躍を描きます。

永塚拓馬さんが演じるのは、女の子にしか見えないけど、男の子・西園寺レオです。ユキノジョウを「ユキさま」と慕い、いつも付き従っています。

男らしくないと言われる自分にコンプレックスがあり、プリズムスタァでの活動を通して男らしくなろうと頑張ります。

演技と声質が可愛い役にピッタリ

永塚拓馬さんはアイドル系アニメの可愛いキャラを演じる機会が多く、恐らく本人の素の性格もそっち寄り。そのためか、非常に自然に演じている印象を持ちました。

といっても、冬美旬と西園寺レオは真逆といってもいいくらいのキャラ。この似て非なるキャラクターをしっかりと演じ分けている演技力は流石です。

SideM3rdライブでピアノの生演奏を披露

2018年に開催された『THE IDOLM@STER SideM 3rdLIVE TOUR 〜GLORIOUS ST@GE!〜』の仙台公演で、永塚拓馬さんはピアノによる弾き語りを披露しました。

冬美旬役が決まってからピアノを練習し始めたという永塚拓馬さん。この日が初披露ということで、観客にも永塚拓馬さんの緊張のほどが伝わった模様。指が震えるほど緊張していたようで、そのせいでミスタッチもありました。

しかし、演奏が始まると永塚拓馬さんのピアノの音色と歌声から、彼の気持ちが客席へと伝わったようで、泣き崩れる観客が多数出現。大変素晴らしいステージだったということです。

永塚拓馬のかわいい画像を大放出

ここからは永塚拓馬さんのかわいい&かっこいい画像を紹介していきます。思わずドキッとしてしまうかもしれませんよ~。

雑誌の表紙も飾れそうなくらいカッコイイ永塚拓馬さんの写真です。キマッてますね。

一瞬女の子かと勘違いしそうなくらいカワイイ永塚拓馬さんです。これだけ可愛ければ『アイマス』のライブで冬美 旬を演じてもバッチリ映えますね。

こちらはバレンタインデーでの永塚拓馬さん。チョコレート食べきれないほど貰ってそうですよね。

ニャンコポーズの永塚拓馬さんです。こういうファンサービスも忘れない所は流石。

こんな27歳男性おるかい!と思わずツッコミたくなるほどに、美しさと可愛さと艶っぽさが混在した永塚拓馬さんの表情です。

永塚拓馬は声もかわいい!歌が上手いかを検証

ではここで、永塚拓馬さんの歌唱力について見ていきましょう。

1分50秒くらいから冬美旬のソロ曲である『Genuine feelings』がお聞きいただけます。永塚拓馬さんはキャラ声を保ちつつ、エモーショナルに歌いあげていますね。これをライブで弾き語りされてしまったら、そりゃあ泣いてしまいますよ。

永塚拓馬の通っていた高校や大学はどこ?

永塚拓馬さんが通っていた高校ですが、残念ながら具体的な名前は明らかになっていません。しかし、永塚拓馬さんは演劇の強い高校に進学されています。神奈川県で演劇に力を入れている高校ですと「大船高校」や「新羽高校」あたりかもしれませんね。

永塚拓馬さんは高校卒業後、公務員になっているので大学には行っていないようです。

永塚拓馬に彼女はいるのか

永塚拓馬さんの彼女情報を調べてみましたが、情報はありませんでした。しかし、アイドル好きなので、もしかしたらアイドルのような可愛い彼女がいるかもしれません。

永塚拓馬のSNSを徹底調査!ブログ・Twitter・インスタグラムはやってる?

永塚拓馬さんはブログとtwitterをやっています。どちらもお仕事情報や舞台裏情報などを写真多めで紹介されていますので、ぜひチェックしてみてください。

twitterのフォロワー数は約4万です。これからもどんどん増えていきそうですね。ちなみにインスタはやっていないようです。

twitterはコチラ⇒永塚拓馬

ブログはコチラ⇒永塚の声

声優・永塚拓馬は貴重な若手アイドル声優だった

最近の声優は声や演技はもちろんですが、ビジュアルも重視されてきています。永塚拓馬さんは既に十分な歌唱力とルックスをお持ちです。ここに、今後付いてくるであろう演技力が加わればまさに鬼に金棒。今後の永塚拓馬に要注目ですよ!

以上、Find Anime編集部からのお届けでした。

〇関連記事

声優・松田健一郎の代表アニメ作品やBLCDをご紹介!

声優・綾瀬有はドジっ子?代表キャラから歌の上手さまで徹底紹介

声優になりたい。と思っても決断できない人へ

声優になれるならそれは誰だって声優なりたいですよね。でも家族に反対されるかもしれないし、お金もないですし、ましてや声に特徴がないetc...とたくさんの壁があると思います。これは皆さんが今テレビで見ているプロの声優さんも同じ悩みを抱えていたのです!

とはいえ独学で声優になるのもかなり難しいです。やはり養成所や専門学校に行っている方に比べると技術的に差が付いてしまいますし、圧倒的にオーディションや事務所所属へのチャンスが少ないです。独学で勉強して、現在声優として成功している人はほぼいません。

つまり、短期間で声優になるなら専門学校や養成所しかないのです!ただ養成所や専門学校を適当に選んではいけません!大事なのは2つです。

①しっかりと声優になれる環境が整っているか

②入学金や授業料を自分の力でどうにか出来るかです。

この2つを満たして、かつ多くの人が声優になっている実績のあるオススメの学校がアミューズメントメディア総合学院です。

多くの人がアミューズメントメディア総合学院から声優になっている

アミューズメントメディア総合学院は東京の恵比寿と大阪の西中島に校舎があります。大阪に関してはしっかりと専門学校として成り立っているので、就職活動で履歴書にも使えます。アミューズメントメディア総合学院は声優学科だけでなく、アニメ・ゲーム学科やキャラクターデザイン学科などもあります。

アミューズメントメディア総合学院の声優学科を卒業した声優さんで有名なのは、柿原徹也さん・朝日奈丸佳さん・伊藤かな恵さんなど他にもたくさんの方がいます。このように普段アニメで見るような声優さんが卒業している実績もあるのですが、驚きなのが声優学科に所属している10人中7人がプロの声優になっているということです。

アミューズメントメディア総合学院の公式によると、2018年の3月のデータではプロダクション所属率がなんと73.8パーセントです。さらに特待生や養成所なども入れると97.9%です!

なので全くの初心者の方でも、頑張り次第ではこの中に入れるということなんですね。皆さんが思っているよりも意外と難しいことではないのです。

素晴らしい環境が整っている

ただ前述したように、大事なのは声優になれる環境がしっかりと整っているかです。アミューズメントメディア総合学院では、本格的な音響機材が整っているのももちろんなのですが、「AMG STUDIO」というレコーディングスタジオが併設されています。プロの声優さんの現場と変わらない環境で勉強することができますし、インターンシップでプロの現場に立ち会える機会もあるのです!

これはなかなか養成所にはない環境なので非常に有利です。また授業以外で使える「開放教室」というのもあり、空いた教室で自主練習することも可能なのです!つまり皆さんが声優になるための環境がこれ以上ないくらいに整っているということです。

プロの声優さんが講師という最強の環境

2つめに環境という点で補足するなら、【アミューズメントメディア総合学院】ではプロの声優として活躍されている人が講師になります。アニメのタッチやハリーポッターの吹き替え映画やアンブリッジ先生役を務めた小宮和枝さんをはじめするガチのプロが授業をしてくれます。

なので、アミューズメントメディア総合学院で短期間で声優になれるというのはホントなのです!ただ全くの初心者で授業に付いていけないかも知れないと不安になりますよね。そんな方のために、基礎コースから勉強できるコースも整っています。これなら安心ですよね。

とにかくチャンスが多い

【アミューズメントメディア総合学院】は本気で声優を目指している方には絶対的に良い学校です。その理由の1つとして、オーディションが頻繫に行われていることです。これはアミューズメントメディア総合学院に通う大きなメリットだと思います。

青ニプロダクションやシグマセブン、81プロデュースなどの大手プロダクションへの所属が決まる「プロダクション所属学内オーディション」など全75社を超える団体からのチャンスがあります。合同オーディションではなく、1日1回、1社に集中してオーディションに参加できるので、とことん練習の成果を発揮することができるのです。

一番問題なのはお金の面ですよね?

とはいっても、やはり一番の問題はお金の面だと思います。入学したいのは山々だけどお金がないのはごもっともですし、いい事ばかり言うのも皆さんのためにはなりません。ぶっちゃけてしまうと、アミューズメントメディア総合学院の学費は決して安くありません。

■声優学科

入学金¥100,000
授業料¥870,000
施設設備日¥200,000
演習実習費¥80,000
初年度合計¥1,270,000

■声優学科(夜間部)

コース

基礎コース

研究コース

マスターコース

入学金

¥30,000

¥30,000

¥30,000

授業料

(レッスン回数週1回)

¥130,000(半年)

¥130,000(半年)

¥300,000(年間)

設備費

¥20,000(半年)

¥20,000(半年)

¥50,000(年間)

合計

¥180,000(半年)

¥180,000(半年)

¥380,000(年間)

アミューズメントメディア総合学院に普通に入学した場合、合計で127万円ほどかかります。しかし、マイナビの「高校生のための進学ガイド」によると、アニメ・声優・ゲーム関連の専門学校の初年度学費は128万4000円が平均と発表しています。つまり普通に専門学校に行くよりも少し安いのです

夜間コースでも週1回コースならそれなりに安いです!これを学生のバイトでどれだけ補えるかを計算してみます。「②入学金や授業料を自分の力でどうにか出来るか」の部分なのでとても重要なところですね。

時給1000円で1日5時間働いた場合、声優学科なら週4〜5回、声優専科のマスターコースなら週1〜2回働けば、1年間で1年分の学費を稼げる計算になります。週5回のバイトは大変そうに思えますが、あくまでも時給1000円の場合なので、この他に副収入があったり、時給がこれより高ければもっと減るでしょう。

お金の不安はこれで解消できる!

実は【アミューズメントメディア総合学院】では低金利で学費をローン払いできる制度もありますし、「新聞奨学生制度」という制度も整っています。これは新聞配達のバイトをすれば返済不要の奨学金の給付や生活の補助を受けられる制度のことです。


お金に余裕がない人にでもとことん手厚いサポートしてくれるので安心です。

まずはオープンキャンパスや無料の資料請求から始めてみよう

声優になるにしてもいきなりの入学は無理ですし、私も皆さんにとって最適な学校を選んで欲しいと思っています。学生の方は家族と相談する必要もありますよね。なのでまずは無料の資料請求をしてじっくりと目を通して、自分が入学する時のイメージを膨らませてみるところから始めてはいかがでしょうか。アミューズメントメディア総合学院は無料の説明会やオープンキャンパスもやっているので、直接足を運んでみるのも良いと思います。

まずは情報を集めるところから声優の道に一歩進んでみましょう!

すぐにわかる資料請求はこちら⇒夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院



関連キーワード
声優の関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Find anime編集長オススメ記事はこちら