FODアニメ
出典:Amazon

「たくさんのアニメを家でも外出先でも気軽に見たい」という人はいませんか?そんな人におすすめなのが、FODというサービスです。ここではFODサービスの特徴やメリットなどをくわしく紹介するとともに、FODで見ることの出来るおすすめのアニメを独自のランキング形式で紹介していきたいと思います。

目次

FODでたくさんのアニメが見られる!

FOD

月額888円

深夜アニメ枠のノイタミナ作品が見放題。

Hulu

月額933円

海外作品がとくに豊富。

Amazonプラム

年会費3990円

年会費3990円で安い。

Netflix

月額800円

子供向けコンテンツが独立していて、子供にも安心。

U-NEXT

月額1990円

毎月ポイントがもらえる。

FODは上にあげたサービスの中で、月額料金がもっとも安く、毎月1300ポイントをもらうことができ、足りないポイントは追加購入することができます。

パソコン・スマートフォンの他にタブレットやインターネットにつながっているテレビでも視聴することができます。フジテレビ関係の作品も豊富で、深夜アニメから子供向けアニメと幅広いです。FODは他の動画配信サービスと比較すると、割安です。ネットフリックスには劣ってしまいますが、多くの人が利用U-NEXTやHuluよりもリーズナブル。最近だと定額サービスを乗り換える人もいるようですよ。

アニメを見るのにFODがオススメな理由①1か月の無料おためしサービスがある

FODには1か月の無料おためしサービスがあるため、初めて配信サイトに登録するという人も、実際のサービスをためしてみることができます。登録はAmazonアカウントを持っていれば、簡単に登録することができます。無料期間中に解約をすれば料金はもちろんかかりません。

解約はトップページのメニューの中にある「解約する」というページから簡単に解約手続きができるため、よく耳にする「解約方法がわからない」という心配はFODにはありません。

アニメを見るのにFODがオススメな理由②毎月4回もポイントがもらえる

FOD会員になれば、毎月8の付く日(8日・18日・28日)に400ポイント、そして月初めに100ポイントの合計1300ポイントを毎月もらうことができます。

このポイントは動画を購入する際に利用することができます。「毎月1300ポイント」もポイントがもらえるのは、とてもお得ですね。1300ポイントでは「動画を2本」購入することができます。

アニメを見るのにFODがオススメ理由③すべての作品の1話が無料

FODでは、すべての作品の1話を無料で見ることができます。そのため、1話を見てから自分の気に入った作品だけを購入するということができます。

新作アニメが始まる時期によくある「1話目を見逃したせいで、自分好みの作品かどうかわからない」という人にも、とても助かるサービスですね。

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(まずは無料でお試し)】するならこちら

FODで見られるオススメアニメを紹介

ストーリー
★★★★★
OP・ED
★★★★★
作画
★★★★★
キャラクター
★★★★★
総合評価
★★★★★

ここではFODで見ることができるオススメアニメを、独自のランキング形式で紹介していきます。

ランキングの基準は以下の通り。
「ストーリー」は物語性の高さや意外性
「OP・ED」はOP・EDのインパクト
「作画」はアニメ作画の美しさや作中に用いられている表現方法
「キャラクター」はアニメに登場するキャラクターの個性

そして、これらを総合した「総合評価」の5つとなっています。

FODオススメアニメ第1位:幽☆遊☆白書


ストーリー
★★★★★
OP・ED
★★★★★
作画
★★★★★
キャラクター
★★★★★
総合評価
★★★★★

『幽☆遊☆白書』は霊界探偵となった不良少年を主人公にしたアクション作品です。不良少年の浦飯幽助はある日、交通事故にあった子供を助けようとして命を落としてしまいます。しかし、その後、コエンマから生き返るための試練を与えられた幽助は試練をクリアして「霊界探偵」としてよみがえります。

よみがえった幽助は友人の桑原や、任務で出会った蔵馬や飛影達とともに、次々と現れる強大な敵に挑んでいきます。

懐かしいアニメですが、今も作品の人気は高く、ゲームなどでのコラボや舞台が非常に話題になりました。またキャラクター人気も高く、中でも蔵馬と飛影は女性読者から人気でした。

物語は「主人公が死亡するところからはじまる」という意外な始まり方、そして幽助達が繰り広げる熱い戦いやその中ではぐくまれていく友情、幽助の霊丸をはじめとした、つい真似したくなるような技など、まさに少年漫画の王道と言えます。その面白さは今も決して色あせることはありません。

FODで配信されている『幽☆遊☆白書』はデジタルリマスター版になっており、映像も見やすくなっています。初めて見る人にも、あの頃を思い出して見る人にもおすすめです。

FODオススメアニメ第2位:ハチミツとクローバー


ストーリー
★★★★★
OP・ED
★★★★☆
作画
★★★★★
キャラクター
★★★★★
総合評価
★★★★★

『ハチミツとクローバー』は、とある美大を舞台に、美大生達の青春の日々について描かれた作品です。

まわりにいる美大生達の才能に圧倒されて「自分には一体何ができるのか」と悩む竹本祐太、別の女性に片想いしている真山に叶わない片想いを続けている山田あゆみなど、作品の中に登場するキャラクター達は「自分のまわりにいても不思議のないリアルさ」を持っていて、共感を覚えます。

中でも印象的なのは、圧倒的な才能を持っているはぐに片想いをしている「真面目くらいしか取り柄がない」と思っている竹本と、同じくはぐに片想いをしている絵画や彫刻など様々な才能を持っている変人の森田のやりとりです。

作中で、はぐへの想いを知ったふたりは河原で互いの想いをぶつけますが、そこで竹本は森田の「才能」を、森田は竹本の「優しさ」をうらやましいと思っていたことを知ります。そうした自分に持っていないものを持っている相手を羨むことは現実でもよくあることで、こうしたリアルな感情が丁寧に描かれているのが『ハチミツとクローバー』の魅力です。

そんな学生達を見守る教師の花本修司や、竹本の豪快な義父の合田など「こんな大人がいてくれたら」と思わずにはいられない、かっこいい大人達も登場します。

「自分自身の在り方」や「自分が進む方向」について悩んだ時におすすめの作品です。悩みや不安に優しく寄り添い、癒してくれます。

FODオススメアニメ第3位:のだめカンタービレ

ストーリー
★★★☆☆
OP・ED
★★★★☆
作画
★★★★★
キャラクター
★★★★★
総合評価
★★★★★

『のだめカンタービレ』は音大を舞台に、個性豊かな音大生を主人公にした作品です。ピアノ学科に在籍しながら指揮者を目指しているエリート音大生の千秋真一は、トラウマで飛行機や船に乗れないせいで、クラシックの本場であるヨーロッパに行くことが叶わず、将来について悩んでいました。

そんなある日、酔いつぶれてしまった千秋はごみにあふれた部屋の中で目を覚まします。その部屋で美しいピアノソナタを演奏していたのは、野田恵・通称のだめと呼ばれる女性でした。のだめは千秋の隣の部屋で、千秋と同じピアノ学科に属していました。

のだめの才能を感じた千秋にのだめも懐くようになり、のだめとの出会いをきっかけに、千秋は個性あふれる音大生達と出会い、指揮者への道を歩き始め、成長していきます。

実写ドラマ化もされ、作品に登場する曲のコンサートが開かれるなど、非常に話題になった作品のひとつです。「クラシック」と聞くと、どうしても堅苦しい印象を持ってしまいがちになってしまいますが、個性あふれるキャラクター達からは音楽の楽しさが伝わってきます。

のだめをはじめとしたキャラクターがそれぞれ自分の演奏や自分の進むべき道に悩みつつも、明るく前に進もうとすぐ姿には元気と勇気をもらうことができます。

FODオススメアニメ第4位:ゴールデンカムイ

ストーリー
★★★★★
OP・ED
★★★★☆
作画
★★★☆☆
キャラクター
★★★★☆
総合評価
★★★★★

『ゴールデン・カムイ』は明治末期の北海道を舞台にした作品です。元陸軍兵の杉元佐一とアイヌの少女・アシリパがアイヌの金塊を探すため、金塊のありかを隠した入れ墨をしている囚人達を探しながら、同じように金塊を求める者達と戦いを繰り広げていきます。

登場人物達にはそれぞれが金塊を手に入れたい事情や理由があります。それぞれの思惑が入り乱れ、一体誰が味方で誰が敵なのかわからないスリリングさと緊張感があり、誰もがあやしく思えてしまいます。
アシリパがアイヌの少女ということもあって、この作品の中にはアイヌの文化が多く登場しており、アイヌの文化などについても知ることができます。『ゴールデン・カムイ』が注目されるきっかけになったのも、アシリパの食事シーンでした。

FODオススメアニメ第5位:さらざんまい

ストーリー
★★★★★
OP・ED
★★☆☆☆
作画
★★★★☆
キャラクター
★★★★☆
総合評価
★★★★★

『さらざんまい』は東京・浅草を舞台とした「つながり」がテーマの作品です。中学2年生の矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太は、ある日、カッパによく似た謎の生命体・ケッピに尻子玉を強引に奪われ、カッパに変身させられてしまいます。

あわてる3人に対して、ケッピは元の姿に戻るための条件として「3人で協力して、ゾンビの尻子玉(欲望)をとってくる」という条件を出します。3人は元の姿に戻るために、尻子玉集めに奔走することになりますが、その中でケッピとケッピとカワウソ達の戦いなどに巻き込まれていきます。

『少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』『ユリ熊嵐』などで知られる幾原邦彦さんによるオリジナルアニメで、作品の放送開始の発表時から高い注目を集めていました。作中に登場する表現やキャラクター達の歌、尻子玉をうばう方法などがとても個性的で、放送が開始されてからは、そうした点が注目されて、口コミで作品が広がっていきました。

「欲望、搾取」など一度聞くとなかなか忘れることの出来ない、インパクトのある台詞も話題を呼びました。改めて「つながり」の意味について考えさせられる作品です。

FODオススメアニメ第6位:暗殺教室

ストーリー
★★★★★
OP・ED
★★★☆☆
作画
★★★☆☆
キャラクター
★★★★☆
総合評価
★★★★★

『暗殺教室』は月を爆破した殺せんせーが、落ちこぼれの集まりと言われていたE組の担任となり、生徒達から命を狙われながらも、勉強以外の大切なことを生徒達に教えていく物語です。

謎の超生物に月が爆破されてしまったうえに「来年の3月には人類を滅亡させる」と宣言され、地球が爆破されるのは、もはや時間の問題となっていました。しかし、どういうわけか。謎の超生物は「来年の3月までなら、3年E組の担任をやってもいい」と申し出ます。そのことをきっかけに、椚ヶ丘中学校の3年E組の担任となります。

殺せんせーが担任となって生徒達と向き合ったことによって、生徒達は元々持っていた才能を開花させ、自信を取り戻していきます。「教育とは何か」を考えさせられる作品です。

FODオススメアニメ第7位:進撃の巨人

ストーリー
★★★★☆
OP・ED
★★☆☆☆
作画
★★★★★
キャラクター
★★★★☆
総合評価
★★★★★

『進撃の巨人』は巨人によって、母親を目の前で食い殺されたエレンが、幼馴染にミカサやアルミンと共に調査兵団に入り、巨人を駆逐するために、巨人に変身できる力を使い、戦っていく物語です。

エレンは巨人になれる力を持っていたことから、調査兵団の人間達から疑いの目をもたれたこともありましたが、次第に「なぜエレンは巨人になることができるのか」「エレンの力はどこから来たものなのか」が、次第に明らかになっていきます。

エレンのことがあきらかになると同時に、巨人の真実についても判明します。原作漫画は最終章に突入していますが、最終章では、さらに驚かされる真実があきらかになっています。

予想を超えてくる壮大な世界観や緻密に張り巡らされた伏線が魅力的で、普段はアニメをあまり見ないという人にもおすすめの作品です。

FODオススメアニメ第8位:鬼滅の刃

ストーリー
★★★★☆
OP・ED
★★★☆☆
作画
★★★★☆
キャラクター
★★★★☆
総合評価
★★★★☆

『鬼滅の刃』は大正時代を舞台に、鬼に家族を殺された主人公・竈門炭治郎(かまどだんじろう)が、鬼となってしまった妹・竈門禰豆子(かまどねずこ)を人間に戻すために戦う物語です。

主人公の竈門炭治郎は亡き父親にかわり、一家の大黒柱として炭焼きの仕事にはげみ、家族を支えていました。そんなある日、炭を売りに家を空けていた炭治郎が家に戻ってみると、そこには無残に殺された家族達の姿がありました。

妹の竈門禰豆子が何とか生き残っていたことに喜ぶ炭治郎でしたが、その喜びも束の間のものでした。なんと禰豆子は傷口から鬼の血が体内に入ってしまったせいで、鬼になっていました。

鬼となった禰豆子に襲い掛かられた炭治郎を助けたのは、剣士・冨岡義勇でした。義勇に導かれた炭治郎は「鬼滅隊」に入隊することとなります。

炭治郎達が厳しい修行や経験を経て成長していく姿に胸が熱くなります。またこれまでは「竈門家の長男である炭治郎」という面が強かった炭治郎が、次第に「鬼滅隊の竈門炭治郎」となっていく姿は炭治郎と同じく長男・長女である視聴者・読者からとくに共感や感動を呼んでいます。

FODオススメアニメ第9位:らんま2/1

ストーリー
★★★★★
OP・ED
★★☆☆☆
作画
★★★☆☆
キャラクター
★★★★★
総合評価
★★★★☆

『らんま2/1』はおかなし体質を持つ主人公と婚約者の日常を描いたラブコメディー作品です。主人公の早乙女乱馬は、父親である早乙女玄馬と修行のために訪れた中国で「娘溺泉(ニャン・二―チュアン)」という若い娘がおぼれたと言われている泉に落ちてしまいます。

そのことがきっかけで、乱馬は「水をかぶると女性の姿になり、お湯をかぶると元の男性の姿に戻る」というおかしな体質になってしまいます。そんな乱馬と男嫌いな乱馬の婚約者・天道あかねが繰り広げる日常を描いたラブコメディー作品です。

当時は性別が変わるという設定は珍しく、とても話題になりました。登場するキャラクターは皆個性豊かで、男性・女性ともに人気が高い作品でもあります。主人公やヒロインだけでなく、他のキャラクター達の人気もとても高いことは、『らんま2/1』の原作者である高橋留美子さん作品の特徴であるとも言えます。

また修行ばかりで女性に不慣れな乱馬と、男嫌いのあかねが少しずつ心を通わせていく様子は、見ていて、とてもほほえましいものがあります。

FODオススメアニメ第10位:この男子、宇宙人と戦えます。


ストーリー
★★★★★
OP・ED
★★☆☆☆
作画
★★★★☆
キャラクター
★★★★☆
総合評価
★★★★☆

『この男子、宇宙人と戦えます。』は記憶喪失の少年が宇宙人と戦う物語です。丘の上で倒れていた記憶喪失の高校生・カカシは「宇宙人臨時対策本部」の職員・有川に拾われたことをきかっけに、世界で唯一宇宙人と戦う力を持っていることがわかります。

カカシは有川と、有川の上司であるシロと共に暮らしながら、宇宙人と戦う日々を過ごしていきます。しかし、ある日シロは、とある理由から戦う理由を失い、宇宙人を前にしても戦うことができなくなってしまいます。

記憶の中にはないものの、どこかにいる自分の家族や友達のために宇宙人と戦うシロの姿はどこまでも真っすぐで健気です。またそんなカカシを優しく支える有川と、俺様なところがありながらもカカシを見守るシロは、まるで本当の家族のようです。

1話完結の短い作品ですが、どれも心があたたかくなるストーリーです。とくにカカシが記憶を取り戻すきっかけとなるシーンはとても感動します。

FODオススメアニメ第11位:東京喰種 トーキョーグール

ストーリー
★★★★☆
OP・ED
★★☆☆☆
作画
★★★☆☆
キャラクター
★★★★★
総合評価
★★★★☆

『東京喰種 トーキョーグール』は現代の東京が舞台となった、人間の肉を食べることで生きる、人間の姿をした「喰種(グール)」がテーマになっている作品です。

主人公のカネキは読書好きなどこにでもいる大学生でした。そんなカネキはある日、喰種に襲われて瀕死の重傷を負いますが、とある医師によって助けられます。しかしその時に無断で喰種の臓器を移植されてしまったせいで、カネキは半喰種となってしまいます。

カネキは人間の肉を食いたい衝動に襲われ、心身共に追い詰められていきます。しかし喫茶あんていくの従業員達に出会ったことをきっかけに、喰種としての生き方を学ぼうと自身も喫茶あんていくで店員として働くことになります。

喰種になりきることができず、人間を食べることを拒んで衝動と戦うカネキの人間としての葛藤がとても痛々しく、心を打たれます。世界観やキャラクターの設定が深く、ダークファンタジーが好きな人に、とくにおすすめの作品です。

FODオススメアニメ第12位:乱歩奇譚 Game of Laplace

ストーリー
★★★☆☆
OP・ED
★★★★☆
作画
★★★★☆
キャラクター
★★★☆☆
総合評価
★★★★☆

『乱歩奇譚 Game of Laplace』は江戸川乱歩の原作小説を元にしたアニメ作品です。
主人公のコバヤシと探偵・アケチが数々の事件を解決していきます。
中学生のコバヤシが教室で目を覚ますと、なぜか血で汚れた凶器を握っており、その近くには担任教師の死体がありました。重要参考人として任意同行を求められるコバヤシでしたが、探偵・アケチの指示によってすぐに釈放されます。

アケチに興味を持ったコバヤシは、同級生で友人のハシバを連れて、アケチの探偵事務所をたずねると「自分を助手にしてほしい」とアケチに頼み込みます。この件をきっかけに、コバヤシとハシバは様々な事件に巻き込まれていくことになります。

江戸川乱歩作品特有のどこか現実離れした、ファンタジーのような雰囲気が作中には漂っており「江戸川乱歩の原作小説を知らない人」にも楽しめる作品となっています。

FODオススメアニメ第13位:ギルティクラウン

ストーリー
★★★☆☆
OP・ED
★★★☆☆
作画
★★★★☆
キャラクター
★★★★☆
総合評価
★★★★☆

『ギルティクラウン』は宇宙から飛来した未知のウィルスによって荒廃し、無政府状態となり、アメリカなどの統治下に置かれるようになった、2029年の日本が舞台の作品です。

男子高校生の桜満集(おうましゅう)は世間や周囲に対して冷ややかな視線をむけながらも、謎の歌手・楪いのりのことを熱心に応援していました。そんなある日、集は傷を負ったいのりと出会います。そこで集は、いのりがレジスタンス組織「葬儀社」のメンバーのひとりであることを知ります。

さらに葬儀社のリーダー達と関わっていく中で、集はいのりが盗み出した「ヴォイドゲノム」にふれて、王の能力を宿してしまいます。そのことから集は葬儀社と行動を共にすることになります。

荒廃した世界やレジスタンスなど、過酷でハードな設定が好きな人におすすめの作品です。またOPにsupercellやEDにEGOISTを起用したことによって、神曲で有名なアニメとして知られています。

FODオススメアニメ第14位:うる星やつら

ストーリー
★★★☆☆
OP・ED
★★★☆☆
作画
★★★☆☆
キャラクター
★★★★★
総合評価
★★★★☆

『うる星やつら』は主人公である男子高校生と、そんな彼の前にあらわれた宇宙人との恋模様を描いたラブコメディー作品です。

宇宙人である鬼族は地球を手に入れるために、とある賭けを地球側に提案します。その賭けとは地球の代表と鬼族の代表による鬼ごっこで、地球の代表が勝てば鬼族はおとなしく帰り、鬼族が勝てば地球を占領するというものでした。

地球の代表に選ばれた男子高校生の諸星あたるは、最初はやる気がなかったものの、恋人から「賭けに勝ったら結婚してあげる」と言われます。この言葉にあたるはやる気を見せ、鬼族の代表であるラムと鬼ごっこをはじめます。

鬼ごっこの中で、ラムは「勝って結婚する」というあたるの発言が自分に対して向けられたものだと勘違いし、あたるの言葉を受け入れます。このことによって、地球は救われたものの、あたると結婚するつもりのラムは、あたるの元に押しかけて、あたるの家で一緒に暮らすようになります。

ラムの「~だっちゃ」という言葉は当時から人気があり「方言萌え」のはしりとなったキャラであるとも言えます。ちなみに、この「~だっちゃ」という語尾は、宮城の方言ではないかと言われています。

FODオススメアニメ第15位:世話やきキツネの仙狐さん

ストーリー
★★★★☆
OP・ED
★★☆☆☆
作画
★★★☆☆
キャラクター
★★★★★
総合評価
★★★★☆

『世話やきキツネの仙狐さん』は、主人公のサラリーマンが神徒のきつねに世話をやかれる物語です。自宅とブラックな職場とをただ往復するだけの毎日を過ごし、身も心もぼろぼろになっていたサラリーマン・中野の元に、突然神徒のきつね・仙狐さんが押しかけてきます。仙狐さんは「中野のお世話をする」と言い、中野の家に住み込み、色々と世話をやきます。

仙狐さんは見た目こそ幼い少女のようですが、実際は800歳とかなり長生きです。しかし生きてきた時代がちがうせいで、時には中野の言動の意味がわからず、不思議に思うこともあります。

仙狐さんの問いかけに中野だけでなく、見ているこちらも気づかされることが多く、そして中野のことを心から労わり、世話をやく仙狐さんに癒されます。癒しがほしい人におすすめの作品です。

FODオススメアニメ第16位:四月は君の嘘

ストーリー
★★★☆☆
OP・ED
★★★☆☆
作画
★★★★☆
キャラクター
★★★☆☆
総合評価
★★★★☆

『四月は君の嘘』は、中学生ピアニストとヴァイオリンニストの心の交流と成長を描いた作品です。主人公の有馬公生は「神童」と言われるほどのピアノの腕を持っていました。しかし母の死をきっかけにピアノを弾くことができなくなってしまいます。

その3年後、公生は幼なじみを通じて、ヴァイオリンニストの宮園かをりと出会います。かをりの圧倒的な演奏に公生は心を動かされます。

この出会いが、公生の人生を大きく変えていくことになりますが、かをりは「ある秘密」を抱えていました。かをりの秘密と嘘には涙を流さずにはいられません。

公生とかをりを通じて「自分はどう生きるべきなのか」「自分は本当は何がしたいのか」を深く考えさせられる作品です。

FODオススメアニメ第17位:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

ストーリー
★★★★☆
OP・ED
★★★☆☆
作画
★★★☆☆
キャラクター
★★★☆☆
総合評価
★★★★☆

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は、秩父市が舞台設定のモデルとなり、聖地巡礼のはしりとなった作品です。

宿海仁太、本間芽衣子、安城鳴子、松雪集、鶴見知利子、久川鉄道は「超平和バスターズ」という名前のグループをつくって、秘密基地に集まって遊ぶくらい仲の良い6人でした。しかし芽衣子の突然の死をきっかけに、残された5人の間には距離ができてしまい、次第に疎遠になってしまいます。

そんなある日、仁太の目の前に死んだはずの芽衣子があらわれます。驚く仁太に芽衣子は「お願いを叶えてほしい」と頼みます。仁太は困惑しつつも、芽衣子のお願いをかなえるために、超平和バスターズのメンバー達にも声をかけます。このことをきっかけに仁太達は互いの想いをぶつけ合い、絆を少しずつ修復していきます。
誰もが経験する身近な人の死や後悔を、この作品は丁寧に描いています。そして、それらに対して遺された人達はどう向き合えばいいのか、その後どうやって進んでいけばいいのか。そんなことを考えさせられる作品です。

FODオススメアニメ第18位:PSYCHO-PASS サイコパス

ストーリー
★★★☆☆
OP・ED
★★★☆☆
作画
★★★★☆
キャラクター
★★★☆☆
総合評価
★★★★☆

『PSYCHO-PASS サイコパス』は近未来の日本が舞台となった作品です。2112年の日本では、人間の心理状態や性格傾向などを数値化し「シュビラ」というシステムで管理されていました。

公安局刑事課一係へ新任監視官として配属された常守朱は、高い犯罪係数を持っている執行官の狡噛慎也・征陸智己・縢秀星、六合塚弥生の上司として、そして仲間として、共に犯罪者に立ち向かっていきます。

この作品がきっかけで「サイコパス」という言葉が広く知られるようになり、一般的に使われるようになりました。「もしかすると、そう遠くはない未来に『PSYCHO-PASS サイコパス』のような未来が来るかもしれない」と、そう思ってしまうようなリアルさが、この作品にはあります。

人間の心を数値化し、それを元に様々な判断を下していくことが果たして本当にいいことなのかどうなのか。正義とは一体何なのかを考えさせられる作品です。

FODオススメアニメ第19位:文豪ストレイドッグス

ストーリー
★★☆☆☆
OP・ED
★★★☆☆
作画
★★★☆☆
キャラクター
★★★★★
総合評価
★★★★☆

『文豪ストレイドッグス』はキャラクター化された文豪達が、作品の名前がついた異能力を駆使して戦う物語です。

孤児院から追い出されてヨコハマを彷徨っていた中島敦は、川で入水自殺を試みていた太宰治と出会います。太宰治との出会いをきっかけに、敦は異能集団・武装探偵社が追いかけている人食い虎の捜索を手伝うことになります。

敦が自分の能力や孤児院での辛い過去と向き合って心身ともに成長していく姿は、見ていて思わず応援したくなります。

バトルシーンは迫力があり、また異能の種類も多いため「異能バトルもの」の作品としても楽しむことができます。実際の文豪の性格などがキャラクター設定に反映されているため、実在の文豪のことを知っていると、さらに作品を楽しみことができます。

FODオススメアニメ第20位:この音とまれ!

ストーリー
★★★☆☆
OP・ED
★★★☆☆
作画
★★★★★
キャラクター
★★☆☆☆
総合評価
★★★★☆

『この音とまれ!』は、筝曲がテーマとなった学園物語です。主人公の男子高校生・久遠愛(くどおちか)は高校の筝曲部に入部しますが、部員は倉田武蔵(くらたたけぞう)しかおらず、筝曲部は存続の危機でした。その後、鳳月さとわや足立実康・水原光太・堺通孝が入部したことによって廃部を免れます。

しかし元々札付きの不良であった愛のことをよく思わない教頭が筝曲部の廃部を目論見ます。愛達、筝曲部の部員達は部の存続のために全校生徒の前で筝曲を披露することになります。

筝曲がテーマという珍しい作品です。筝曲というと「文科系の部」をどうしてもイメージしますが、実際には厳しい稽古など「体育系の部」に近いことが、この作品から伝わってきます。この音とまれ!を観るならこちら

FODオススメアニメ第21位:るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚ー

ストーリー
★★★☆☆
OP・ED
★★☆☆☆
作画
★★★☆☆
キャラクター
★★★★☆
総合評価
★★★☆☆

『るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚ー』は幕末から明治維新にかけての日本を舞台とした作品です。幕末最強とまで言われた伝説の人斬り・緋村剣心は、明治維新の後は「不殺(ころさず)」を誓い、名前も流浪人として全国を旅していました。

その中で道場を営む神谷薫や、明治維新で孤児となった明神弥彦、赤報隊の一員だった相良左之助、かつての宿敵との再会などによって、贖罪のこたえとこれからの生き方を探していく物語です。

人斬りと呼ばれていた主人公が不殺を誓い、剣を抜かないという設定に驚いた人も少なくありません。でもひとたび剣を抜くと、すさまじい剣の腕を披露するというギャップと、剣を抜く理由も「仲間を助けるため」という剣士としてではなく、ひとりの人間としての理由であるところが、とてもかっこいいです。

実写映画や宝塚などで舞台化されるなど、未だに人気の高い作品です。現在は原作者である和田伸宏さんによる『るろうに剣心 ー明治剣客浪漫譚・北海道編ー』が連載されています。

FODオススメアニメ第22位:ゾンビランドサガ

ストーリー
★★★☆☆
OP・ED
★★☆☆☆
作画
★★★☆☆
キャラクター
★★★★☆
総合評価
★★★☆☆

『ゾンビランドサガ』はゾンビとなってよみがえった少女達が、佐賀県のご当地アイドルとして活動する物語です。2008年、高校2年生の源桜は東京でおこなわれるアイドルオーディションを受けるため、応募書類を手にして学校に向かっていたところを、軽トラックにはねられてしまいます。

その後、何故か2018年で目を覚ましたさくらは、ゾンビの少女達に襲われて逃げようとしますが、自分もゾンビになっていることに気づきます。そこにあらわれた巽幸太郎から、さくらがよみがえったのは佐賀県のご当地アイドル「フランシュシュ」のメンバーとして活動するためと知らされ、同じようにゾンビとしてよみがえった二階堂サキ、水野愛、紺野純子、ゆうぎり、星川リリィ、山田たえの7人でアイドル・フランシュシュとして活動することになります。

ゾンビでご当地アイドルというコンセプトが大変話題となった作品です。フランシュシュのメンバー達はそれぞれがちがう時代に生きていたため、アイドルに対する考え方や姿勢もちがっており、時にはそのことが原因となって衝突がおきてしまいます。それでも互いに協力して、問題を乗り越えていくさくら達の姿は見ていて元気が出ます。

また最終回近くになって、巽幸太郎の過去が少しだけ明かされるのですが、その過去がとても切なく、巽幸太郎の過去を理解したうえで、もう一度最初から作品を見直したくなります。最終回を見たら、もう一度作品を見返すことをおすすめします。

FODオススメアニメ第23位:抱かれたい男1位に脅されています。

ストーリー
★★★★☆
OP・ED
★★☆☆☆
作画
★★★☆☆
キャラクター
★★★☆☆
総合評価
★★★☆☆

『抱かれたい男1位に脅されています。』は現代の芸能界を舞台としたボーイズラブ作品です。5年連続で「抱かれたい男ランキング」1位に輝く芸歴20年のベテラン俳優・西條高人は、芸歴3年の新人俳優・東谷准太に1位を奪われてしまいます。

その後、准太と共演した高人は人懐っこい准太とふたりで飲みに行くことになります。
翌朝目を覚ますと、何故か准太のベッドで眠っていました。このことをきっかけに高人と准太の距離は次第に縮まっていくことになります。

高人は芸歴が長く、子供の頃から色々な人を見てきたため、あまり他人に対して自分を見せることが得意ではなく、常に他人から求められる「俳優の西條高人」を演じて、どこか壁をつくっているようなところがありました。そんな壁を笑顔で壊してきたのが准太でした。

年上である高人が年下の准太に翻弄される様子は、どこかほほえましくなります。

FODオススメアニメ第24位:この男子、人魚ひろいました。

ストーリー
★★★★☆
OP・ED
★★☆☆☆
作画
★★★☆☆
キャラクター
★★★☆☆
総合評価
★★★☆☆

『この男子、人魚ひろいました。』は男子高校生と人魚の恋模様を描いたボーイズラブ作品です。唯一の家族であった祖父を亡くし、心のどこかに常にさみしさを抱えている高校生・川内洲(かわうちしま)は、うっかり足をすべらせて海で溺れてしまいます。そんな洲を助けてくれたのは美しい人魚でした。

洲はその人魚をイサキと名付けて、自分の家で一緒に暮らしはじめるようになります。はじめのうちはイサキと暮らすことに戸惑っていた洲ですが、少しずつイサキに心を開くようになります。イサキもそんな洲を優しく見守ります。

イサキと一緒に暮らし始めたことで、少しずつさみしさがやわらいでいった洲ですが、次第に洲とイサキの間には変化があらわれるようになります。祖父を亡くしたせいで「イサキもいつか海に帰ってしまうのではないか」「またひとりになてしまうのではないか」という不安を覚える洲の気持ちが痛いほど伝わってきます。

洲のさみしさやイサキの優しさ、そしてふたりの間に生まれた気持ちが、優しい言葉と美しい色合いで描かれています。人を想うことを教えてくれる作品です。

FODオススメアニメ第25位:賢者の孫

ストーリー
★★★★☆
OP・ED
★★☆☆☆
作画
★★★☆☆
キャラクター
★★★☆☆
総合評価
★★★☆☆

『賢者の孫』は異世界に魔法使いとして転生した主人公の活躍を描いた異世界転生物語です。日本でサラリーマンとして生きていた主人公は交通事故にあった際に、異世界に転生し、シン=ウォルフォードとして生まれます。賢者マーリンに育てられたシンは「規格外の魔法使い」となりますが、人里から離れた場所で育ったため、一般常識を知らない世間知らずになってしまいます。

一般常識を身につけるために、シンはアールスハイド魔法学院に入学し、そこで同級生達とともに様々な事件に巻き込まれていくことになります。

「規格外の力を持ちながらも、世間知らず」というシンの設定はギャップがあり、その世間知らずな一面が同級生達を翻弄することもあります。先が全く読めないため「次はどうなるのだろう」と見ていて、とてもドキドキします。

FODオススメアニメ第26位:僕だけがいない街

ストーリー
★★★☆☆
OP・ED
★★★☆☆
作画
★★★☆☆
キャラクター
★★☆☆☆
総合評価
★★☆☆☆

『僕だけがいない街』は、タイムリープの力を持っている主人公が、自分やまわりの人達の身に起こる悲劇を回避するために、過去に行って奮闘する物語です。売れない漫画家の藤沼悟は「再上映(リバイバル)」と呼ぶ過去にタイムリープすることができる力を持っていました。

ある日、事故にあった悟は、事故の知らせを受けて上京してきた母親と一緒に暮らすことになりますが、ある誘拐事件を見抜いた母親は口封じのために犯人に殺され、さらに第一発見者の悟は、母親殺しの犯人にされてしまいます。

悟は母親を助けるため、そして誘拐事件の犯人を見つけるために、タイムリープで過去にとびます。

現代と過去が入り混じり、誰もがあやしく見えてしまいます。伏線の張り方なども非常に細かく「一体、誰が犯人なのか」と目を離すことができませんし、自分なりに推理しながら見るとより一層楽しめます。

FODオススメアニメ第27位:冴えない彼女の育て方

ストーリー
★★★☆☆
OP・ED
★★★☆☆
作画
★★☆☆☆
キャラクター
★★★☆☆
総合評価
★★☆☆☆

『冴えない彼女の育て方』は、主人公が仲間達と共に同人ゲームをつくっていく物語です。高校生の安芸倫也はアニメグッズを買うためにアルバイトをしている途中、桜の舞う坂道で同級生の加藤恵に出会います。加藤恵に興味を持った倫也は、加藤恵をヒロインのモデルにした同人ゲームをつくることを思いつきます。

イラストもシナリオも書くことができない倫也は隠れオタクの同人イラストレーター・澤村・スペンサー・英梨々と、こっそり新人ライトノベル作家として活躍している優等生・霞ヶ丘詩羽を誘って「コミケへのサークル参加」を目標にして、ゲームを作り始めます。

男性向けの作品ですが、ゲームが作られていく過程や、その途中でおこるアクシデントなどについても描かれており「ゲームをつくることの楽しさや大変さ」について知ることができます。

倫也のまわりにいる恵をはじめとした仲間達は美少女で、それぞれが倫也に好意を向けています。しかし倫也の「オタクである自分がモテるはずがない」という思い込みのせいもあり、想いを寄せられていることにまったく気づいていません。

それでもめげずに倫也にアタックする彼女達の姿は見ていて応援したくなります。最後に倫也は誰の想いを受け取るのかも、この作品の見どころのひとつです。

FODオススメアニメ第28位:明治東亰恋伽

ストーリー
★☆☆☆☆
OP・ED
★★★☆☆
作画
★★☆☆☆
キャラクター
★★★★☆
総合評価
★★☆☆☆

『明治東亰恋伽』は、明治時代を舞台とした恋愛がテーマの作品です。女子高生・綾月芽衣は赤い満月の夜にあらわれた謎の奇術師・チャーリーによって、明治時代の東亰へタイムスリップしてしまいます。
チャーリーに鹿鳴館でおこなわれているパーティーへ連れてこられた芽衣は、そこで森鴎外達と出会います。タイムスリップの衝撃によって、現代のことをほとんど忘れてしまった芽衣は明治時代で彼らと一緒に過ごしていくことになります。

原作は乙女ゲームで、舞台化・実写映画化もされました。フィクションとして描かれたキャラクター達は皆、一目見たら忘れられないインパクトがあります。その一方で明治時代の建物の描写などは細かく描かれています。乙女ゲームにおける「明治時代を舞台としたタイトル」のはしりの作品でもあります。

FODオススメアニメ第29位:盾の勇者の成り上がり

ストーリー
★★★☆☆
OP・ED
★★☆☆☆
作画
★★☆☆☆
キャラクター
★★★★☆
総合評価
★★☆☆☆

『盾の勇者の成り上がり』は異世界に勇者として召喚されてしまった主人公の孤独な戦いを描いた作品です。大学生の岩谷尚文は、図書館で『四聖武器書』という本を読んでいる最中「盾の勇者」として、異世界異にある国家メルロマルクに召喚されます。そこには尚文の他にも、剣の勇者・天木錬、弓の勇者・川澄樹、槍の勇者・北村元康が召喚されていました。

国王から次元の亀裂から魔物が大量に湧き出す「波」から世界を守ることを命じられた尚文達は、それぞれの武器を鍛えるために、お供を連れて旅をすることになります。

しかし攻撃のできない盾は人気がないため、尚文のお供になってくれたのは女従者のマインだけ。しかも、マインは尚文を裏切って全財産を盗んだ上に、尚文に冤罪をかけます。すべてを失い、絶望した尚文は、奴隷商人から買い取った亜人の少女・ラフタリアと共に旅をすることになります。

「異世界召喚もの」と言われるジャンルにしては珍しく、主人公は最初から財産・信頼など持っていたものをすべて失い、心を閉ざした状態から旅が始まります。

勇者らしくないはじまりですが、他人に裏切られながらも、波から世界を守ろうと奮闘し、他人を助ける尚文の姿には好感を持つことができます。またやられっぱなしではなく「良くも悪くもやられたらやり返す」という尚文の性格・考え方は見ていてスカッとします。

FODオススメアニメ第30位:ヲタクに恋は難しい

ストーリー
★★★☆☆
OP・ED
★★☆☆☆
作画
★★★☆☆
キャラクター
★★★☆☆
総合評価
★★☆☆☆

『ヲタクに恋は難しい』は、オタクな男女の恋模様を描いた作品です。主人公の桃瀬成海は同僚と付き合っていましたが、自分が腐女子であることがバレてしまい、それが原因でフラれてしまいます。

同僚と顔を合わせづらくなり、転職した成海はそこで幼なじみであり、成海の趣味を知っているオタク友達の二藤宏嵩と再会します。ある夜、宏嵩から「自分と交際することのメリット」についてを説明された成海は宏嵩と付き合うことにします。
これまでオタク友達だった宏嵩と成海のぎくしゃくとした気まずい空気や距離感、そして「オタク同士で楽だから、付き合っているのか」という成海の悩みは、オタクならば誰もが共感できます。
この他にも、相手の下にゲームで見る選択肢が見えるなどの「オタクあるある」が盛りだくさんで、オタクな人はとくに楽しめる作品になっています。

FODのアニメは作品がとにかく豊富

FODは最新のアニメから懐かしいあのアニメまで、様々なアニメを見ることができます。
ジャンルも少年向け・少女向けの他に、男性向け・女性向けもあり「見たい!」と思っていたアニメ作品をきっと見つけることができます。

「アニメが好きな人」「色々なジャンルのアニメを見たい人」という人に、まさにFODはおすすめの動画配信サイトと言えます。

以上、Find Anime編集部からのお届けでした。

〇関連記事
【異論は認めない!】平成のアニメランキングTOP20
絶対に抑えておきたい!令和に見るべきアニメオススメ20選