出典:Amazon

最近ではBLCD出身の声優さん(若い頃にBLCDに多数出演していた声優さん)のアニメ界での人気が急上昇していて、昔の作品だったとしても廃れることのないジャンルでもあります。今回はアニメ界などでも人気の声優さんで、BLCDの受け役の中でも特に人気の高い“阿部敦”さんをピックアップして、ぜひご紹介したいと思います!

そもそもBLCDってなに?

A post shared by naovoice (@naovoices) on

そもそもBLCDというのは、ボーイズラブのドラマCDのことを指します。大半のBLCDは過激な物が多く、男性同士の濡れ場シーンなどの描写は必ずあります。それも男性声優同士が演じているので、腐女子の心をわしづかみにしています。現在皆さんの知るような人気な声優さんたちもBL声優を経験しています。つまりBLCDは若手声優が避けて通れない道になっています。

ただ声優として名前が売れてくると多くの声優さんがBL声優として出演することはなくなります。BLCDでは常に息を吐き続けなくてはならないので、精神的にも肉体的にも非常に体力がいるようです。

阿部敦さんってどんな人?BLCDにおけるどんな存在?

A post shared by ピーナッツ (@83orenge) on

まずは声優の阿部敦さんですが、生年月日は1981年3月25日生まれ(2018年9月時点で37歳)です。ファンの間からは「あべし」と呼ばれ、少年のようなショタコンボイスとして女性から大人気です。代表アニメ作品には「とある魔術の禁書目録」の上条当麻役や「バクマン」の最高森高役などがあります。

学生のころから声優を目指しており、現在は賢アカデミーに所属しています。趣味はピアノを演奏することのようで、ファンの間からもかなりの腕前だと評判になっています。声優としての仕事だけでなく、公演なども行っています。また声優の友達も多く、特に岡本信彦さんや代永翼さんと親交が深いと知られています。

阿部敦がBL声優のトップと言われている理由

A post shared by のほほーん (@nohohon820) on

永遠の少年ボイスを持つ声優さんには、梶裕貴さんや下野紘さんらがいらっしゃいますが、その声優陣の中に阿部敦さんもいらっしゃいます。少年の中でも、どちらかというと素朴で落ち着きがある、少し天然っぽい少年の声をしている印象を受けます。

阿部敦さんが演じるキャラクターが活躍する場面では、「推しキャラじゃなかったのに、いつの間にか必死に応援していた!」と言う方もいるほどの、純粋にまっすぐ頑張る役が似合い、応援したくなるような声なんです。

少年ボイスを活かした役以外ももちろんしていらっしゃいますが、多くの役では歳がいっていてもせいぜい20歳代くらいの男性を演じています。

誰もが思い描く理想の好青年のような、若く優しい男性の役がぴったりな声をお持ちなんですね。阿部敦さんが、純粋さがひしひしと伝わる少年ボイスや、包容力ある落ち着いた好青年ボイスでささやくたびに、彼の信者は日本中・世界中に増え続けます!

そんな彼の声は、BLCD界でもかなりアツイ支持を得ています。

阿部敦のBL声優としての魅力はここだ

BLCDでの主要キャラクターは、基本的には受け(男性同士での交際において女性的な役割を果たす側)と攻め(受けの反対で、男性同士での交際において男性的な役割を果たす側)にわかれますが、声が可愛らしい阿部敦さんは受け役の声優さんとしての活躍がかなり多いです。

その可愛らしい声で何人の攻めのハートをずっきゅんどっきゅんと射抜いてきたか・・・!

そしてその声を聞いている側の胸のドキドキも止まらなくなるほど、超絶可愛く素敵な声なんです。聴いたことがある方はわかっていただけると思いますが、ただ女の子のような可愛い声というわけではなく、可愛い声の中にも男の子らしさが寄り添っているような、絶妙に素敵な声ですよね。

阿部敦さんの声の素敵さはBLCD界だけにとどまらず、多くのアニメ・ゲームにも起用されるほどのもので、近年さらにその人気が高まっています。

それなのに、多くのBLCDにもずっと出演し続けている声優さんということもあり、腐女子・貴腐人にとっては神様のような存在ですよね。

(一部声優さんの中には、年を重ねたりアニメの出演回数が増えることでBLCDの出演が減ってしまう方もいるのです・・・。)

そのようなこともあり、彼の人気は衰えることなく声優の方々の中でも常に上位にあります。

大人気BL声優の阿部敦はアニメ、ゲーム共に引っ張りだこ

最近ではアニメ、ゲームにでるだけでなく、ストーリーにおける超主要キャラの声にも抜擢される声優さんとしても人気です。

特に有名な出演作品・役名としては、

・“だがしかし”鹿田ココノツ役

・“IDOLiSH7”逢坂壮五役

などがあります。

だがしかしでは、田舎の少年の純朴さがありながら、ささやかなちょっぴり大人な願いを持つ少年を見事に演じ切りました!阿部敦さんのスゴイところは、漫画という原作があるにもかかわらず、全く違和感を抱かせない声で演じていらっしゃったことです。

漫画や小説は読者がアニメ化・CD化の前に勝手に思い描いていた声があるため、がっかりされることも少なくないのですが、個人的にはココノツくんを完璧に演じていらっしゃったように思います。

ココノツの天然さと恥じらう姿にキュンと来た方は決して少なくはないはずです!

そうかと思えば、IDOLiSH7では他のメンバーとの間を率先して取り持とうとする真面目なお兄さんの役もぴったりで・・・!IDOLiSH7はゲームが原作のアニメで、ゲーム内の声優もつとめていらっしゃいました。

逢坂壮五さんの人柄だけでなく、阿部敦さんの声の魅力もあって、ファンの方がよく開催しているキャラランキングでは逢坂壮五さんは1位であることがとても多いです。四葉環くんとのやり取りではお母さんのような包容力が声からもプンプン伝わってきて、本当に癒されますよね。

他にも様々な役柄をこなす本物の天才声優さんだと、聴くたびに感動してしまいます!

「いつもはあんなに可愛らしい声なのに、今回の役ではこんなに真面目な大人みたいに頑張っている・・・!」とギャップにもときめくという楽しみ方もありますよ。

BLCDのトップ阿部敦はこれからの活躍にも期待

A post shared by ゆーか (@yuuka_shimono0421) on

BL声優さんとしての活動も続けながら、アニメ界やゲーム界でも大活躍の阿部敦さん。最近のBLCDの作品としては、“たどるゆび”で興津和幸さんらと出演していらっしゃいます。興津和幸さんといえば、BLアワードの声優部門で何度も上位にランクインしている奇跡の神ボイスをお持ちの声優さんです!

アニメにおいては、先程ご紹介したIDOLiSH7の2期の放送があることが決定していますし、とても楽しみです!もし、まだゲームをダウンロードしていない方はダウンロード&プレイ、アニメの1期を観ていない方は今すぐ販売店に行って購入&一気見ですよ!

たくさんのCD、アニメ、ゲームに出演されていますので、ぜひ過去作品からこれからの作品にいたるまでチェックしてくださいね!

※BLCDの中には、年齢制限があるものも多くあります。年齢制限にかかってしまう方は大人になるまではアニメやゲームを中心に楽しんでいただき、BLCDはいつかの楽しみとして、大切にとっておいてくださいね!

BL声優の仕事は大変

阿部敦さんがBL声優としてトップになっている理由の1つとして、嫌がることなくBLCDに出演してきたことではないかと思います。多くの後輩声優さんが尊敬するのも納得です!これからは若手のBL声優さんを育成してくれることにも期待です。

以上、Find Anime編集部からのお届けでした。

◯関連記事
声優界最強のアニヲタ?イケメン声優の島崎信長を大解剖【保存版】(デビューきっかけ・年収・結婚相手・仲の良い声優など)
声優の水瀬いのりが本当に歌が上手いかを徹底的に検証してみた

編集後記プロの声優になるには?



声優になりたいけど、そもそも自分の声に魅力がないと思っている人は多いのではないでしょうか。大学や専門学校にも行ってるし、いきなり仕事を辞めるわけにもいかないですよね。かといってお金がないし、親にや友人にもなかなか相談しにくいですもんね。

周りに相談してもやめておけと言われるには分かっていますし、からかわれの嫌ですよね。でも、プロになって憧れの声優とアニメに出演したい気持ちは強いと思いますし、声優になるにはプロの講師からやっぱりスキルや技術をしっかりと勉強したいですよね。
 
そこでオススメなのが、【アミューズメントメディア総合学院】です。羽多野渉さんも卒業していますし、通勤や通学をしながら通うことができます。また、遠方に住んでいる人や経済的に余裕がない人に対しての入学金免除などのシステムも充実しています。定期的に無料で相談説明会も行われています。

アミューズメントメディアなら声優学科というコースがあり、自分のレベルに合わせて授業を受けることができるので、周りに置いていかれたり、授業についていけないということもほとんどありません。

実際に通っている人の中では会社員の方や学生の方もおり、その方の為にも夜間コースも整えられています。また、アミューズメントメディアでは毎日1回オーディションが行われており、声優事務所率が70%を超え、本気で声優になりたい人なら確実に自分のスキルを磨くことができます。

忙しく説明会に参加できなくても、無料でパンフレット資料を送ってもらえるのでぜひ、アミューズメントメディアでプロを目指しましょう。

無料のパンフレット資料はこちらから

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Find anime編集長オススメ記事はこちら