出典:Amazon

ふじのくに・静岡県が聖地になっているアニメ作品といえば、『ラブライブ!サンシャイン!!』が有名ですが、みなさんは他にどんな作品を思いつきますか?ということで今回は、静岡県が聖地となっているアニメ作品を写真付きで一挙にご紹介していきます!

静岡県のアニメ聖地の特徴

伊豆や浜松など、観光地として魅力的な場所も多い静岡県には、美しい自然が描かれる作品も多いですね。また行政が聖地巡礼にかなり力を入れており、ホームページで聖地を紹介したり、聖地のスタンプラリーを開催したりしています。

また地元紙・静岡新聞では、静岡の街がアニメの舞台に選ばれたことを喜ぶ記事も掲載されており、地元で暮らす人にとってもアニメの聖地ができることは嬉しいのではないでしょうか。

静岡県のアニメ聖地①:ラブライブ!サンシャイン!!

まずはこちら!2016年に第1期、2017年に第2期が放送されたテレビアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』です!「ラブライブ!」シリーズの第二作目で、静岡県沼津市の女子高生たちが、自分たちの通う「浦の星女学院」を統廃合の危機から救うべく、アイドルユニット「Aqours(アクア)」を結成。入学希望者を増やすためにアイドル活動をする、という物語です!

Aqoursは沼津市の観光PR大使に選ばれ、行政もバックアップにかなり力を入れています。静岡県を拠点に活動する、今最も輝いているYouTuberの一人・はじめしゃちょーさんが動画でよく言及していることもあり、『ラブライブ!サンシャイン!!』は静岡県への注目度を一気に高めました。

それでは実際の聖地を紹介していきます!


まずは沼津市街地です!左のほうにあるオブジェは、機関車のC58 230号機の煙室扉と動輪ですね。

これは1986年に沼津機関区の廃止を機に建てられた記念碑で、アニメの聖地を巡りながらその土地の歴史に触れることができるのも、聖地巡礼のとても面白いポイントだと思います!


お次は、沼津港大型展望水門「びゅうお」です!こちらの展望台も作中で登場し、重要な聖地の一つとなっているのですが、2018年大晦日の『NHK 紅白歌合戦』にAqoursが出演したことを祝して、メンバーのイメージカラーでライトアップも行われました!


Aqoursの特訓場所にもなっている「淡島神社」です!神社へ至る道は長い階段があり、2年生の三人が休憩しているこの地点はまだ1/3ほどのところだそうです。

こちらの聖地はかなりスタミナを要するので、聖地巡礼の際はしっかり準備してから訪れましょう!


第2期のOPで3年生が集まるシーンで登場した、淡島ホテル内の庭園です!ホテルの中なので、聖地巡礼の際は是非ランチ休憩がてら訪れてみると良いと思います。

こちらは沼津仲見世商店街です!第1期第6話でPV撮影の際に登場した聖地ですね。このように現実でも商店街をあげて『ラブライブ!サンシャイン!!』を推しているので、商店街のいたるところにアニメ関連のモチーフが使用されています。

キャラクターが描かれたマンホールはとても可愛いので、聖地巡礼の際は是非メンバー全員のものを見つけてくださいね!

静岡県のアニメ聖地➁:ちびまる子ちゃん


続いてご紹介するのは、国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』です!言わずと知れたこの作品は、昨年他界した著者のさくらももこさんの故郷でもあり、漫画やアニメにも静岡県の景色がたくさん登場します!

最初に紹介した『ラブライブ!サンシャイン!!』と合わせて、静岡県の聖地巡礼の際は欠かせない重要な作品となっています。

作品が古いこともあって今は存在しない聖地も少なくないのですが、静岡市清水区にはちびまる子ちゃんにまつわるスポットが多数あるので、是非一度聖地巡礼してみることをオススメします!


まずは主人公のまる子が通っている静岡市立清水入江小学校です!著者が実際に通っていたということで、とても思い入れ深い聖地ですね。
今では少し古くなってしまっていますが、当時のままの校舎を見ることができます。


こちらは淡島神社で、劇場版『ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』に登場しました。『ラブライブ!サンシャイン!!』と重複する聖地ですが、ちびまる子ちゃんランドとそう遠くない場所にある聖地ですので、合わせての聖地巡礼も良いと思います!

静岡県のアニメ聖地➂:ハルチカ~ハルタとチカは青春する~

テレビアニメ『ハルチカ~ハルタとチカは青春する~』の聖地も静岡県にあります!初野晴による推理小説を原作とする作品で、吹奏楽部員のハルタとチカが校内で起こる事件を解決する、青春ミステリーです!

この作品の舞台である、静岡市清水区周辺の聖地を紹介していきます!

まずは三保エリアにある横断歩道と、灯台前の焼肉センターです。第2話で登場したこの焼肉センターですが、かなり美味しいお肉を出してくれる名店です!

ランチタイムにはリーズナブルなメニューが用意されているので、聖地巡礼の際の腹ごしらえにはうってつけでしょう!

こちらは第1話の回想シーンに登場した橋で、入江岡駅と清水駅の間にあり、現実にはJRの電車が走行しています。

第5話に登場した動物園は、静岡市駿河区にある日本平動物園です!この写真はその頂上からの風景で、アニメで登場したシーンのそっくりですね。

こちらは、地元のコンサートホールの静岡市清水文化会館(マリナート)です!看板や背景のマンションもかなりそのままなので、アニメと同じ構図で写真を撮るのも楽しいですね!

実際に吹奏楽コンクールの会場になっていることもあり、アニメ作品だけでなく吹奏楽の世界でも聖地となっているホールです。2012年に開館したばかりで、建築としても非常にユニークなホールなので、是非こちらも聖地巡礼ツアーに組み込んでいただきたいです!

静岡県のアニメ聖地④:エルドライブ【elDLIVE】

4つ目の作品は、2017年に放送されたテレビアニメ『エルドライブ【elDLIVE】』です!天野明による漫画を原作とする作品で、宇宙警察「エルドライブ」に加入した主人公・九ノ瀬宙太が、様々な犯罪者たちに立ち向かいます。

このアニメも静岡県を舞台としており、聖地がたくさんあります!静岡市葵区が主な舞台となっていて、これまで紹介してきた作品とは対照的に内陸が聖地の中心となります。

まずは、駿府城です!東御門に葵紋の植木や徳川家康像と、かなりそのまま作品のなかで描写されていますね。

続いては静岡市立城内中学校です!作品内の学校と実際の学校を比較すると、少し違うところもあり、絶対にここが聖地だ!とは言えないのですが、作品内の学校名が「城堀中学校」であることから、この学校が聖地だという可能性は高いです。

こちらは浅間通り商店街です!駿府城もこの商店街も静岡駅から比較的近いところにあるので、アクセスも良く聖地巡礼しやすいアニメですね!

ただ、このように静岡のいろいろなところが登場するのですが、当時静岡では放送されていなかったこともあり、特に地域とのコラボが行われていないのは少し残念なところでもあります。

静岡県のアニメ聖地⑤:ゆるキャン△

続いてご紹介するのは、2018年に放送されたテレビアニメ『ゆるキャン△』です!『まんがタイムきららフォワード』で連載された、あfろによる漫画を原作とする作品で、「野外活動サークル(通称:野クル)」に所属する女子高校生たちが、ゆるゆるとアウトドアを楽しむ作品です!

キャンプの魅力やアウトドアに行く際の準備もしっかりと伝えられた作品で、これをきっかけにキャンプに興味を持った人も多いのではないでしょうか。ゆるキャン△は山梨県が主な舞台となっているのですが、富士山がよく登場することもあって、一部静岡県のキャンプ場も聖地となっています!

作中で、リンちゃんは原付でキャンプ場まで移動していましたが、聖地巡礼の折には決して無理はしないよう気をつけてください!

ゆるキャン△に学ぶ!秋冬に向けて至高のキャンプをしてみよう!キャンプ聖地とオススメキャンプグッズをご紹介します
ゆるキャン△二期の有無を解説!2019年に放送が決まっている?


まずは、ふもとっぱらキャンプ場です!アニメでも富士山が美しく描写されていましたが、実際のキャンプ場からも素晴らしい風景を拝むことができます。


こちらは道の駅朝霧高原です!第3話で登場したこの道の駅で、主人公のなでしこちゃんはソフトクリームを食べていましたね。

静岡県のアニメ聖地⑥:あまんちゅ!


続いては、2016年に第1期、2018年に第2期が放送されたテレビアニメ『あまんちゅ!』です!天野こずえによる漫画を原作とするアニメで「日常ときどきダイビング。」をキャッチコピーにする、ダイビング部の少女たちの日常を描いた作品です。

あまんちゅ!は静岡県の熱海市や伊東市が聖地になっています!海が舞台である作品だけに、海沿いのスポットの聖地が中心になりますね。
また奇遇にもこのアニメの第1期は、『ラブライブ!サンシャイン!!』と同じ時期に放送されており、どちらも伊豆半島を舞台としています。

沼津市と熱海市は比較的移動しやすい地理的関係にあるので、あわせて聖地巡礼してみるのも良いかもしれませんね!


まずはこちら、静岡県伊東市にある、道の駅・伊東マリンタウンです!第1期第6話で登場した伊東マリンタウンですが、放送当時アニメとコラボしたショップ「あまんちゅ!屋」が期間限定でオープンするなど、アニメに積極的に絡んできています!


続いては、伊豆高原にある並木道です!第1期第2話のシーンですが、アニメでは桜がとても綺麗でした。
アニメと完全一致する場所はまだ見つかっていないようなのですが、桜のシーズンに聖地に訪れるとよいでしょう!


こちらは熱海銀座商店街です!看板の色が違ったり、文字が違ったりしますが、概ね同じような風景なのでここで間違い無いでしょう!熱海は温泉街ですし、聖地巡礼のついでに温泉でゆっくりしていく、という旅も良さそうですね!


熱海銀座商店街の最寄り駅、来宮駅も作品の聖地になっています!第1期第7話では、駅の外観に加えて内部の様子も描かれていました。

静岡県のアニメ聖地⑦:ガヴリールドロップアウト

次にご紹介するのは、2017年に放送されたテレビアニメ『ガヴリールドロップアウト』です!うかみによる漫画作品が原作で、修行のため人間界に降り立った天使たちが、次第に自堕落な生活を送るようになってしまうという、日常系ギャグアニメでした。

ガヴリールドロップアウトは静岡県浜松市が聖地になっています!他の作品と同じように、この作品も行政とコラボしており、浜松市によって聖地巡礼の案内が行われたりしています。

第4話で海水浴に訪れた「舞天島」こと、弁天島駅です!かなりの再現度ですね。

こちらは同じく弁天島駅の外観です!

こちらはOPに登場した浜松城です!かなり忠実に再現されていますが、是非アニメと同じく桜が満開の時期に聖地巡礼したいですね!

第9話に登場した、浜松駅北口前の大階段です!アニメではクリスマスツリーが飾られていた。

静岡県のアニメ聖地⑧:うぽって!!

続いてご紹介するのは、2012年に放送されたテレビアニメ『うぽって!!』です!天王寺キツネによる漫画を原作としており、実在する銃器を美少女に擬人化したギャグアニメでした。

ギャグ作品ながら、銃器の特徴を的確に捉え、キャラクターの個性にうまく反映していて面白かったですね。うぽって!!は静岡県熱海市がアニメの聖地になっています!

こちらは国道135号線沿いにある銅像です。尾崎紅葉の小説『金色夜叉』に登場する、貫一とお宮をかたどったものですね。

続いては、平和通り商店街です!印象的なかまぼこの看板など、作品の中でも描かれていましたね。

日本一短いロープウェイとして、有名なアタミロープウェイも登場しましたね!

静岡県のアニメ聖地⑨:苺ましまろ


2005年に放送され、今や伝説的な作品となっている『苺ましまろ』の聖地も、なんと静岡県にあります!ばらズィーによる漫画が原作で、10代の女の子たちのシュールな日常を描いた「かわいいは、正義!」をキャッチコピーにする作品です!

原作者の出身が静岡県浜松市ということで、その周辺のスポットが作品内に登場します!


静岡県浜松市といえば浜名湖が有名ですが、『苺ましまろ』のOPでは佐鳴湖の風景が描写されていました。

続いては、同じく静岡県浜松市にある浜松城の徳川家康像です!浜松城と佐鳴湖は、電車で移動すればさほど遠くないので、合わせて聖地巡礼するもの良いかなと思います。

『苺ましまろ』にはこの他にも浜松市の風景が多数登場するのですが、実際に存在する住宅が描かれていて、写真撮影は少し難しい聖地が多いようです。

静岡県浜松市中区の蜆塚という場所が中心になっているので、是非そちらの聖地を巡っていただきたいのですが、聖地巡礼の際には地元の人たちの迷惑にならないよう気をつけてくださいね!

静岡県のアニメ聖地⑩:夏色キセキ


最後にご紹介するのは、2012年に放送されたオリジナルアニメ『夏色キセキ』です!声優ユニットのスフィアをフィーチャーした作品で、静岡県下田市を舞台に、そこで暮らす女子中学生の日常を描いたアニメです!


まずはこちら、OPで描かれた下田公園です!下田といえば、江戸時代にアメリカのペリーが来航したことを歴史の授業で習いましたが、下田公園にはそれにちなんで「開国広場」という広場があります。
アニメではここから見た風景が、忠実に描かれていました!

同じく下田公園近くにある、旧澤村邸付近の階段です!こちらはキービジュアルにも採用された場所で、聖地巡礼の際には欠かせないスポットですね。


こちらもアメリカのペリーにちなんだ場所で、ペリーロードと呼ばれています。海沿いの聖地が多い静岡県ですが、沼津や熱海とはまた違った、古い港町の雰囲気を残した下田も非常に魅力的ですね。

こちらは伊豆急下田駅です!作中ではそのままの名前で登場し、駅前にある黒船のオブジェや、足湯もしっかり描かれていました。

実は『夏色キセキ』には、コンビニのローソンが制作協力をしていました。なので作中にはローソンが登場し、コラボ商品なども販売されましたね!こちらは下田駅前の店舗です。聖地巡礼の際、是非立ち寄ってみましょう。


下田海中水族館も聖地になっています!

番外編:静岡県のアニメ聖地は他にもこんな作品も

今回は紹介しきれませんでしたが、他にも静岡県が登場するアニメはあります!
『咲-Saki-』や『弱虫ペダル』など、各地を旅するような作品で登場人物が訪れました。また『ガールズ&パンツァー』では静岡県御殿場市の東富士演習場が登場しました!

行政も積極的に聖地巡礼を推していますし、これからもどんどん静岡県のアニメ聖地は増えていくことと思います!

静岡県のアニメ聖地は、コラボもたくさんあって賑やか!

以上、静岡県のアニメ聖地をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。作中の一部に登場するのではなく、作品のメインの舞台になっているものが多く、かなりがっつり聖地巡礼できる県だな、と思いました。

行政の案内もしっかりしていて、聖地スポットも比較的回りやすいエリアに集中していることもあって、静岡県に聖地巡礼のために訪れた人は、いくつかのアニメ作品の聖地を同時に巡礼する傾向があるようです。

そんな静岡県へ、賑やかで楽しい聖地巡礼に出発しましょう!

以上、Find Anime編集部からのお届けでした。

〇関連記事
【聖地巡礼十七弾!】石川県が聖地になっているアニメ10選
【聖地巡礼十八弾】アウトドア系アニメが中心!山梨県のアニメ聖地を紹介

短期間で声優になる方法はたったのこれだけだった

声優になれるならそれは誰だって声優なりたいですよね。でも家族に反対されるかもしれないし、お金もないですし、ましてや声に特徴がないetc...とたくさんの壁があると思います。これは皆さんが今テレビで見ているプロの声優さんも同じ悩みを抱えていたのです!

とはいえ独学で声優になるのもかなり難しいです。やはり養成所や専門学校に行っている方に比べると技術的に差が付いてしまいますし、圧倒的にオーディションや事務所所属へのチャンスが少ないです。独学で勉強して、現在声優として成功している人はほぼいません。

つまり、短期間で声優になるなら専門学校や養成所しかないのです!ただ養成所や専門学校を適当に選んではいけません!大事なのは2つです。

①しっかりと声優になれる環境が整っているか。

②入学金や授業料を自分の力でどうにか出来るかです。

この2つを満たして、かつ多くの人が声優になっている実績のあるオススメの学校が【アミューズメントメディア総合学院】です。

多くの人がアミューズメントメディア総合学院から声優になっている

アミューズメントメディア総合学院は東京の恵比寿と大阪の西中島に校舎があります。大阪に関してはしっかりと専門学校として成り立っているので、就職活動で履歴書にも使えます。アミューズメントメディア総合学院は声優学科だけでなく、アニメ・ゲーム学科やキャラクターデザイン学科などもあります。

アミューズメントメディア総合学院の声優学科を卒業した声優さんで有名なのは、柿原徹也さん・朝日奈丸佳さん・伊藤かな恵さんなど他にもたくさんの方がいます。このように普段アニメで見るような声優さんが卒業している実績もあるのですが、驚きなのが声優学科に所属している10人中7人がプロの声優になっているということです。

アミューズメントメディア総合学院の公式によると、2018年の3月のデータではプロダクション所属率がなんと73.8パーセントです。さらに特待生や養成所なども入れると97.9%です!

なので全くの初心者の方でも、頑張り次第ではこの中に入れるということなんですね。皆さんが思っているよりも意外と難しいことではないのです。

素晴らしい環境が整っている

ただ前述したように、大事なのは声優になれる環境がしっかりと整っているかです。アミューズメントメディア総合学院では、本格的な音響機材が整っているのももちろんなのですが、「AMG STUDIO」というレコーディングスタジオが併設されています。プロの声優さんの現場と変わらない環境で勉強することができますし、インターンシップでプロの現場に立ち会える機会もあるのです!

これはなかなか養成所にはない環境なので非常に有利です。また授業以外で使える「開放教室」というのもあり、空いた教室で自主練習することも可能なのです!つまり皆さんが声優になるための環境がこれ以上ないくらいに整っているということです。


プロの声優さんが講師という最強の環境

2つめに環境という点で補足するなら、【アミューズメントメディア総合学院】ではプロの声優として活躍されている人が講師になります。アニメのタッチやハリーポッターの吹き替え映画やアンブリッジ先生役を務めた小宮和枝さんをはじめするガチのプロが授業をしてくれます。

なので、アミューズメントメディア総合学院で短期間で声優になれるというのはホントなのです!ただ全くの初心者で授業に付いていけないかも知れないと不安になりますよね。そんな方のために、基礎コースから勉強できるコースも整っています。これなら安心ですよね。

とにかくチャンスが多い

【アミューズメントメディア総合学院】は本気で声優を目指している方には絶対的に良い学校です。その理由の1つとして、オーディションが頻繫に行われていることです。これはアミューズメントメディア総合学院に通う大きなメリットだと思います。

青ニプロダクションやシグマセブン、81プロデュースなどの大手プロダクションへの所属が決まる「プロダクション所属学内オーディション」など全75社を超える団体からのチャンスがあります。合同オーディションではなく、1日1回、1社に集中してオーディションに参加できるので、とことん練習の成果を発揮することができるのです。

一番問題なのはお金の面ですよね?

とはいっても、やはり一番の問題はお金の面だと思います。入学したいのは山々だけどお金がないのはごもっともですし、いい事ばかり言うのも皆さんのためにはなりません。ぶっちゃけてしまうと、アミューズメントメディア総合学院の学費は決して安くありません。

■声優学科

入学金 ¥100,000
授業料 ¥870,000
施設設備日 ¥200,000
演習実習費 ¥80,000
初年度合計 ¥1,270,000

■声優学科(夜間部)

声優専科(夜間・日曜、レッスン週1回の場合)

コース

基礎コース

研究コース

マスターコース

入学金

¥30,000

¥30,000

¥30,000

授業料

(レッスン回数週1回)

¥130,000(半年)

¥130,000(半年)

¥300,000(年間)

設備費

¥20,000(半年)

¥20,000(半年)

¥50,000(年間)

合計

¥180,000(半年)

¥180,000(半年)

¥380,000(年間)

アミューズメントメディア総合学院に普通に入学した場合、合計で127万円ほどかかります。しかし、マイナビの「高校生のための進学ガイド」によると、アニメ・声優・ゲーム関連の専門学校の初年度学費は128万4000円が平均と発表しています。つまり普通に専門学校に行くよりも少し安いのです。

夜間コースでも週1回コースならそれなりに安いです!これを学生のバイトでどれだけ補えるかを計算してみます。「②入学金や授業料を自分の力でどうにか出来るか」の部分なのでとても重要なところですね。

時給1000円で1日5時間働いた場合、声優学科なら週4〜5回、声優専科のマスターコースなら週1〜2回働けば、1年間で1年分の学費を稼げる計算になります。週5回のバイトは大変そうに思えますが、あくまでも時給1000円の場合なので、この他に副収入があったり、時給がこれより高ければもっと減るでしょう。

お金の不安はこれで解消できる!

実は【アミューズメントメディア総合学院】では低金利で学費をローン払いできる制度もありますし、「新聞奨学生制度」という制度も整っています。これは新聞配達のバイトをすれば返済不要の奨学金の給付や生活の補助を受けられる制度のことです。



お金に余裕がない人にでもとことん手厚いサポートしてくれるので安心です。

まずはオープンキャンパスや無料の資料請求から始めてみよう

声優になるにしてもいきなりの入学は無理ですし、私も皆さんにとって最適な学校を選んで欲しいと思っています。学生の方は家族と相談する必要もありますよね。なのでまずは無料の資料請求をしてじっくりと目を通して、自分が入学する時のイメージを膨らませてみるところから始めてはいかがでしょうか。アミューズメントメディア総合学院は無料の説明会やオープンキャンパスもやっているので、直接足を運んでみるのも良いと思います。

まずは情報を集めるところから声優の道に一歩進んでみましょう!

資料請求はこちら⇒夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院



関連キーワード
聖地の関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Find anime編集長オススメ記事はこちら