鹿児島アニメ聖地
出典:Amazon

鹿児島県と言えば、屋久島や種子島など世界的に有名な地が多くあります。また、観光名所も多く人気の観光地となっています。しかし、アニメの聖地巡礼の地としても人気の高い都道府県で、特徴的な聖地が多く一致度が高いので、巡礼者の満足度はとても高いものとなっています。今回は鹿児島県にある人気のアニメ聖地を中心にご紹介していきます。

鹿児島県のアニメ聖地の特徴

鹿児島県のアニメの聖地の特徴は広範囲という所です。もちろん、聖地が密集している場合もありますが、同じアニメの聖地が離れている場合が多く、また聖地へたどり着くまでの時間がとてもかかるなど、とにかく移動に時間を要します。

聖地巡礼する際はスケジュール管理が重要となるでしょう。

鹿児島のアニメ聖地①:艦隊これくしょん

View this post on Instagram

 

これも今日見ました!#艦これ #艦隊これくしょん #アニメ #アニメ好き #アニメ好きな人と繋がりたい

Kentoさん(@sora_rto915)がシェアした投稿 -

艦隊これくしょんは、2015年に全12話でテレビ放送され、翌年の2016年に劇場版が公開されました。2019年に行われたイベントで第2期の制作が発表されています。

第2期の内容に関して、第1期の吹雪が主人公ではなく1期でも登場した時雨となっており、物語も「別物」であることが発表されています。

第1期は、深海棲艦(しんかいせいかん)に海を蹂躙されてしまった世界で、深海棲艦に対抗するため艦娘(かんむす)と呼ばれる艦艇の魂を受け継いだ女の子達が日々戦っていました。主人公の吹雪も鎮守府に着任し、根性で苦難を乗り越え仲間達と共に成長していく物語です。

鹿児島県薩摩川内市にある聖地「新田神社」です。吹雪に訓練指導をする軽巡洋艦「川内」の聖地で、コアなファンに人気の聖地です。

鹿児島のアニメ聖地②:うみものがたり~あなたがいてくれたコト~

パチンコの「海物語シリーズ」を原案にしているテレビアニメですが、「海物語シリーズ」とは、設定が若干異なり物語もオリジナルストーリーとなっています。2009年に全13話で放送されています。

海底で生活をしている「海人」のマリンとその妹ウリンが、「空の世界」と呼ばれる地上で宮守夏音(みやもりかのん)と出会い、海の巫女と空の巫女として覚醒したマリンと夏音が世界を悪意で満たそうとするセドナを阻止しようと戦うファンタジーアニメです。

第1話の回想シーンにあやまる岬観光公園展望台が登場しています。あやまる公園内のバス停から高台に向かうと見える聖地です。

9話で登場した土盛海岸の子抱き岩です。

セドナが封印されていた石棺があった場所が、蒲生神社の敷地内という設定になっています。とても静かな場所で、その静けさが逆に怪しさを漂わせ、セドナが居そうな雰囲気を醸し出しているそうです。

鹿児島のアニメ聖地③:キャプテン・アース

キャプテン・アースは、2014年に全25話でテレビ放送されました。アニメ制作会社ボンズのオリジナルアニメ作品で、「STAR DRIVER 輝きのタクト」の制作スタッフが再集結したことでも話題となりました。

種子島生まれの主人公、真夏ダイチ(まなつだいちが、夏休み初日に種子島を訪れ謎の少女に出会います。ダイチはその少女から、地球がキルトガングという敵に狙われていること知らされます。地球を守る為、嵐テッペイ(あらしてっぺい)や夢塔ハナ(むとうはな)達とチームを組み、ダイチはそのチームのキャプテンとなり戦いに挑んでいきます。

3話で登場した聖地「天女ヶ倉神社」です。鹿児島県西之表市にあります。高台にある神社なので、景色も素晴らしい聖地で人気です。

天女ヶ倉神社の近くにある、天女ヶ倉公園も人気の聖地です。

こちらも3話に登場した「たかまちストア」こと「たかさきストア」です。種子島西之表港駅から徒歩7分と駅近なので、巡礼者の多くが訪れています。

種子島空港は、第2話で登場し聖地となりました。

鹿児島のアニメ聖地④:中二病でも恋がしたい

中二病でも恋がしたいは、テレビアニメ2作と劇場版2作が制作された人気アニメです。ファンからは、「中二恋」や「中恋」と略されています。虎虎さんによる、ライトノベルが原作となっています。

元中二病の富樫勇太(とがしゆうた)は、中二病だった過去を封印する為、知り合いのいない高校に入学します。しかしクラスメイトで現役中二病の小鳥遊六花(たかなしりっか)に、ある所を目撃されてしまい、付きまとわれるようなってしまいます。元中二病と現中二病とのラブコメ物語です。

鹿児島県にある港「ドルフィンポート」は、テレビアニメ第2期で登場し聖地となりました。このカットの他にも、たくさんの風景が登場しており人気の聖地です。

鹿児島市営バスの停留所「県民交流センター前」も中二恋の聖地です。

勇太達が修学旅行で宿泊したホテルが、JR鹿児島中央駅から徒歩5分にある「温泉ホテル中原別荘」です。巡礼者のほとんどが、このホテルに泊まり作品を堪能しています。

勇太が食べた「白熊ベビー」と六花が食べた「南海の黒熊レギュラー」を、鹿児島市にある天文館むじゃきで実際に食べることが出来ます。2つ注文して並べるのが、巡礼者の間ではセオリーとなっています。

鹿児島のアニメ聖地⑤:ROBOTICS;NOTES

「科学アドベンチャーシリーズ」の第3弾にあたるロボティクスノーツは、第2弾の「シュタインズ・ゲート」から9年後の世界が舞台になっています。2012年より、フジテレビ「ノイタミナ」で全22話が放送されました。ファンから「ロボノ」と呼ばれています。

近未来の種子島で、高校生の八汐海翔(やしおかいと)は、廃部寸前の「ロボ部」を存亡させる為、幼馴染の瀬乃宮あき穂(せのみやあきほ)に半強制的にロボット開発に協力させられていました。そんな中、偶然「君島レポート」という謎のARアノテーションを拾い、

それが原因で世界を巻き込む運命に巻き込まれていく物語です。

鹿児島県南種子町にある千座の岩屋(ちくらのいわや)の入り口前にある鳥居や洞窟が、ロボノの聖地になっています。種子島空港から車で20分の浜田海水浴場の近くにあります。

5話の「君島レポートNo1」の背景などで登場した聖地が、雄龍・雌龍の岩です。5話以外にも、15話・17話で登場しています。

神代フラウ(こうじろフラウ)の家として登場した人気の聖地が、旧種子島空港です。その他にも、あき穂たちが作った「ガンつく」と呼ばれるロボットのガレージのモデルとなった倉庫があり、毎回と言っていい程アニメに登場したりOPやEDで使用されていたこともあり、ロボノ聖地の人気ナンバー1ではないでしょうか。

海翔達が通っている中央種子島高校のモデルとなった、鹿児島県立種子島中央高等学校も聖地となっています。巡礼する際は、撮影許可などをきちんと取り、ルールを守って撮影してください。

ロボノの聖地巡礼をする際に、とてもありがたい企画を西之表市商店街振興協同組合さんが行っています。その名も「種子島を巡るラッピングバスツアー」です。

ロボノラッピングに乗って、聖地巡礼が出来てしまうありがたい企画です。

鹿児島のアニメ聖地⑥:もののけ姫

もののけ姫は、スタジオジブリ作品の歴代収入第3位にランキングする作品で、日本映画歴代興行収入でも4位にランクインする大ヒット作品です。宮崎駿監督が構想に16年、制作に3年かけた作品で、キャッチコピーは「生きろ」です。

木魂たちが住んでいるもののけの森こと、苔むす森は宮崎駿監督たちが何度もロケハンで訪れた聖地で人気です。白谷雲水峡入り口から1時間30分ほど歩きます。

モロやサン達が、寝床にしていた巨大な岩です。白谷雲水峡入り口から太鼓岩までは、ガイドをつけなくても、所々に案内があるので迷わずたどり着けます。往復5時間程度かかります。一致度が高い聖地で人気です。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

鹿児島のアニメ聖地⑦:秒速5センチメートル

「君の名は。」で知られる、新海誠監督の作品で「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」の短編3話で構成されています。

1990年代の世界で生きる、遠野貴樹(とおのたかき)、篠原明里(しのはらあかり)、澄田花苗(すみだかなえ)の恋愛模様と、貴樹が社会人になっても、中学時代に明里へ感じた恋心を忘れられず生きている様子を描いた、切ない初恋物語です。

「コスモナウト」で登場した、アイショップ石堂大平商店です。JR九州の大山駅から車移動が必要となる聖地ですが、聖地巡礼で鹿児島県を訪れた人は必ず足を運ぶ人気の聖地です。

番外編:鹿児島県のアニメ聖地は他にもこんな作品も

鹿児島県を舞台にしているアニメは、さほど多くはありませんが、全ての作品の聖地が明らかになっている訳ではありません。ここからは鹿児島県に聖地があるものの、その詳細について明らかにはなっていないアニメを紹介します。

番外編①:鹿児島県のアニメ聖地:アルドノア・ゼロ

2014年、2015年に2クール全24話でテレビ放送されました。A-1picturesとTROYCAのアニメ制作会社の共同作品で、オリジナルテレビアニメです。

人類が地球と火星のヴァース帝国に分かれて生活している世界で、火星からの親善大使として地球を訪れたアセイラムの歓迎パレードでテロがおき、そこから星間戦争へ発展してしまいます。一般人の界塚伊奈帆(かいづかいなほ)は、偶然アセイラムを保護し人型機動兵器「カタフラクト」で戦うことになってしまい、戦争に巻き込まれていく物語です。

第6話で伊奈帆たちが乗っている戦艦わだつみが、補給及び整備のために立ち寄ったのが「種子島」となっています。また、崩壊した月の破片が一番最初に落下した場所も種子島という設定になっています。

番外編②:鹿児島県のアニメ聖地:ラーゼフォン

ラーゼフォンは、2002年に全26話でテレビ放送されました。声優の坂本真綾さんが歌うオープニング曲「ヘミソフィア」は、アニメファンから神曲として人気となっています。

ラーゼフォンの聖地が鹿児島県にあるという情報はあるのですが、詳細な聖地の場所などは判明しておりません。また、アニメのどこで登場したのかもわかりませんでした。

番外編③:鹿児島県のアニメ聖地:イノセント・ヴィーナス

イノセント・ヴィーナスは、2006年にWOWOWで全12話が放送されました。

ハイパーハリケーンにより、世界の人口が半数以下になってしまった世界で、国家の特殊部隊「ファントム」の元隊員葛城丈(かつらぎじょう)と鶴沢仁(つるさわじん)は、ヴィーナスと呼ばれる登戸沙那(のぶとさな)を国防軍とファントムから守り逃げていました。沙那の能力を狙う組織から、丈と仁は命を懸けて守り抜いていきます。

イノセント・ヴィーナスもまた、詳細な情報は確認できませんが、鹿児島県が聖地となっています。日本の軍事力を恐れたアジア諸国とEUが、最初に攻め込んだのが九州という設定になっているので、その際に鹿児島県が登場したと考えられます。

鹿児島県のアニメ聖地は重複している場合が多い

鹿児島県の聖地を複数ご紹介してきましたが、ご紹介したアニメの中にも同じ場所を聖地としていることが多いです。例えば、ロボノで紹介した鹿児島県立種子島中央高等学校は、ロボノの他に秒速5センチメートルでも聖地となっています。

また、秒速5センチメートルで紹介したアイショップ石堂大平店は君の名は。の聖地でもあります。1つの聖地で、複数のアニメの巡礼が出来るのは鹿児島県の特徴ではないでしょうか。

聖地を訪れた際、どのアニメの聖地として一番感情移入できるのかは人それぞれなので、友達や家族など複数の人と訪れた際は、どのアニメを一番に想像したのか話し合うのも楽しみ方の一つです。

以上、Find Anime編集部からのお届けでした。

〇関連記事
【聖地巡礼三十六弾】まるで異国?長崎県のアニメ聖地6選
【聖地巡礼三十五弾】神戸や西宮市が中心?兵庫のアニメ聖地11選

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Find anime編集長オススメ記事はこちら