声優「岩田光央」のデビュー前から現在まで!代表アニメ作品も徹底紹介
出典:Amazon

岩田光央さんは小学生のころに劇団に入り、芸能界の在籍期間は40年を超えるベテランです。声優としての活動だと『AKIRA』の金田正太郎役が最も有名でしょう。この記事では声優以外にも、歌や書籍の出版などマルチに活躍する岩田光央さんの、トピックやプライベートを感じられる写真、代表アニメ作品などをご紹介します。

声優「岩田光央」のプロフィール

生年月日1967年7月31日
出身埼玉県所沢市
出演アニメ本数約135本
受賞歴2013年 第7回声優アワードパーソナリティ賞
現在現役

岩田光央さんは、小学5年生のときに劇団こまどりに入団し、大沢事務所、アクロスエンタテインメントを経て、現在所属している青二プロダクションの声優として活躍しています。岩田光央さんの年齢は53歳で、芸歴は40年以上です。

真面目な役からギャグキャラまで、幅広い演技ができ、特にアドリブには定評があります。「最大の敵は岩田光央のアドリブ」と共演者からは言われることも。

愛称は兄貴、みっちゃん。兄貴の愛称は、『ぼくのマリー』でマリの兄であるひろし役を、『超兄貴ショー』でイダテンのアニキ役を演じたことが由来しています。趣味は寺社仏閣巡り、中国茶や日本茶などを挙げており、特技はスキーだそうです。1992年に声優の愛河里花子さんと結婚、2006年には長男が誕生しています。

スポンサーリンク

声優「岩田光央」の重要トピック5選|

今ではベテラン声優の岩田光央さん。50歳を超えた現在も多くの作品に出演しています。そんな岩田光央さんの芸能界入りは、なんと小学生のときでした。岩田光央さんが芸能界に足を踏み入れたきっかけから、歌手デビューに書籍出版など、現在に至るまでの経歴をご紹介します。

1976年「きっかけは教育映画の出演」

小学生のときから芸能の世界に足を踏み入れている岩田光央さん。そのきっかけは教育映画『あすも夕やけ』に出演したことだったそうです。

僕は埼玉県所沢市出身なんですが、小学4年のときに「よい映画を見る会」という団体が企画した、埼玉県在住の小学生をメインキャストにした教育映画『あすも夕やけ』という作品に出ることになったんです。

(中略)

『あすも夕やけ』には小学生が十数人出演していたんですが、その中に劇団こまどりに所属していた熊谷誠二くんという男の子がいたんです。僕がロケの間中、熊谷くんに「面白いね、面白いね」と言っていたら、「じゃあ、うちの劇団に来れば?」と勧められました。

引用:【声優道】岩田光央さん「表現者に必要な二つの柱」 – seigura.com

このことがきっかけで劇団に通いたいと思い、両親に訴え続けて「レッスンや仕事に親はついていかない」という条件付きで、劇団入りの許可を得ます。インタビューでは「劇団こまどりに入団した日が小学5年の5月14日」と話していて、岩田光央さんにとって記憶に残る非常に大事な日だったようです。

1984年「職業として役者を意識する」

劇団こまどりに入団し、『こおろぎ橋』や『1年B組新八先生』などドラマ出演もしていった岩田光央さん。役者を職業として意識したのは高校3年生のときだったと話しています。

職業としての役者を意識したのは高校3年のときですね。許されるのであれば役者を続けたいと思ったんですが、当時自分でも役者で食べていくことは相当難しいことだとはわかっていました。それで、役者を続けていくために手に職をつけようと、東洋美術学校に進学したんです。

(中略)

東洋美術学校ではグラフィックデザインを学んで、デザイン事務所に就職しました。デザイナーの仕事は25歳くらいまで続けていましたが、何とか役者のほうだけで食べていけるという手応えがあったので、表現の道一本に絞ったんです。

引用:【声優道】岩田光央さん「表現者に必要な二つの柱」 – seigura.com

今では声優として大活躍していますが、芸能の道1本ではなかったようです。役者でやっていくのは難しい可能性を考えて、デザインの方面にも進んでいるあたり、現実を見て、将来をしっかりと考えられる高校生だったのだと思います。

岩田光央さんの最終学歴は、東洋美術学校造形科グラフィックデザイン中退となっており、在学している途中で役者1本に絞ったようです。

1988年「転機になった作品AKIRA」

岩田光央さんが演じたキャラクターと言ったら『AKIRA』の金田正太郎を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。そんな代表作とも言えるAKIRAは岩田光央さんにとっても、転機となった作品だったようです。

僕の転機になった役といえば、やはり『AKIRA』の金田役でしょうね。良くも悪くも、顔出しの俳優から声優にシフトするきっかけを作ってくれた作品だと思います。僕が所属していたのは劇団こまどりでは、「アニメの大ヒット作に出演したから、今後はアニメの仕事を増やしていこう」というような営業を行っていなかったんです。

引用:【声優道】岩田光央さん「表現者に必要な二つの柱」 – ページ 2 – seigura.com

大ヒット作品の主役を演じ、声優としての名前を上げたものの、所属していた劇団こまどりの営業方針から、声優に力を入れるということはしてもらえなかったとのこと。今では演じる仕事は声優のみの岩田光央ですが、顔出しのドラマに出たくないわけではなく、ドラマの仕事に縁がなくなったというのが、最大の理由と話しています。

1995年「CDデビュー」

岩田光央さんは自身の名義で、1995年7月21日に「恋をするなら」でCDデビュー。2020年11月現時点でシングル10作品、アルバム6作品をリリースしています。

これは2013年7月31日に発売された「グラスホッパー」のPV。元気になれる曲調の歌ですね。声を仕事にしているのと、何枚もCDをリリースしているだけあって、安定した歌声をしています

11月と12月にはワンマンライブが予定されています。最大限の新型コロナウイルス対策をした上で開催するとのこと。今回のライブはストリーミング配信チケットもあるので、遠方の方は配信で楽しんでみてはいかがでしょうか。

2017年「声優道を出版」

岩田光央さんは、2017年2月8日に中央公論社から『声優道〜死ぬまで声で食う極意〜』を出版しました。朗読劇ユニットのカナタで一緒に活動をしている「いしいのりえ」さんと、話をしていたことが出版のきっかけになったそうです。

若い子たちの中で“声優という職業をめざす”ということに対する認識の甘さが目立って……。それで「こういうことがあってね」と一緒に朗読劇ユニット・カナタとして活動させてもらっている(作家の)いしいのりえさんに話していたところ、「岩田さん、それを本にしてみない? 企画書作っていいかな?」という答えが返ってきまして。そのときは本当に書籍になるとは思っていなくて「いいですよ~」と軽く返してみたわけですが、そうしたら中央公論新社さんが興味を示してくださって、こういったありがたいことになってしまったわけですが。

引用:若者達と触れ合い、感じ、伝えたいことー岩田光央『声優道』出版記念インタビュー①|Nizista (ニジ★スタ) - オタクカルチャー専門WEBマガジン

いしいのりえさんはアイデア出しから、ライティングまで関わってくれ、出版に大きく貢献しています。きっかけとなったように、声優道のターゲットは声優に興味がある高校生や、声優養成所や専門学校に通っている人などです。また、声優道で伝えたいこととして以下のように話しています。

僕らが業界の事を言える立場では無いので、業界の構造に関しては何も言えませんが、では、せめて声優という立場での、お金に関して伝えられることは正しく伝えていくべきなんだろうと思います。そしてそれが本を出版する上での根底にあるんですね。

引用:若者達と触れ合い、感じ、伝えたいことー岩田光央『声優道』出版記念インタビュー① (2/2)|Nizista (ニジ★スタ) - オタクカルチャー専門WEBマガジン

また、他のインタビューでは以下のようにも答えています。

一番わかってほしかったのは、ちょうどいまお話した「職業=声優」という部分です。卑下して低く伝えたくないし、変に夢物語として伝えたくもありませんでした。事実としての状態を伝えるべきだなと思って、一番気をつけて書きました。

引用:『声優道』とはなにか? 岩田光央さんが語る出版した理由 | アニメイトタイムズ

声優道では、声優のお給料についても赤裸々につづっています。そこには上記のような思いが込められているのですね。

声優「岩田光央」のプライベート生活は?SNS画像・動画を紹介

声優として長いキャリアのある岩田光央さん。TwitterとInstagramともに2018年7月からやっています。ここでは岩田光央さんの仕事の舞台裏やプライベートが見れるような、本人投稿の写真や動画をご紹介します。

先ほど声優道のところで少し出てきましたが、朗読劇ユニット・カナタでの稽古写真。『あぶな絵、あぶり声~滴~』のものということで、2010年の岩田光央さんです。カナタはこれが初公演で、現在も活動を続けています。

岩田光央さんと鈴村健一さんがパーソナリティを務めるラジオ番『岩田光央・鈴村健一 スウィートイグニッション』の仲間と、沖縄に行ったときの写真。すごく楽しそうな雰囲気が伝わってきます。スウィートイグニッションは2003年4月5日より放送開始し、現在もラジオ大阪で放送中。ニコニコ生放送や超!A&G+などでの配信もしているので、気になる方はチェックしてみてください。

2019年12月1日に開催されたAct Against AIDS 2019「アニソン AAA Vol.8 ~JAM Projectとゆかいな仲間たち~」での写真です。岩田光央さんが扮するのは、『ポプテピピック』のポプ子とロックバンド、クイーンのボーカリストであるフレディ・マーキュリー。大人になってもこういうのを楽しんでやれるというのは、本当に素敵ですね。

インスタライブ「ようこそ我が家へ」の動画です。タイトルの通り、岩田光央さんの自宅からの生配信でした。場所はキッチンではなく、大人の秘密基地というテーマの地下室だそうです。ようこそ我が家への企画は3回まで実施されていて、インスタグラムの投稿に残してくれています。

朗読劇ユニット・カナタは、新型コロナウイルスの影響で活動継続の危機になった際に、クラウドファンディングで支援を募りました。目標金額には届かなかったものの、90%の達成率でなんとか持ち直したようです。

クラウドファンディングのリターンで岩田光央さんの朗読があり、この動画はその収録風景です。岩田光央さんの声はアニメでよく聞いても、収録の様子というのはレアなのではないでしょうか。

声優「岩田光央」のオススメ代表アニメ作品5選

岩田光央さんはラジオに歌、書籍の出版とマルチに活躍しています。その土台となっているのは、本業のアニメ声優であるのは間違いないでしょう。そこで、ここでは岩田光央さんの代表アニメを5つ、ピックアップしてご紹介します。

「AKIRA」1988年

引用:CHARACTER|『AKIRA』4Kリマスター 公式サイト

重要トピックスのところでも記したように、岩田光央さんを代表するアニメといったら『AKIRA』は外せません。AKIRAは大友克洋さんの漫画を原作としたアニメ映画。1988年7月に関東へ新型爆弾が使用され、第三次世界大戦が勃発。それから31年後の東京湾上に、構築されたメガロポリス「ネオ東京」が舞台です。

暴走族のヘッドである金田正太郎と仲間の島鉄雄が、老人のような少年タカシと衝突事故を起こしたことで、世界の根幹に関わる事件に巻き込まれていきます。

岩田光央さんが演じるのは、主人公の金田正太郎。ネオ東京の職業訓練校に通う学生で、健康優良不良少年を自称しています。2003年9月5日生まれの16歳。暴走族チームのリーダー格で、いつもバイクに乗っています。

このバイクは金田のバイクと呼ばれ、2018年公開の映画『レディ・プレイヤー1』に登場するなど、影響を受けた人も多いです。

「頭文字D」1998年

引用:頭文字D Project Official

『頭文字D(イニシャルディー)』はしげの秀一さんの漫画が原作のアニメ。高校生の藤原拓海が、他の走り屋達とのバトルを通して、成長していく姿を描いた作品です。

岩田光央さんが声を担当するのは、秋名スピードスターズの武内樹。拓海の親友で、幼馴染。2人で「秋名最速のハチロクコンビ」を自称しています。性格は快活で親しみやすく、お調子者。高校時代にガソリンスタンドでアルバイトをしており、卒業後はそのガソリンスタンドの正社員になりました。

ちなみに藤原拓海が乗るトレノAE86、通称ハチロクは1987年に生産終了してましたが、頭文字Dの影響で中古車市場の価格が高騰する現象が起きました。

「ONE PIECE」2010年

『ONE PIECE』は、尾田栄一郎さんの漫画を原作とした、20年以上も続いている長寿アニメ。世は大海賊時代。悪魔の実を食べてゴム人間になってしまったルフィが、海賊王を目指す物語です。

岩田光央さんが演じるエンポリオ・イワンコフは、主にインペルダウン編からマリンフォード頂上戦争編で登場。カマバッカ王国の女王にして、革命軍のグランドライン軍軍隊長。身長449cmと背が高いのですが、頭が大きいため3頭身で描かれます。オネエ言葉を使うオカマで、フザケた言動が多いのとは裏腹に、冷静な判断力を持っていて指導者としての能力が高いです。

イワンコフの声はいまむらのりおさんが担当してましたが、2010年5月に不祥事を起こしたため降板となり、岩田光央さんが2代目として起用されました。いまむらのりおさん降板前のエピソードもDVD化の際に、岩田光央さんの声で録り直しがされています。

「斉木楠雄のΨ難」2016年

『斉木楠雄のΨ難(サイナン)』は、麻生周一さんの漫画を原作としたアニメ。さまざまな超能力を持つ高校生の斉木楠雄を主人公とし、彼の周囲にいる変人たちとの日常を描いたギャグ作品です。

岩田光央さんは、斉木楠雄の父親である斉木國春の声を担当しています。終焉社に勤めるサラリーマンで、週刊少年コニャックの編集者。だらしない性格で困難にぶつかると、すぐ楠雄に頼る傾向があります。妻の久留美との夫婦仲は非常に良く、楠雄からバカップル呼ばわりされるほど。

斉木楠雄のΨ難をNetflixで見る→Netflix

「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」2020年

引用:キャラクター紹介|ドラゴンクエスト ダイの大冒険

『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』は、エニックスの人気RPGドラゴンクエストシリーズを基にした漫画を原作とするアニメ。1991年にもアニメ化されており、本作は続編ではなく、また1から作り直しています。勇者になる事を夢見る少年ダイが、ポップやレオナなど仲間たちの絆を深め、成長していく様を描いた冒険活劇です。

岩田光央さんが演じるのは、魔王軍妖魔士団長のザボエラ。妖魔司教の肩書きを持つ890歳の魔族です。出世欲が強く、卑劣で狡猾な策士であり、よく他人を利用してのし上がろうと企んでいます。魔王ハドラーからも「最も狡猾で残酷な頭脳を持ち、油断も隙もない男」と評価されるほど。

1991年のアニメでは、岩田光央さんと同じ青二プロダクション所属の龍田直樹さんが、ザボエラの声を担当しました。

まとめ

ここまで岩田光央さんについてご紹介してきました。AKIRAの金田正太郎役で大ブレイクしたのかと思いきや、声優としてはなかなか売り込んでもらえず、苦労したみたいですね。歌にラジオ、書籍と活躍の場を広げ、ファンへのサービス精神も旺盛な岩田光央さんの今後にも期待しましょう。

〇関連記事
声優「榎木淳弥」のデビュー前から現在まで!代表アニメ作品も徹底紹介
声優・赤尾ひかるの全て(代表アニメ・歌の上手さ・プライベート)

スポンサーリンク
声優になりたい。と思っても決断できない人へ

声優になれるなら、誰だって声優なりたいですよね。でも、「家族に反対されるかもしれない」「お金がない」、「声に自信がない」etc...とたくさんの悩みがあると思います。しかし皆さんがテレビで見ているプロの声優さんも、過去に同じ悩みを抱えていたはず。

とはいえ独学で声優になるのもかなり難しいです。やはり養成所や専門学校に行っている方に比べると技術的に差が付いてしまいますし、圧倒的にオーディションや事務所所属へのチャンスが少ないです。独学で勉強して、現在声優として成功している人はほぼいません。

つまり、短期間で声優になるなら専門学校や養成所しかないのです。ただし養成所や専門学校を適当に選んではいけません!大事なのは2つです。

①しっかりと声優になれる環境が整っているか

②入学金や授業料を自分の力でどうにか出来るかです。

この2つを満たして、かつ多くの人が声優になっている実績のあるオススメの学校がアミューズメントメディア総合学院です。

未経験の初心者がアミューズメントメディア総合学院から声優になっている

アミューズメントメディア総合学院は東京の恵比寿と大阪の西中島に校舎があります。大阪に関してはしっかりと専門学校として成り立っているので、就職活動で履歴書にも使えます。アミューズメントメディア総合学院は声優学科だけでなく、アニメ・ゲーム学科やキャラクターデザイン学科などもあります。

アミューズメントメディア総合学院の声優学科を卒業した声優さんで有名なのは、柿原徹也さん・朝日奈丸佳さん・伊藤かな恵さんなど他にもたくさんの方がいます。このように普段アニメで見るような声優さんが卒業している実績もある上、驚きなのが、声優学科に所属している10人中7人がプロの声優になっているということです。

アミューズメントメディア総合学院の公式によると、2018年の3月のデータではプロダクション所属率がなんと73.8パーセントです。さらに特待生や養成所なども入れると97.9%です!

なので全くの初心者の方でも、頑張り次第ではこの中に入れるということなんですね。皆さんが思っているよりも意外と難しいことではないのです。

素晴らしい環境が整っている

ただ前述したように、大事なのは声優になれる環境がしっかりと整っているかです。アミューズメントメディア総合学院では、本格的な音響機材が整っているのももちろんなのですが、「AMG STUDIO」というレコーディングスタジオが併設されています。プロの声優さんの現場と変わらない環境で勉強することができますし、インターンシップでプロの現場に立ち会える機会もあるのです!

これはなかなか養成所にはない環境なので非常に有利です。また授業以外で使える「開放教室」というのもあり、空いた教室で自主練習することも可能なのです!つまり皆さんが声優になるための環境がこれ以上ないくらいに整っているということです。

プロの声優さんが講師という最強の環境

2つめに環境という点で補足するなら、【アミューズメントメディア総合学院】ではプロの声優として活躍されている人が講師になります。アニメのタッチやハリーポッターの吹き替え映画やアンブリッジ先生役を務めた、小宮和枝さんをはじめとするガチのプロが授業をしてくれます。

なので、アミューズメントメディア総合学院で短期間で声優になれるというのは、あながち間違いではありません。ただ全くの初心者で授業に付いていけないかも知れないと不安になりますよね。そんな方のために、基礎コースから勉強できるコースも整っています。これなら安心ですよね。

とにかくチャンスが多い

【アミューズメントメディア総合学院】は本気で声優を目指している方には絶対的に良い学校です。その理由の1つとして、オーディションが頻繫に行われていることです。これはアミューズメントメディア総合学院に通う大きなメリットだと思います。

青ニプロダクションやシグマセブン、81プロデュースなどの大手プロダクションへの所属が決まる「プロダクション所属学内オーディション」など全75社を超える団体からのチャンスがあります。合同オーディションではなく、1日1回、1社に集中してオーディションに参加できるので、とことん練習の成果を発揮することができるのです。

気になるお金の面は

やはり一番の問題はお金の面だと思います。「入学したいのは山々だけどお金がない」「年間いくらかかるの?」と気になる人も多いはず。ぶっちゃけてしまうと、アミューズメントメディア総合学院の学費は決して安くありませんが、どうにかすることはできます。

■声優学科

入学金¥100,000
授業料¥870,000
施設設備日¥200,000
演習実習費¥80,000
初年度合計¥1,270,000

■声優学科(夜間部)

コース

基礎コース

研究コース

マスターコース

入学金

¥30,000

¥30,000

¥30,000

授業料

(レッスン回数週1回)

¥130,000(半年)

¥130,000(半年)

¥300,000(年間)

設備費

¥20,000(半年)

¥20,000(半年)

¥50,000(年間)

合計

¥180,000(半年)

¥180,000(半年)

¥380,000(年間)

アミューズメントメディア総合学院に普通に入学した場合、合計で127万円ほどかかります。しかし、マイナビの「高校生のための進学ガイド」によると、アニメ・声優・ゲーム関連の専門学校の初年度学費は128万4000円が平均と発表しています。つまり普通に専門学校に行くよりも少し安いのです

夜間コースでも週1回コースならそれなりに安いです!これを学生のバイトでどれだけ補えるかを計算してみます。「②入学金や授業料を自分の力でどうにか出来るか」の部分なのでとても重要なところですね。

※時給1000円で1日5時間働いた場合、声優学科なら週4〜5回、声優専科のマスターコースなら週1〜2回働けば、1年間で1年分の学費を稼げる計算になります。週5回のバイトは大変そうに思えますが、あくまでも時給1000円の場合なので、この他に副収入があったり、時給がこれより高ければもっと減るでしょう。

奨学金も充実している

実は【アミューズメントメディア総合学院】では低金利で学費をローン払いできる制度もありますし、「新聞奨学生制度」という制度も整っています。これは新聞配達のバイトをすれば、返済不要の奨学金の給付や生活の補助を受けられる制度のことです。アミューズメントメディアではありませんが、声優・江口拓也さんも新聞配達のバイトをしていましたね。


「声優になる!」と覚悟されあれば、お金に余裕がない人にでもとことん手厚いサポートしてくれるので安心です。

まずはオープンキャンパスや無料の資料請求から始めてみよう

声優になるにしても、まずは情報集めからです。学生の方は家族と相談する必要もありますよね。まずは無料の資料請求をしてじっくりと目を通し、自分が入学する時のイメージを膨らませてみるところから、始めるのがオススメです!アミューズメントメディア総合学院は無料の説明会やオープンキャンパスもやっているので、直接足を運んでみるのも良いと思います。

まずは情報を集めるところから声優の道に一歩進んでみましょう!

すぐにわかる資料請求はこちら⇒夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院

関連キーワード
声優の関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Find anime編集長オススメ記事はこちら