宮下早紀
出典:Amazon
スポンサーリンク

はるかなレシーブで、メインキャラクターの比嘉かなた役を勝ち取った宮下早紀さん。少女役を中心に演じており、これから注目の声優さんです。この記事では、声優・宮下早紀さんの代表アニメ作品、エピソードや歌の実力についてなどをご紹介します。

声優・宮下早紀のプロフィールを紹介

■基本情報

名前宮下早紀(みやした さき)
生年月日12月4日
出身地奈良県
所属事務所シグマ・セブンe

声優、宮下早紀さんは「第6回 シグマ・セブン声優オーディション2015」に合格、シグマ・セブンeの所属となり、2016年に声優デビューしました。奈良県出身で、年齢は公開していません。

2016年デビューであることと、容姿から推察すると20代だと思います。趣味はギターとゲームや絵を描くことで、特技は羊毛フェルト、書道2段の資格を持っています。ファンからは「さっきょん」の愛称で呼ばれています。

宮下早紀の代表アニメ作品を紹介

ここでは宮下早紀さんの代表アニメ作品を3つご紹介します。名前のない役から始まり、はるかなレシーブの比嘉かなた役で、初のメインキャラクターを担当しました。10月から放送の放課後さいころ倶楽部では主人公の武笠美姫役に抜擢されるなど、今後さらなる活躍が期待されます。

宮下早紀の代表アニメ①はるかなレシーブ

『はるかなレシーブ』は2018年7月に放送されたテレビアニメ。如意自在さんの漫画が原作です。「大空遥」は東京から沖縄へと引越してきて、従姉妹の「比嘉かなた」の家に同居します。長身でおおらかな性格の遥と小柄なために、一度はビーチバレーを挫折したかなたの「はるかな」ペアを中心に、ビーチバレーにかける少女たちの姿を描いています。

宮下早紀さんが演じるのは比嘉かなた。小柄で、引っ込み思案な女の子。母親の勧めもあり、小学4年生でビーチバレーをはじめ、当初は長身を武器にしていました。ですが、その後身長が伸びず、プレイスタイルを変えられないまま、挫折してしまいます。遥とビーチバレーをするようになってからは、過去のスタイルを捨てて、トリック系のショットを多用し、執拗なレシーブで体力勝負に持ち込むプレイスタイルになりました。余談ですが、身長151cmで、宮下早紀さんも同じ身長だそうです。

宮下早紀の代表アニメ②ひとりぼっちの○○生活

『ひとりぼっちの○○生活』は2019年4月に放送されたテレビアニメで、カツヲさんの4コマ漫画が原作です。「一里ぼっち」は、中学でクラス全員と友達にならないと絶交するという約束を、幼馴染の「八原かい」としてしまいます。人見知りのぼっちは、苦労しながらも、近くのクラスメイトから徐々に友達を増やしていきます。

宮下早紀さんが演じるのは「小篠咲真世(おじょうさまよ)」。ぼっちと同じクラスの社長令嬢で、ぼっちの6人目の友達です。育ちの良いお嬢様で物腰が柔らかく、お節介焼き。学校を500円で買えると思っているなど、世間知らずな一面もあります。仕事で両親が家にいないことが多く、寂しさから周囲の人の世話を焼いていました。ぼっちと友人になったのをきっかけに、両親との関係も改善しました。

宮下早紀の代表アニメ③放課後さいころ倶楽部

『放課後さいころ倶楽部』は2019年10月放送予定のテレビアニメで、中道裕大さんの漫画が原作です。舞台は京都のとある高校。人付き合いが苦手で引っ込み思案な「武笠美姫」にとっては一人でいることが日常でした。そんな美姫が、アナログゲームで遊ぶグループ『放課後さいころ倶楽部』に所属し、ゲームを通じて友情を深め、成長していく姿を描いています。

宮下早紀さんが演じるのは主人公の武笠美姫。人付き合いが苦手で、大人しく引っ込み思案な少女。夢中になれるものがなく退屈な日々を過ごしていましたが、「大野翠」に教わったボードゲームに楽しさを見出します。泣き虫で気弱な性格ですが、ボードゲームでは負けず嫌いな一面も見せます。幼いころから物語を作る遊びをしていたため、ストーリーやイメージを言語化することに長けている反面、絵を描いたりすることは苦手としています。

演技力は大人しい少女役がピッタリ

宮下早紀さんは若さのある声をしており、少女役がよく似合います。特に大人しかったり、内気な少女役を多く演じています。また、『PERSONA5 the Animation』では杏のモデル仲間で、裏表のあるキャラを演じたりもしています。はるかなレシーブ、放課後さいころ倶楽部でメインキャラクターを務めた宮下早紀さん、これからいろんな役を演じ、演技の幅を広げていくのではないでしょうか。

宮下早紀について、気になる噂やエピソードを調査

「さっきょん」の愛称で親しまれている宮下早紀さん。この愛称は人生初のあだ名であり、楠木ともりさんが命名しました。『楠木ともりのきららファンタジアラジオ』に宮下早紀さんがゲスト出演した際に、「下の名前を使ったあだ名が欲しい」というリクエストをしました。

そして、楠木ともりさんがインスピレーションでつけたのが「さっきょん」でした。このほかにも、宮下早紀に関するエピソードがあるので、ご紹介します。

宮下早紀は比嘉かなたに似てる?

宮下早紀さんは、はるかなレシーブで比嘉かなたを演じていますが、似ている部分があるとインタビューで以下のように話しています。

かなたが遥ちゃんと初めて会ったときと同じように、私も初めて優木さんとお会いしたときは、あまりお話が出来なくって。

引用:夏だ!水着だ!ビーチバレーだ!「すでに一生忘れられない作品になっています」─TVアニメ『はるかなレシーブ』主演・優木かな&宮下早紀インタビュー | 【es】エンタメステーション

宮下早紀さんも人見知りをするタイプのようですね。宮下早紀さんは芯の強い人で、そんなところも比嘉かなたに似ていると、優木かなさんは話しています。ちなみに、優木かなさんはグイグイと来るタイプで、そんなところもはるかなコンビに似ているそうです。

京都弁のアドバイスは母親から

宮下早紀さんが放課後さいころ倶楽部で演じる武笠美姫は、京都に住み、京都弁を話します。その京都弁について、母親からアドバイスを受けたことをイベントで話しています。

そのときに母から『京都弁はフラットな優しい響きを意識してみるといいんじゃない』と言われて、アフレコに臨みました

引用:【イベントレポート】「放課後さいころ倶楽部」富田美憂はボドゲが苦手?Twitterでファンからも心配 - コミックナタリー

宮下早紀さん自身、奈良県出身で関西弁を話せますが、京都弁はそれとは全然違うことに気づいたそうです。母親から受けたアドバイスに従いながらアフレコに挑みましたが、結構慣習の方から指摘を受けてしまったそうです。どこまで本格的な京都弁が話せるようになったかは、放課後さいころ倶楽部のアニメをチェックしてみましょう。

お気に入りのゲームはドブル

放課後さいころ倶楽部では、多くのアナログゲームが登場します。宮下早紀さんがお気に入りのゲームについて、以下のように話しています。

「ドブル」が面白かったです。アフレコ現場にはいつもボードゲームが置いてあるので、作中で絡みの少ないキャストの方たちとも一緒にゲームができてうれしいです。

引用:TVアニメ『放課後さいころ倶楽部』宮下早紀、高野麻里佳、富田美憂ら登壇の先行上映会オフィシャルレポートが到着 | エンタメウィーク

ドブルは2009年にフランスで発売されたパーティーゲーム。様々な絵柄が描かれたカードの2枚を見比べて、同じ絵柄を宣言し、カードを集めたり押し付けたりするゲームです。宮下早紀さんらは、作中に登場した「マラケシュ」や「ごきぶりポーカー」なども、実際に遊んだりしているようです。

宮下早紀のかわいい画像を大放出

ここまでは、宮下早紀さんの代表アニメ作品やエピソードについてご紹介してきました。少女役が似合う宮下早紀さんは、見た目もかわいいです。そんな宮下早紀さんの画像を集めてみました。

放課後さいころ倶楽部のメインキャストの高野麻里佳さん、富田美憂さんとのオフショット。バルト9でとのことなので、放課後さいころ倶楽部の先行上映会でのことでしょうか。

こちらも放課後さいころ倶楽部の先行上映会のオフィシャルショット。先行上映も盛り上がったようで、本放送が楽しみですね。

先ほどのエピソードの項でご紹介した「さっきょん」のニックネームが命名された『楠木ともりのきららファンタジアラジオ』での写真。放送内容も楽しいものになったようです。

はるかなレシーブの『祝・海の日 スペシャルイベント in AKIHABARAゲーマーズ本店』終了後の写真。宮下早紀さんにとって、初めてのお渡し会。最初の相手は優木かなさんでした。

この投稿をInstagramで見る

 

竹尾歩美さん(@ayumitakeo_4719)がシェアした投稿 -

同じ事務所の先輩、竹尾歩美さんとのプライベートショット。Twitterなどをやっていないので、非常に貴重な一枚です。宮下早紀さんはお魚が好きなのだそうです。

宮下早紀の歌が上手いかを検証

宮下早紀さんは、はるかなレシーブで演じた比嘉かなたのキャラクターソングなどで、歌声を披露しています。ここでは実際の動画をご紹介しつつ、歌の実力を検証していきます。

はるかなレシーブのOP「FLY two BLUE」の比嘉かなたソロバージョンです。比嘉かなたのキャラクターイメージを残しつつ、宮下早紀さんは、見た目もかわいいです。声の伸びもよく、透明感のある声をしています。

宮下早紀の通っていた高校や大学はどこ?

宮下早紀さんの通っていた高校や大学に関する情報は公開していないようです。中学生のときは家庭科クラブに所属。一般的な料理や裁縫をしたりするものではなく、家庭科室に常備されているカルピスを、部員で飲みながら談笑するのが主な活動だったそうです。

高校生のときはどんな部活に入り、どういった生活をしていたのか、気になりますね。

宮下早紀に彼氏はいるのか

宮下早紀さんの恋人や好きなタイプに関する情報は見つかりませんでした。メインキャラクターを務めることも出てきて、今は声優業のほうに注力しているのかもしれませんね。まだ若いですし、今後恋人ができる可能性は十分にあると思います。

宮下早紀のSNSを徹底調査!Twitterやインスタグラムはやってる?

宮下早紀さんはTwitterやインスタグラム、ブログなどはやっていません。やや人見知りなところもあるようですし、情報発信をするツールは少しハードルが高いのかもしれません。なにかひとつでもやって、宮下早紀さんの近況や考えていることなどを知ることができたら、ファンの方は嬉しいですね。

声優・宮下早紀は今後の活躍が期待できる声優だった

ここまで宮下早紀さんについてご紹介してきました。大人しい、内気な少女役が似合う声優さんでした。はるかなレシーブの比嘉かなた役や、放課後さいころ倶楽部の武笠美姫役など、メインキャラクターを担当し、今後の活躍が期待されます。これから、多くのアニメで宮下早紀さんの声を聞く機会がありそうです。

以上、Find Anime編集部からのお届けでした。

◯関連記事
声優・天城サリー の全て(代表アニメ・歌の上手さ・プライベート)
声優・乃村健次の全て (代表アニメ・歌の上手さ・プライベート)

短期間で声優になる方法はたったのこれだけだった

声優になれるならそれは誰だって声優なりたいですよね。でも家族に反対されるかもしれないし、お金もないですし、ましてや声に特徴がないetc...とたくさんの壁があると思います。これは皆さんが今テレビで見ているプロの声優さんも同じ悩みを抱えていたのです!

とはいえ独学で声優になるのもかなり難しいです。やはり養成所や専門学校に行っている方に比べると技術的に差が付いてしまいますし、圧倒的にオーディションや事務所所属へのチャンスが少ないです。独学で勉強して、現在声優として成功している人はほぼいません。

つまり、短期間で声優になるなら専門学校や養成所しかないのです!ただ養成所や専門学校を適当に選んではいけません!大事なのは2つです。

①しっかりと声優になれる環境が整っているか。

②入学金や授業料を自分の力でどうにか出来るかです。

この2つを満たして、かつ多くの人が声優になっている実績のあるオススメの学校が【アミューズメントメディア総合学院】です。

多くの人がアミューズメントメディア総合学院から声優になっている

アミューズメントメディア総合学院は東京の恵比寿と大阪の西中島に校舎があります。大阪に関してはしっかりと専門学校として成り立っているので、就職活動で履歴書にも使えます。アミューズメントメディア総合学院は声優学科だけでなく、アニメ・ゲーム学科やキャラクターデザイン学科などもあります。

アミューズメントメディア総合学院の声優学科を卒業した声優さんで有名なのは、柿原徹也さん・朝日奈丸佳さん・伊藤かな恵さんなど他にもたくさんの方がいます。このように普段アニメで見るような声優さんが卒業している実績もあるのですが、驚きなのが声優学科に所属している10人中7人がプロの声優になっているということです。

アミューズメントメディア総合学院の公式によると、2018年の3月のデータではプロダクション所属率がなんと73.8パーセントです。さらに特待生や養成所なども入れると97.9%です!

なので全くの初心者の方でも、頑張り次第ではこの中に入れるということなんですね。皆さんが思っているよりも意外と難しいことではないのです。

素晴らしい環境が整っている

ただ前述したように、大事なのは声優になれる環境がしっかりと整っているかですアミューズメントメディア総合学院では、本格的な音響機材が整っているのももちろんなのですが、「AMG STUDIO」というレコーディングスタジオが併設されています。プロの声優さんの現場と変わらない環境で勉強することができますし、インターンシップでプロの現場に立ち会える機会もあるのです!

これはなかなか養成所にはない環境なので非常に有利です。また授業以外で使える「開放教室」というのもあり、空いた教室で自主練習することも可能なのです!つまり皆さんが声優になるための環境がこれ以上ないくらいに整っているということです。


プロの声優さんが講師という最強の環境

2つめに環境という点で補足するなら、【アミューズメントメディア総合学院】ではプロの声優として活躍されている人が講師になります。アニメのタッチやハリーポッターの吹き替え映画やアンブリッジ先生役を務めた小宮和枝さんをはじめするガチのプロが授業をしてくれます。

なので、アミューズメントメディア総合学院で短期間で声優になれるというのはホントなのです!ただ全くの初心者で授業に付いていけないかも知れないと不安になりますよね。そんな方のために、基礎コースから勉強できるコースも整っています。これなら安心ですよね。

とにかくチャンスが多い

【アミューズメントメディア総合学院】は本気で声優を目指している方には絶対的に良い学校です。その理由の1つとして、オーディションが頻繫に行われていることです。これはアミューズメントメディア総合学院に通う大きなメリットだと思います。

青ニプロダクションやシグマセブン、81プロデュースなどの大手プロダクションへの所属が決まる「プロダクション所属学内オーディション」など全75社を超える団体からのチャンスがあります。合同オーディションではなく、1日1回、1社に集中してオーディションに参加できるので、とことん練習の成果を発揮することができるのです。

一番問題なのはお金の面ですよね?

とはいっても、やはり一番の問題はお金の面だと思います。入学したいのは山々だけどお金がないのはごもっともですし、いい事ばかり言うのも皆さんのためにはなりません。ぶっちゃけてしまうと、アミューズメントメディア総合学院の学費は決して安くありません。

■声優学科

入学金¥100,000
授業料¥870,000
施設設備日¥200,000
演習実習費¥80,000
初年度合計¥1,270,000

■声優学科(夜間部)

コース

基礎コース

研究コース

マスターコース

入学金

¥30,000

¥30,000

¥30,000

授業料

(レッスン回数週1回)

¥130,000(半年)

¥130,000(半年)

¥300,000(年間)

設備費

¥20,000(半年)

¥20,000(半年)

¥50,000(年間)

合計

¥180,000(半年)

¥180,000(半年)

¥380,000(年間)

アミューズメントメディア総合学院に普通に入学した場合、合計で127万円ほどかかります。しかし、マイナビの「高校生のための進学ガイド」によると、アニメ・声優・ゲーム関連の専門学校の初年度学費は128万4000円が平均と発表しています。つまり普通に専門学校に行くよりも少し安いのです。

夜間コースでも週1回コースならそれなりに安いです!これを学生のバイトでどれだけ補えるかを計算してみます。「②入学金や授業料を自分の力でどうにか出来るか」の部分なのでとても重要なところですね。

時給1000円で1日5時間働いた場合、声優学科なら週4〜5回、声優専科のマスターコースなら週1〜2回働けば、1年間で1年分の学費を稼げる計算になります。週5回のバイトは大変そうに思えますが、あくまでも時給1000円の場合なので、この他に副収入があったり、時給がこれより高ければもっと減るでしょう。

お金の不安はこれで解消できる!

実は【アミューズメントメディア総合学院】では低金利で学費をローン払いできる制度もありますし、「新聞奨学生制度」という制度も整っています。これは新聞配達のバイトをすれば返済不要の奨学金の給付や生活の補助を受けられる制度のことです。



お金に余裕がない人にでもとことん手厚いサポートしてくれるので安心です。

まずはオープンキャンパスや無料の資料請求から始めてみよう

声優になるにしてもいきなりの入学は無理ですし、私も皆さんにとって最適な学校を選んで欲しいと思っています。学生の方は家族と相談する必要もありますよね。なのでまずは無料の資料請求をしてじっくりと目を通して、自分が入学する時のイメージを膨らませてみるところから始めてはいかがでしょうか。アミューズメントメディア総合学院は無料の説明会やオープンキャンパスもやっているので、直接足を運んでみるのも良いと思います。

まずは情報を集めるところから声優の道に一歩進んでみましょう!

資料請求はこちら⇒夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院



関連キーワード
声優の関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Find anime編集長オススメ記事はこちら